13-11-23(2013年 第54号)    
○大出哲先生の記事        道新 夕刊 2013-11-20 から転載させてもらいました
 

画像が入り切らず、読みにくくてすみません。
一部を取り出すと、研究は、中世ドイツの哲学者・神学者グザーヌス(1401〜64)の考察。
地動説のコペルニクスに先立ち、定説を覆し、地球が動いているのを見いだした「近代天文学の草分け」であり、いまは、分からないものが神であるという真理を「知ある無知」という言葉で説いて注目が高まっているという。学会では彼が綿密な天体観測で地球の回転を発見したという自説を発表、関心を集めた。
記事にはまた、惑星の軌道を描いた天体図、びっしりと書き込まれたラテン語の説明文―200nもの手書き資料…などとある。

私・阿部は、以前に手づくり望遠鏡を見せてもらったし、先月は、200nの手書き資料を見せてもらい、B4版の大きいコピーが1900枚と聞いてびっくりしたものである。
(今回の記事では氏のエッセイストの面には触れられていなかった。次回は是非とも紹介してもらいたいものである。佐野記者にはパンフレット2冊送付済み)

なお、前立腺ガンについては、第51号(11月14日付)で紹介した。

以下に、ご参考まで、1年半前の「大沼通信」を紹介したい。

○大出哲先生の研究の一環  2012-04-20付「大沼通信」から再録

 大出哲先生からファックス
2万年後の乙女座を計算すると、胴体、羽根、穂がバラバラになるそうである。上の絵の右上のスピカ(1等星)が「穂」、右下が胴体、左が羽根(位置関係は、阿部がでたらめに貼りつけたもの)を表わす。ちなみに、5万年後の北斗七星を計算すると、「酒」をためるマスはこわれ、板が折れるそうである。大出哲先生いわく「今の美しい星空と語れて幸せだと思う」

大沼通信第16号(3/26)で、星や星空の詩人・野尻抱影に触れたので、2万年後、5万年後の星について、「乙女座」のイラストとともに、ご専門のラテン語で「Miserere nostri,   
Domine,miserere nostri!」(主よ我らをあわれみたまえ!)と書いてくださったのである。
                                                

(承前)ところで、ちっぽけな星のひとつ、地球では―「放射能が安全なレベルに下がるのに要するのは10万年とされる。これほど危険で厄介な核のごみについてどう考えるべきか」「千年程度なら、歴史を振り返ることである程度の実証的な議論はできますが、10万年は、科学的に安全を保障することは不可能」という(「核のごみ管理」多摩大大学院教授 田坂広志氏  4/11 朝日)。美しい星空と放射能ごみの「万年」単位の変わり方…いまは大きなことを考えるときかもしれない。                             

なお、志麻木琢郎=大出哲先生の最新のエッセイ「鬼灯」についての、読者の感想を前号で紹介したところ。その感想の感想をいただいたので紹介する。引用から始まる。

「『…星の夜には、カーテンのすきまから覗いてあげるから』と言い残された奥さまとの最期も美の極致。
さっ平さんの心にはどれだけの物語が次の出番を待っているのでしょうか。
打ち出の小槌のようにまだあふれ出てきそうですね。楽しみにしております。氷室寿美

*うまいですよねぇ。氷室さんの研ぎ澄まされた感性とお人柄が溢れています。
丸の内朝飯会もどれだけ彼女に助けられているかわかりません。全員が彼女に感謝しています。吉田(「丸の内朝飯会」の主力メンバー)


○「世界に一冊だけの本・展」  地域交流まちづくりセンター  11/20
田中はる枝さんが「布ナプキンをつくります」本を初出品したので見に行った。なかなかによかった。
今年で第8回だが、年々充実してきているという。たしかに、さまざまな手づくり本があった。ひと言では言い切れない多様な本たち。玄人はだしのマンガ本2冊については「上手い、ユーモアが良い」などというメモを書いておいてきた。はる枝さんのほか、君子さん、宙さんの顔があった。和子さんは所用で帰ったが、預けられていた来年のカレンダー(佐藤国男の版画―宮沢賢治作品)を2部買った。

その足で新規開店の「Cafe&Deli Marusen」へ行った。
湯の川温泉「丸仙旅館」の若おかみ・佐藤綾子さんが開いたお店。クラシカルで広々とした、いい喫茶・軽食。
新聞にデカデカと出ていた。「ニチロビルに文化薫るカフェ 北洋の栄華 昭和モダン「まるせん」移転 築81年の建物生かす」11/9 道新

ハイネッケンビールとチーズの盛り合わせでいっぱいやっていたら、店長・綾子さんがやって来て、しばらくおしゃべり。
かつて「丸仙旅館」をちょいちょい使わせてもらっていたから、母上とも顔なじみ。こじんまりした旅館だが、源泉掛け流しの露天風呂を楽しんだものである。
彼女のほうは、文を書き(道新のコラム「立待岬」執筆者の1人)、写真を撮る才女。

その足で次に「サクセンカイギ社」へ寄った。上の綾子さんに聞いたばかりだったし、坂を上るのでタクシーに乗ったら、知り合いの新井運転手(毎月の「バー実貴」の飲み会の帰途呼んでもらう人)。
ロープウエー駅の坂のすぐ下の2方ガラス張りの洒落た事務所。ビルの角部屋だから見晴らしもいい。調度品がみんないい。思わず微笑んだ!?

おそるおそる「こちら、さちよさんの…」と言ったら、奥にいた女性が、しばらく私を見ていて―あとで言うには、筋肉が硬直したわ―分かったよう。やあやあと、思わず私は声を高くした。
彼女のことを説明すると長くなるので今回は省略するが、ひと言で言えば「大物」となろうか。多才にも超がつき、個性的にも超がつき、魅力的にも超がつく。つまり超人!?に近い。
名刺には「デザインと提案 その他」などとある。多忙にも超がつき、見せてもらった数枚の紙片には「面会謝絶」「制作に没頭中」など書かれていて―客が多くて仕事に支障を来たすらしい―それにもうっかり、笑ってしまった。
数年ぶりの珍客だったせいか、その晩は時間をとってくれた。おしゃべりが弾んだ。相棒の函館未来大1期生が、かいがいしくコーヒーや何かいろいろ出してくれた。

その足で「バー実貴」の月例3人飲み会に行った。一穂さんと今野さんと氏の財団支部の青年と、今月は4人となった。飲み食いした後だったが、なぜかまたそこでも飲み食い出来るのであった。ビール・日本酒・ウィスキーをちゃんぽんにやり、トロなどの刺身、カキフライ、かき揚げなど―よく覚えていない。
女性3人の席に押しかけ、日本酒のことをあれこれ教えてもらいながら、図々しくも有名高価な「田酒」(純米大吟醸)をご馳走になったり。
帰りのタクシー運転手は先ほどの新井さん。
                                   おわり

                          美原だより13-11-20へ