函館美原だより    13-11-14     2013年第51号

○鳥本八重子さん朗読会   11/11
「津軽への想い、そして宮沢賢治の世界」と題し、鳥本八重子さんが出身地の津軽弁を交えながら、詩や童話を朗読した。
高木恭造の「方言詩集」、賢治の「どんぐりと山猫」「銀河鉄道の夜(部分)」「永訣の朝」「雨ニモマケズ」など。全体のテーマを「りんご」として構成したので「ジョバンニの切符」の場面でも「『何だか苹果(りんご)の匂いがする。僕いまりんごのことを考えたためだろうか。…』『ほんとうにりんごの匂いだよ。それから野茨の匂いもする。』」などの台詞があって、なるほど…。
   ↓ 道新 11/12  夕刊


また「無声慟哭」では、「髪だっていっそうくろいし/まるでこどもの苹果(りんご)の頬だ/どうかきれいな頬をして/あたらしく天にうまれてくれ」のりんご。

上手な朗読だった。ユーモアを交えながらの話も面白かった。

BGMは、ヘンデルのラルゴ=オンブラ・マイ・フ=やバッハのチェロ曲など。

多くの作品に出てくるりんごは賢治にとって、宇宙を象徴するものではなかったかといわれている。
スクリーンの幻灯絵は佐藤国男氏の作品群。よく描かれていたと思う。
満員の会場に、知り合いの女性の顔が5人ほど。
チケット1500円のうち1000円は大震災の被災者に届けられるという。

鳥本さんは、米倉斉加年の海流座公演「二十二夜待ち」の函館実行委員の一人。その縁で知り合った。

○11月の大雪
新聞見出しが、「11月なのに函館27㌢ 異例の大雪 市民大慌て」―12日午後6時までの24時間―まったくその通り。
11日10時半、ちょうど上記朗読会に出かけるときから降り出した。
朗読会のあと、歩いて観光スポットの煉瓦倉庫群に向かい、壁にまといつく蔦に雪がまといつく写真を撮った。  → 
降る雪を眺めながらビアホールで黒生を飲んだ。

前日10日は朝から大荒れで風雨が強かったが月例の回転寿司ランチ会を決行。食べている間だけ晴れた。雪の前兆。

12日は5回目のピアノレッスンを聴いたあと、古西商店・酒保で立ち飲みし、五稜郭界隈の「コルツ」でイタリア料理を堪能した。雪が積もり、歩道が凍りはじめ、転びかけた。

13日午前、黄葉途中の公孫樹の木が、あっという間に裸にされた。↓
瞬時に公孫樹落葉

14日、鳥本さんと会い、彼女の来年2月の朗読会用台本を見ながら読み方やアクセントを話し合った。
「リヨン」という初めての洒落たレストラン喫茶が、たたずまいなど、とてもいいのでまた行くことになりそう。

○大出先生からファックス
「末期前立腺ガンの様相―その人体構造力学的視点からの考察」…なんて、中身はじつに平平凡凡。
梅干のタネがたまったので、割って食べよう、てんで、大きいペンチではさみ、ビニールの袋に入れてバチン。カラが袋の中で飛び散る。中から干からびた種子の中味を探し出して口に入れる。甘酸っぱくて絶品。5個を味わった。ハッと気がついて採尿。お見事、血尿。
パスカルの原理:「液体を密封した容器のなかで、力を加えて1部分の液体を圧縮すると、そこで生じた圧力の増加は容器全体に一様に伝わる」(高校物理)。
早速、水を飲んで洗浄、3時間後に透明尿にもどる。

○村上春樹の短篇小説「ドライブ・マイ・カー 女のいない男たち」 11/13
文春12月号に、特別寄稿の書き下ろしを一挙掲載。といっても86枚。
文春目次のコメントに「彼女はなぜあの男と関係しなくてはならなかったのか。人を恋する苦悩を描く新しいラブストーリー」とあるが、「新しい…」はどうだろう。
短篇だから仕方がないが、最後は、ページの最終行だったので、まだ次があると思ってめくったら、そこで終わりだった。中断されたようなぽっきりラスト。
「人を恋する苦悩」と言って言えないことはないが、それはそう簡単に描けるものではなかろう。これはスケッチ程度。タイトルがちょっとひねっているかもしれないが…。
前にも言ったが、彼は長編小説がいい。ほかに特に言うことはない。

○井上ひさし著「この人から受け継ぐもの」 2010年 岩波書店  11/13
1 憲法は政府への命令  ―吉野作造を読み返す
2 ユートピアを求めて  ―宮沢賢治の歩んだ道
3 戦争責任ということ  ―丸山真男に私淑して
4 笑劇・喜劇という方法 ―私のチェーホフ
5 笑いについて     

どの章もとてもいい。勉強させてもらった。氏は博捜家でもあり、学者・研究者の面もあり、発見・紹介者でもあった。
簡単なコメントと私好みの箇所を少しばかり引用させてもらおう。

吉野作造について、その一生を教えてもらい、学問・実践両面の業績を知った憲法を「押しつけ」という論者がいるが、これは「まったく卑怯な、しかも実情に合わない俗説」とし、その根拠が説得的街頭学者とか雑文集といわれたと紹介したうえで、「吉野作造の雑文集は、今となれば珠玉の政治論文」とまとめた。

宮沢賢治については、著書もあり、芝居も書いているが、ここで強調しているのは、百年たって読まれる人は漱石、賢治、太宰治で、鴎外は一部研究者しか読まなくなる人間は多面体となって生きていかないといけない。農民は、宗教家、科学者、芸能家でもあれ賢治の童話は日蓮宗の布教童話という観点からも読める。童話の特徴は、人間の住む世界と動物たちが住んでいる山との境界ですべての事件が起こること。

丸山真男については、常に常識的な枠組を壊す人、違った角度から新しい枠組みを作り出す・見方を作り出す人政治的イデオロギーで物事を絶対に論じない・道学者的言説は絶対ふりまかない人丸山は昭和天皇に戦争責任があると1956年の段階ではっきり言っているウン百万円の「東京裁判関係資料」を買い、敗戦直前の「箱根会談記録」は筆写し、後者の広田弘毅元首相とマリク駐日ソ連大使との会談を詳しく紹介。結論として、こんな程度の、少ない情報しか持たない日本が、和平交渉のつもりで4回も会談したが、いい加減にからかわれているサマを具体的に紹介したうえで、指導者たちの情けなさ、無責任さを、丸山真男は至るところで書いていると紹介丸山先生が「天皇のウヤムヤな居据わりこそ戦後の「道義頽廃」の第一号であり…」と書き、それを井上ひさしは「すごい予言」といい、「つまり、1番上のものが責任をとらなかったために、2番目もとらなくて済み、3番目も…下々までとらなくて済んで、全部忘れて、アメリカの…家来の国になって、外交もすべてアメリカに任せて、まったく過去のことを考えずに…」。いま現在のこの国のこと…。

チェーホフと笑いについては残念ながら省略。
                                    おわり
 
      
            
13-11-14(2013年 第51号)  

                        美原だより13-11-08へ