13-11-20(2013年 第53号)   
○小春日和のドライヴ  11/17   
ガ・フレが借りたレンタカーで、おだやかな1日、近くをドライヴした。
まず、大沼のマンションへ行き掃除をした。まあまあ、まだきれいだったが、空気を入れ替え、掃除機をかけ、浴槽とトイレを洗ってきた。
バルトの修君と立ち話し、ワカサギの佃煮を買い、沼の家で団子と羊羹を買った。
赤井川の田中さん宅に寄っておしゃべりし、鹿部の「やぶ政」で手打ち天ぷらそばを食べ、海岸を走り、景色をたのしんだ。
   
        海の色が青かった。波が白かった。そう言いたい小春日和の海岸。 ↑

  
   大沼では白鳥がのんびり。そう言いたい静かな湖面 ↑
     南茅部・大船のひろめ荘温泉の途中の三味線滝 →
 

ひろめ荘の乳白色の高温・低温温泉に2度ずつ浸り、帰途は川汲峠経由で東から市内に入り、家の近くを素通りして西の七重浜の焼肉屋「丸亀」へ向かった。
初めての店だったので、途中で行く道を教えてもらい、予約しておいた。
座敷は満席、カウンターも私たちで満席の盛況。ホルモン、なんこつ、こぶくろを2人前ずつ、カルビーを1人前。ビール2杯と泡盛を飲んだ。

150`強走り、時間ぎりぎりに返した。10時間ばかりを有効に使った1日と言えようか。最高気温は11.6℃だったが、無風快晴で、暖かく感じられ、気持ちのいい1日だった。

○志麻木琢郎「鬼灯」(エッセイ、2冊目パンフレット。第49号参照)の読者の感想

「鬼灯」ありがとうございました。

一読、「別れ」とは趣の異なった民話の世界に引き込まれた思いでした。
鬼灯の哀しい物語が根にあるからでしょう。このエピソード、知りませんでした。
「オババ」の温もりといっぱいの愛情で育ったさっ平さん。
腰にオババのお弁当を巻き付け、スキーを担いで山に登り、直滑降を試みる少年の冒険譚はオババとの深い恩愛が伝わってきました。
そして老いたオババの手を引いて沼へ行く北大生のさっ平さん、オババを最大の師と受けとめるさっ平さんがほんとに素敵です。
さっ平さんの今を形づくった秘密の一部を垣間見せていただきました。

「……星の夜には、カーテンのすきまから覗いてあげるから」と言い残された奥さまとの最期も美の極致。

さっ平さんの心にはどれだけの物語が次の出番を待っているのでしょうか。
打ち出の小槌のようにまだあふれ出てきそうですね。楽しみにしております。

表紙のホオズキの文字の赤が効いてます。ノンブルの位置が残念でしたね。
挿絵はたしかに大きさ、位置をもう少し工夫すればよかったかもしれません。
扉の絵は??                           氷室寿美

 (注―扉の絵は著者本人が「??」と書いていた)
                                      おわり
美原だより13-11-15へ