13-10-09(2013年 第46号) 
○今日の新聞から
詳しくは後日報告するが、芝居の稽古が、9/3、12、19、30、10/3、8、10日とあり、何となく落ち着かない。上演は明後日に迫った。初めてなので、おろおろ、「美原だより」も書けないほど。
で、少しばかり「すっきりした」今日の新聞記事を紹介したい。

@四国新聞のコラム「一日一言」から。 10/9
19992002に東京電力社長を務めた南直哉氏が最近、こんな秘話を明かした。
 社長時代、核燃料サイクルを推進してきた経済産業省が部下に、青森県六ケ所村で工場建設が進む使用済み核燃料再処理事業の中止を非公式に打診してきた。中止の打診は経産省中枢の意向が働いていた。核燃料サイクルは56年以降、官民挙げて追求してきた国策。しかし、そんな国策を「非現実的」とみる勢力が経産省内にあった。
 六ケ所村の再処理工場が動きだせば、将来の施設解体も含め費用は19兆円。技術的トラブルも相次ぎ、「再処理は時代遅れ」とみた若手官僚は04年、「19兆円の請求書」と題した資料をまとめた。だが青森県の怒りを買い、再処理に否定的な村田成二事務次官が退任すると、省内の再処理慎重派は総崩れになった。
 電力業界にも慎重派がいた。大手電力の元幹部は「六ケ所はまだ海の物とも山の物とも分からない」と断言し、核燃料サイクルという「夢」の「つじつま合わせ」はやめるべきだと語った。
 核燃料サイクルは原子力安全神話と並ぶ「神話」だったのか。脱原発へ動くはずの時計の針が逆戻りする中、さらなる検証が必要だ(K)

Aアーサー・ビナードとギリシャ神話とイソップ寓話
「卓上四季」はプロメテウスのことから始まり、イソップの寓話「2つの袋」に進む。終わりは詩人アーサー・ビナード「日々の非常口」の引用で締める。ヘイトスピーチについて「汚れた言葉を吐く前に、こうべを垂れて自らを省みたほうがいい」。 道新 10/9
蛇足ながら、「プロメテウスの罠」は原発災害についての朝日の長期連載のタイトルでもある。

B「CM天気図」天野祐吉「別品の国へ」
「…『"成長は善である"とはなんたる言い草か。私の子供たちが成長するのなら、至極結構であろうが、この私がいま突然、成長し始めようものなら、それはもう悲劇である』と経済学者のシューマッハーさんも言っている。成長から成熟へ。…基本路線を大きく変えるときだと思うよ。(むかし品評会で1等、2等でなく1品、2品…すぐれて個性的なものを『別品』と呼んだ)いいねぇ。順位を競い合う野暮な国よりも、戦争も原発もない『別品』の国がいい…」。朝日 10/9

C「経済気象台―駱駝の葬礼」―この古典落語は聞いたことがない…阿部―
「駱駝と呼ばれる男が長屋で死んだ。友人たちが葬式費用を大家からせしめようと、死体を担いで出かけ…怖がる大家から酒と料理をせしめるという噺」「このネタは東電、政府、国民の3者の関係をほうふつさせる」その理由を挙げたうえで「政府と電力会社は、自分たちの勝手な都合で国民から料理と酒をせしめようとしているのではないか」「東電は破綻処理すべきであり、電力業界は地域独占を廃止し、送配電分離を行うべきなのである。…(ドラ)」。欄外に「この欄は、第一線で活躍している経済人、学者など、社外筆者の執筆によるものです」とある。朝日 10/9

D広告写真―廃墟と瓦礫の間を走るトラック―略(全日本トラック協会)
キャプションは「燃料高騰でトラックが止まる! 日本の物流サービスの9割を支えるトラック運送は、軽油価格高騰の直撃により、危機的状況に陥っています。…」。写真がよかった。

○たわけごと―酔った勢いで
晩酌直後の暴言。説明抜きのぼっきり言葉。N響の音のこと。
・いま、世界一のオーケストラだと思う。ベルリンよりもウィーンよりも…。味(好み)とか個性(傾き)は、また別のこと。
・弦はとくに絶品。どう指揮してもN響の弦が鳴る―当たり前か―しかし、指揮者以上に強い弦の楽団と言えるかも。
・他のパートも世界一流。みんないい音を出す。
「田園」で、拍手にこたえ、ノリントンはホルンを真っ先に立たせたが、むべなるかな。今夜のゲストは、そのことに戸惑いごと(世迷いごとではない)を発していたが、あのホルンが聴かせどころではなかったか。

○JR北海道のトラブル関連記事(見出し 道新) その9
9/30  異常箇所9割木製枕木 狂い、劣化進行早く整備難しく
    コンクリート転換進まず
    国交省鉄道監査を強化 JR北海道追加監査へ
    連載 中 鉄路の安全どこへ
夕刊  また針金 信号異常 JR江差線 3度目
    貨物列車立ち往生 北広島駅、故障で
10/1  計測データ管理に甘さ 資材も人材も不足 ベテラン社員が実態証言
    外部の視点で抜本策を JR北海道の再建 専門家に聞く 
    線路維持「自治体関与も」
    連載 下 鉄路の安全どこへ
10/3  野島社長ら国会招致へ JR北海道トラブル追及 衆院国交委
10/4  なし
夕刊  JR北海道に改善指示 社内意思疎通 確実に 国交省 レール異常放置
10/5  特急、35`超過運転 運転士、徐行確認怠る 苗穂―白石
    保線現場連携欠く 本社、状況把握せず 国交省指摘
    JR北海道会見 危機感ばかり強調 安全具体策示せず
    「なぜ問題続出」に沈黙 現場「思い届いていない」
10/6  ATS無断解除 赤信号を見落とす 駅まで170b運転 室蘭線運転士
    「衝突につながる違反」 JR
10/7  なし
夕刊  ブレーキ圧力計 函館線で不具合 550人影響
10/8  ATSブレーキ作動せず 特急オホーツク 最長3カ月走行 関連記事略
10/9  ATS弁なぜ閉じた「いつ、どこで」焦点に 
    追加監査きょうから JR北海道 委託業者も調査
    (連載はここで一時中断!!)
                                   おわり

                 美原だより13-09-29へ