13-10-15(2013年 第47号) 
○米倉斉加年の芝居に出演  10/11  18.30〜  函館市芸術ホール
海流座の今年の北海道公演は函館が初演で、「二十二夜待ち」(木下順二作)と「父帰る」(菊池寛作)の2本。昨年と同じ演目で、演出はどちらも米倉斉加年。

民話劇「二十二夜待ち」は地元の有志が協力出演者として舞台に立つことになっていて、昨年、舞台を経験した人もいたが、まったくひょんなことから、私も出る羽目になった。そのいきさつを少し…。

新聞の地域面に、ある読書会のことが出ていたので、ふらりと顔を出した。フランクルの「夜と霧」を取り上げていた。7月、その本の3回目が終わったとき、講師が、10月に芝居が来るので実行委員会を立ち上げるから手伝ってくれないかという。ポスターを貼るとかチラシを配るとかというので、そのくらいのことなら協力しようと言った。打ち合わせがはじまり、会長とか事務局長が決まり、私は広報・ニュース担当となった。ところが、男の協力出演者が決まらないので、私に出てくれないかという。とんでもないと断わったが、代わりの人が現れるまでの、間に合わせのつもりで加わっていた。台本読みが始まり、配役を決めるところまで行っても出演者が現れない。どうやら、はめられたか、のせられたかと気付いた。もう、断れば迷惑がかかる…。女5人と男4人の1人になってしまった。

80にもなって、考えもしなかったことが起きた。芝居に出るとか出たいとか、思ったこともない。まったくのまっさらの初体験。嬉しいということもない。何となく義理と義務みたいな気持ちになっていた。

むかし、「民芸の仲間」に入って、何年も民芸の芝居だけは見ていた。米倉斉加年の絵の個展やグループ展を見に行ったこともあるし、劇団の好意で行われていた目の不自由な人の特別観劇のお手伝いをしていたこともある。滝沢修に紹介してもらったこともある。詳しくは書かないが、新劇といえば、私は民芸だった。

何も知らない私が稽古についていった。チケットを買ってくださいといろいろ頼んだ。ニュースも出した。

役は村人のうちの主だった人、ということで「長老」と呼ばれるようになった。場面が変わるとき科白をいうので、芝居の流れを頭に入れなくてはならない、よく聞こえるように声を出さないといけない。全部教えてもらった。あまりの無知さ加減に、呆れられていたのではないかと思う。

たとえばこういう科白がある。
「…何分にも年寄りばかりで分り申さんけにお腹立ちなされんで下されや。今晩はな、二十二夜待ちのお晩で、皆こうして寄っとりますで…」。

初めからこの通りに覚えれば何ということもないのに、私はその言葉の意味を考え、自分流に直してしまうらしい。
「何分にも」を「何しろ」としても同じではないか、「分り申さんけに」は「分からんので」でもいいではないか、次の「お腹立ちなされんで」も同じように「怒らないで」としてしまう。頭のなかで馴染みのない科白を呟いていた。
その時代のその地方語としてではなく、現代標準語=東京弁に訳し、だから、何回やっても台本通りにならず、そのときの調子で異なる言葉を発し、ハッとして台本どおりにしゃべろうとしてはトチるのであった。

ようやく芝居の時代と地域が頭に入って、素直になったときは、もう期日が迫っていた。肝心の「二十二夜待ちのお晩」も、本番では「二十二夜のお晩」と「待ち」を抜かしてしまった。
                       
全体で30分ほどの、いわば3人芝居のお膳立てをするまでの前座15分の、その他大勢の中のちょい役だったが、自分のよくない面がはっきり出てしまい、大いに反省した。態度も根性もよくなかった。

稽古は7回ほどやったが、その間に新聞2社の取材があり、記事が出た。直前の4日間は、毎夕、案内記事が出た(省略)。
後援は函館市・函館市教育委員会・北海道新聞函館支社・函館新聞社。

                 道 新 (私のコメントあり)
     

出来がいいとか悪いとかは私には関係ない。ともかく演じた、何とか終わったというだけ。
舞台に立ったとか、米倉さんの芝居に出たとかは、言うのも憚る気持ち。まだどこか、ピンとこない。張り合いがないと言われそう・思われそう。私は芝居に出る向きではない。せいぜい見る側。井上ひさしの芝居も見たいし、シェークスピアの芝居も観たいが、それだけのこと。

演出側や俳優側はどう考えているのだろうか。一例として、井上「ひさし伝」を読んだ友人からのメールを紹介しよう

「井上ひさしが初めて自分で演出をして分ったのは、『それまで与えられた役を演じよう、みごとに演じてやろうと力んでいた俳優たちが、ある日、ひょいとその役を生きはじめる。その瞬間が、何にもまして感動的である』。もっといえばこうです。『俳優が演じるのをやめて、その芝居を生きはじめる瞬間に立ち会うことの至福』。
演じることをやめて、その芝居を生きはじめる瞬間に立ち会うことの至福、ってそんなにうっとりするものなのでしょうか」。


公演の翌日、友達との電話で、私は相手に「そうだ、そうだ」を科白調で答えていた。もっと続けば「そうだがや」とか「いいがな」と言ったにちがいない。いつの間にか「染みついて」いた。そして、これが芝居の力かと納得したのであった。しかも、人間が鍛えられる場であった。

200人ほどの人が見てくれた。カーテンコールで私たちも照明を浴びた。私は照れた。   


 

 

         函館新聞                  道 新
        

    ↓ 実行委員会ニュース 第1号は5ページ、第2号は1ページ(省略)
 


米倉さんは「…観る会」会長と副会長に長い手紙をくださった。ここでは省略したが、戦争放棄と平和・民主主義を生きること、憲法九条を守るのあと、権力の言葉=国語でなく、ジジ・ババが話す日本語・ふる里の言葉があり、その中で生きることがこの芝居だと書いていた。

劇団員はきびきびと立ち働いていた。親切で気が利いている。神経がピンと張っていて、打てば響く反応。人柄もいい。見ているだけでこちらまで高揚する。

このことは晩年のエピソードとして、あるいはエポックとして残るものだろうか(針小棒大。まさかね)。

米倉さんに下のサインをいただいた(全員に書いてくださった)。これはうれしい。宝ものにしたい。
              

その夜の打ち上げは居酒屋で、劇団員全員、照明係、協力出演者全員、実行委員ら25人以上が揃い、地元の演技指導者の「おくつろぎなすって」(劇中の私の科白)の音頭で始まり、交流し、大いに楽しんだ。

                                   おわり

                        美原だより13-10-09へ