13-12-15(2013年 第57号)  
○男もブラジャー                   スポーツブラ 
…乳房が激しく揺れると、クーパー靭帯を痛め乳房の下垂の原因となることがある。そこで乳房のサポート効果が高いスポーツブラが使用される」―引用

女性ホルモン療法のせいで「巨乳」になった大出先生は、上半身を動かすとき、乳首が痛いことがあるという。擦れることがあるらしい。
教え子? の女性が訪ねてきて、その話になったら、その人がスポーツブラはどうかしらと、いろいろ聞いてから、すぐ買ってきてくれたとのこと。ブラジャーをしたら調子がいいという。しかし、ブラジャーをした先生を想像すると、いや、どうも…。      

○高木護さんの葉書の小冊子
放浪の詩人とも言われる高木護さんからいただいた葉書が出てきた。30年も前のものから10数年前のものまで、飛び飛びだが17枚。私の不定期刊個人誌「妙」を送らせてもらい、読んでもらい、丁寧なコメントの葉書をいただき、励みにしていた。後半は、自費出版の単行本「定年後のローマ暮し1年」「癌手術後の大沼暮し」なども読んでくださり、どんなに嬉しかったことか。

氏は1927年生まれ。上記大出先生と1つ違い。50冊ほどの本を出版している詩人・作家で、いまもお元気で執筆中である。

整理していて出てきた古い葉書だが、記念にと、小冊子を作ることにした。巻末に著作一覧や詩句・文章を少し入れたら、A5版26nになった。

小冊子と言えば、去年はやはりいただいた葉書をまとめた「金子兜太の思い出」(2冊)を作り、今年は志麻木琢郎(大出先生)のエッセイ「別れ」「鬼灯」を作ったので、いまのところ5冊。増える可能性大。
―しかし、本つくりはむずかしい。いい本を作るのは大変なことだと知る。内容についてももちろんだが、その他いろいろ―。

○山岸桂華教室の生徒さん5人が大賞や入賞
書家で画家の山岸桂華さんの教室の生徒さん5人が「日本書道学士院展・色紙部門」で、大賞受賞や入賞・入選となったことが写真入りで大きく報じられた(12/11 道新夕刊)。
「…指導する山岸さんも『こんなに入賞者が出るのは初めて』…山岸さんの教室では、8年ほど前から同展に応募しており、山岸さんは『コツコツやってきた成果です』…」。断わるまでもないが、彼女はこの「美原だより」にもよく登場する自由で才能ある人。指導の成果。

○猫好きの焼鳥屋さん
忘年会の2次会は「かしらや」だった。かしらの好きな人にとってはたまらない店。
 
店内をよく見ると猫ものがいろいろある。カレンダーは私も毎年、雨田光弘の猫演奏のさまざまな絵を楽しんでいるが、ここにも楽しい猫がいた。見上げると高いところにもいた。
高瀬夫妻と「魚一心」で生きたイカ(活いかという)を食べたあとのかしらもいいものだった。

止せばいいのに、お2人に別れてから独りでもう一軒。べろべろに酔っていたので記憶がない。翌朝、マスターからの電話で、玄関にかけてあったコートが自分のものではないことに気付いた。マフラーも違うし、手袋も。下駄箱の上にはタバコまで置いてあった。

その日はまた、洗剤を飲んだ悪日でもあった。急須の底のほうが薄汚れていたので、クレンザーと漂白剤を入れておいた。それを忘れてお茶を飲んだが、茶の色が白っぽい。一口飲んでまた注いだら泡が出てきた…。腹が痛くなるかと心配したが、何ともなかった。独居老の危なさ。
                                 おわり

                    美原だより13-12-10へ