13-11-08(2013年 第50号)   
○米倉斉加年氏と… 
          
  氏は憲法を守り生かそうと訴えている有力者でもある。私も同意見なので掲載させてもらった!
 
       「二十二夜待ち」の一場面         米倉斉加年氏と地元出演者・関係者

芝居のDVDもでき、私たちの出演場面(全体の半分。15分程度)を繰り返し見ている。やはり、気になる。記念になる。名優と一緒で名誉でもある。

○「ワンマンあいづ」
会津美里町に住む目黒善太郎さんのひとり新聞「ワンマンあいづ」の合本ができた(10/19)。なんと、今回で5冊目である(創刊15周年・定年記念、創刊23周年、創刊27周年、田声M語集T、田声M語集U)。
今回はカラー写真をふんだんに使い、美しく仕上げられた。内容はひと言では言えないので省略。同封されていた10月号は第370号。とにかくたいしたものである。

お祝いの言葉を書いたら、本書「発刊にあたって」で、お礼の引用があり―「…ひとり新聞は『継続』によって輝いてくる。そのうえ、定型を保ち定期に発行するとなると、少数派から僅少派になる。貴重派といってもいい」―、「あとがき」では「厳しくも、なぜか優しい御寄稿を賜り」と書かれ、恐縮した。この場を借りて紹介し、快挙を祝いたい。

○「丸の内朝飯会50周年の集い」

異業種勉強会の元祖「丸の内朝飯会」が50周年記念大会を開いた(10/12 東京・麻布グリーンパレス)。各地のメンバーも一堂に参集(梅田朝飯会10、栃木9、横浜1、七尾1、長岡2名)、134名の大パーティが盛大に開かれた。
記念講演は三浦豪太氏、コンサートは弦楽トリオ「アルマ」。それから懇親会。翌日は柴又とその周辺めぐり―ヴァラエティに富んでいた。
記念誌が発行された。「知のオアシス 50周年を迎えた丸の内朝飯会の不思議」。これが独特の内容でおもしろい。
日経のコラム「春秋」にも紹介された。

    

    私はその前夜、函館で芝居に出るというハプニングもあって欠席。


       
         飯館村の秋(福島県 飯館村)    中屋雅義(仙台市在住) 

                    美原だより13-11-01へ