13-11-26(2013年 第55号)     
○風呂上がりサンダル履きのソクラテス
「…入浴を済ませてサンダルを履いたソクラテス」は、招かれた家へ行く途中「なにやら考えごとにふけり、遅れはじめ」連れに、先に言ってくれという。「ときどき、ところかまわず足を止めて、じっと立っていることがある…」。

「饗宴」は、まだ読み終わっていないのに、ときどき部分読みしては面白がっている(美原だより 第43号 9/19付参照)。ところが、読むそばから忘れるので、まるで、脳という小宇宙にある「忘却」のブラックホールへみんな吸い込まれていくよう。だから、読み返すたび、同じ個所を面白がっている不思議な頭。

とくに、第8章「ソクラテスの話」が面白い。といっても、いきなりソクラテスの話に入るのではなく、手が込んでいて、ある女がソクラテスに語ってくれたことを(その場にいた)「きみたち」にそのまま語り聞かせるという仕掛け。

テーマはエロス。ディオティマという女賢者との話で、ソクラテスのほうがやり込められ、何度も「そのとおり」と答え、分からないときは問いかけ、教えを乞い、「なるほど」という。ディオティマはソクラテス自身でもあるのだろう。

直前の第7章は「ソクラテス、アガトンと対話する」で、そこで話の下地を作っておいて、さて、と次の核心の章に入っていくともいえる構成。
ちなみに、も一つ前の第6章「アガトンの話」の1部を引用しよう。核心ではないが美しい文章。

「エロスは、あらゆるもののうちで最も柔らかいものの中を歩き、そこに住まいます。すなわち、エロスは、神々と人間たちの性格と心を、その住処にしているのです。しかし、すべての心に次から次へと移り住んでいくわけではありません。…エロスは常に、足ばかりでなく全身で、最も柔らかいものの最も柔らかい部分に触れています。ですから、エロスもまた、ひときわ繊細なものでなければならないのです。…エロスは、ひときわ若く、ひときわ繊細な神なのですが、これに加えて、しなやかな姿をしています。…エロスがつりあいの取れた、しなやかなお姿であることの大きな証拠となるのは、その優美さです。…また、その肌の美しいことは、エロスが花の中に生きているという事実によって示されています。…」。

論理の運びやその深みある内容はうまく要約できない。光文社文庫で、解説―これがいい―とともに読むことをお勧め―なんて、恥ずかしい。

○「丸山真男セレクション」杉田敦編 平凡社ライブラリー
上の項で最後に「恥ずかしい」としたから、ついでに!? も一つ恥ずかしいことを。
氏には全集ではなく「丸山真男集」17卷があって―ほかにも複数卷の「講義録」「座談」「書簡集」「回顧談」「話文集」などがある―欲しくてならないのだが、とても買えないので(以前にも書いた)、チョビチョビと拾い集めるように、コソコソとバラバラに買ったりしていて、とうとう「…集」の別巻だけを注文した。総目次だけ眺めて目の保養!?にするつもり。
まだ届かないこともあり、上の「饗宴」と同じように、ときどき部分読み―。

丸山真男の母の命日は8月15日、しかも1945年、昭和20年である。「二十世紀最大のパラドックス」と題した講演の冒頭でそう語っている。そして彼の命日も同じ8月15日。このタイトルも何やらパラドックスめいていて妙。その講演の最後はこうである。

「私は八・一五というものの意味は、後世の歴史家をして、帝国主義の最後進国であった日本、つまりいちばんおくれて欧米の帝国主義に追随したという意味で、帝国主義の最後進国であった日本が、敗戦を契機として、平和主義の最先進国になった。これこそ二十世紀の最大のパラドックスである―そういわせることにあると思います。そういわせるように私達は努力したいものであります。」
さて、初冬のいま、アベシン…は何を考えているか。秘密秘密。

○読者のお便り
○大出先生のエッセイ、楽しく読みました。先生の人柄が伝わりました。私も今までの旅行記をまとめて1冊にしようかな…なんて思っていますが。
11/5、旭川で日野原重明先生の講演を聞きました。50分、大ステージで立ったまま、通る声でよどみなく…スゴイ!!尊敬!!

○大出先生、87歳で闘病中とは、大変なことです。でも体調と折り合いつつ過ごされる元気さが何よりと、素人ながら思いました。
米倉斉加年さんとの共演もとても素晴らしいことでした。いい年になりました。

○いちょうがあっという間に裸木になる様がよくわかりました。
和洋折衷の建物、面白いものです。文明開化の先進的な都市の特色なのでしょうか。興味深いものです。元町界隈巡り、すばらしいコースなのですね。いろいろ、ありがたく拝見しています。

○前略 日頃(というより長年)「美原だより」をありがとうございます。50年前の寮生活と変わらぬ活き活きとした生き様に感服しています。読書等で培われた含蓄ある知見、少し斜に構えた見方、老若男女幅広い交際、これらが見事に結実していると拝察いたします。浴びるように飲んだ酒量は流石に落ちていることでしょうが。

最近号の嘗ての通勤路に懐かしさをそそられました。(注 元町界隈歴史散歩のこと)
小生は恥ずかしながら古稀以降に始めたシルクロードの勉強、囲碁、尺八に、未知なる世界を感じ楽しんでいます。草々
(昔、日銀支店の独身寮は函館市公民館の向かいにあり、毎朝、そこからいくつもの坂を横切るようにして末広町に通ったので、元町界隈は通勤路だった。氏はキャリアの同僚)

○度々のお便り、ありがとうございます。新聞もテレビも、食事どきにちょっと見たり読むだけの、世捨人のような毎日です。四五日前、介護士同伴でスーパーの書籍売場で単行本2冊を求めることが出来、ようやく活字にありつきました。有料ホームのようなところで、リハビリといっても20人ほどが一室に集まってガヤガヤと雑談を交わすのみ。ときどき出る漢字の質問が唯一の楽しみです。

○暮らしの些事
@異常な食量…誤字にあらず
私は大食いらしい。1日2食主義とはいえ、吾ながら、どう見ても、大体、多分、平均的老人の2人前の量。それでもまだ謙遜テキで、野菜は、自称「意識野菜」―意識して多目に食べる―といって、定食食堂なら4人前はあろう量。それを完食する。胃拡張ではないかと言ったガ・フレがいる。村上春樹の小説にも出てくるが、小説では女。その野菜のせいか、いまのところ便通はすこぶるいい。新聞広告の、元糞づまりのような女の笑顔は、だから、私はいい顔とは思わない?

A拾った財布は届ける
「朝ションで醒める芸術的な夢」とか呟やき、オシッコしてから、明るくなるのを待って、温泉朝風呂に向かって自転車をこいだ。
素っ裸になってからトイレに入ったら、棚に財布があった。昔だったら猫ババしたかもしれないが、いまはそういう気にならない。素っ裸のまま番台に行き―幸い、たまたま、ロビーに女人はいなかった―これ、忘れ物、といって渡した。
上がってから聞くと、持ち主が現われ、安心し、よかったーぁ、と言ったという。
大げさに、バカバカしくも、なぜかそのとき「神は細部に宿る」という言葉が出た。
ちょっと前から、私にも「神」が現われていて、出来れば相手になってもらいたいと思っているところ。神は絶対的に「何でもあり」だから、じっくり付き合いたい。

B間違い工事人
ピンポーンと鳴ったので玄関を開けた。水道の工事に来たという。前日だったか、チラシが入っていて、マンション全体の排水管清掃日程が書いてあったので、てっきりそれかと思い、上がってもらった。彼が流しの排水管器具を交換するというので、私は首をかしげ、お知らせは12月4日とあるけど、ずいぶん早いねというと、それとは関係ないという。そこでどうやら双方が間違いに気付いた。頼みもしない単純器具交換。工事人が慌てて会社に電話した。すぐ出ていった。

Cガ・フレの孫
ガ・フレの1人に孫ができた。ガ・フレの孫がどんどん!?増える。どうも、一緒にあけすけには喜べない。ガ・フレの孫は、私とは関係ないと思ってしまう。ちょっと遠いのだ。
私の「愛」には普遍性がない。子供は可愛いが、誰をも愛す、なんて考えられない。また、神と言ってもキリスト教の神とは限らない。ギリシャ時代の神をも思う。

                                  おわり

                    美原だより13-11-23へ