13-12-10(2013年 第56号)     
○ワカサギのいかだ焼き  12/2
見づらいが、よく見ていただきたい、と思う。
体長2〜3aのワカサギが、細い1本の串に15匹〜16匹刺し貫かれている。
1串の長さは約7a。つまりワカサギ1匹の幅は0.5a弱。
それを1匹ずつ手で刺すというから大変な作業。食べる前に考えてしまう。

大沼名物のワカサギ佃煮はいろいろあるが、いかだ焼きは作るところが限られるから貴重品と思ってしまう。

函館のデパ地下で、七飯・大沼の食品フェアがあり、自転車で出かけた。知った顔があり、懐かしくもあり、数人と立ち話。3軒の名物を買い、サービスしてもらい、美味しく食べた。
帰途は五稜郭公園の外堀を2周した。ジョギングや速歩を続けている人は姿勢がいい。汗をかきシャツを取り換えた。

○胴回り88a  12/1
1年前に買ったズボンは86aだった。腹だけ成長し、2本とも穿きにくくなった。いま穿けるのは新調したユニクロのこのジーンズと婦人用!? ゴムバンド式作業ズボンだけ。
毎年どこかに置き忘れるか落とす手袋と、ついでに真っ赤なフリースのジャケットを買ってきた。

○実貴3人会  12/7 
今野さんの誕生祝。誕生日前日だったが、都合で。一穂さんと私のほか、2人のNさんが加わり5人。ケーキにろうそくを立て、みんなで祝った。
       
           左が今野さん、中央奥がママさん
1人のNさんが刺身など魚をいろいろ提供し、もう1人のNさんが旨い酒をいろいろ提供してくれた。私は恥ずかしいくらい食べ飲んだ。
その日入荷した「田酒」は一升一万八千円―こういう字で書きたくなる―とか。無理やり開けてもらい、一杯千円にまけてもらって味わった。気前のいいママさんにいろいろお土産をもらって帰宅。

○今年の病院通い
持病の心房細動と両下肢静脈瘤とで、脳梗塞の危険は増しているだろうが、ま、どうしようもない。クスリの飲み忘れで脅かされたから、何とか殊勝に飲んでいる。
今年のその他の病気は、@左耳管狭窄症―自然治癒に近い―A顔面帯状疱疹―軽く済んだほう―B虫歯1本抜去―入れ歯調製―。それぞれ一応治まって、今はなんとかふつうの毎日。

○忘年会
こちらから声はかけないようにしているが、あちらからかかれば飛びつくほう。12日21日27日のほか、あと1つか2つだろう。

ついでに鬼の笑う話をすれば、2月に上京、「丸の内朝飯会」で例年のおしゃべり=スピーチをするので、いま本の乱読中。テーマは、あまりにも壮大なので、とてもここには書けない!?  で、忙しいと言えば忙しい―同じ今日付けの「儚儚老随筆」と矛盾するかも。下の魔女をクリックしてみてください。
                                  おわり

                    儚儚老随筆13-12-10へ