13-11-01(2013年 第49号)  
○笹流ダム公園の紅葉   片道徒歩30分のダム湖公園まで歩いて往復  10/27
         

    

○志麻木琢郎氏エッセイのパンフレット制作
「美原だより」によく登場する大出哲先生=落語家・志麻木亭さっ平=エッセイスト・志麻木琢郎氏の最近作「別れ」と「鬼灯」の2作品をパンフレットにした。A5版14ページと13ページの素人製本の2冊だが、内容はとてもいい。
はじめに「別れ」の原稿をいただき、勝手に作った。ご了承を得、プリントし、15部差し上げた。
その後札幌へ行ったとき「鬼灯」の原稿を、挿絵8枚とともにいただき、同じような体裁でパンフにした。

                下の写真はその表紙

         

「別れ」については、札幌在住のエッセイスト・谷代久恵さんに北海道新聞記者を紹介していただき、札幌のホテルで取材を受け、大出先生のことを紹介した。そのうち記事になるかもしれない。

「鬼灯」は、大出先生の手紙に、「まとめたいと思っていましたが、キッカケがつかめないでいました。阿部さんのホオズキの写真で一気に書けました。ありがとうございました。」とあった。「美原だより 第45号 (9/29付)」の写真である。

「別れ」について、読者から素敵な感想をいただいたので、長いが全文を紹介する。(先生は前立腺癌末期を自覚し、87歳を、元気に独りですごしている。10月5日には哲学学会で長大な研究成果を発表したばかりである)

「どうしても大出先生の病との闘い、余命という重みをまず受けとめてしまいましたが。

ご自身の体のことをこれほど熟知されていて、その病気を受け容れ、しかもユーモアを忘れず、ご自身の意思で最期を迎えようとされていることに神々しさを感じます。
お別れに来た島さんとの温かい会話、生前葬のユーモア、オランダのハンス少年の話から出会った女性、二人の少女が蚊に刺され脚を掻く場面、つづいてさっ平さんも。いいですね。ここはさっ平さんの真骨頂!

とくに私が好きな箇所は、臨終の妻を抱きしめ、「一瞬、妻は私を見つめ、私の心の中にすべり込んだ。そのとき、私は神の光を見た。」
そして後半のオランダの友人宅を訪ねる場面で、「巨大な黒い館の破風が、薄暮の空を切り取っている。それを木々の黒い梢の群像が取り囲んでいる。たったひとつの明るい窓が黒い館の生命の息吹を集めている。」帰り際には、その黒い館の灯も消えていて、「雨は黒い館の破風を消していた。たったひとつの窓の灯も見えなかった」。
この見事な対比。生と死、人生そのものですね。そして最後の一行。「車の窓枠が、夕日にキラと光った。すごい。

さっ平さんとお呼びしてよいものかどうか迷いますが、さっ平さんはすべてをひっくるめて詩人でいらっしゃる。ほんと、詩人です。

装丁、文章の文字組みもとてもよく仕上がっていますね。封を切って、表紙の絵が目に飛び込んできた時、ドキッとしました。究極の線、象徴。
素敵な冊子になって、大出先生もお喜びのことでしょう。阿部さんも満足のことでしょう。よかったですね。大出先生によろしくお伝えください。氷室寿美

○大出先生宅でタラバガニをご馳走になる
     

札幌に大出先生を訪ねた。というより、ご馳走になりに出かけた。すごいタラバガニをムシャムシャ食べた。羽田から飛んできた大ファンの田中真知子さんは、以前、寄席の余興でさっ平さんが歌ったオペラ「椿姫」の「乾杯の歌」をハーモニカで吹いた。私はヱビスビールをがぶがぶ飲んだ。
パンフ「鬼灯」のラストページに載せる著者紹介のために、ハグのポーズをとってもらった。10/20

○公民館のピアノレッスンを聴く
主婦ピアニスト田中真知子さんのレッスンに数回付き合った。曲はたとえば、シューベルト―即興曲、モーツァルト―ソナタk283、330、331、332、333、バッハ―平均律V番、イギリス組曲、ショパン―エチュード、バラード、ベートーヴェン―月光、ワルトシュタインetc.を、1回当たり4時間以上弾く練習。私はショパン「別れの曲」の中間部が好きで、「いい現代音楽」のようだと言っている。この部分は難しいところのよう。
午後のレッスンのときは、終わってから函館公園を通って谷地頭温泉に行き、露天風呂にはいり、古西商店・酒保で立ち飲みし、そのあと、ときに「阿さ利」ですき焼きを食べる。 
                 おわり

                         美原だより13-10-25へ