13-09-29(2013年 第45号) 
パソコンを換えたため、目次をはじめ、あちこちに不具合があります。調整が追いつきません。当分は変なままです。ご了承ください。 
 
○温泉ドライヴ  9/25           いただいたほおずき
あいにくの天気。豪雨の中を走った。はじめは木古内の「のとや温泉」に入るつもりだったが、午後3時からというので、知内の「こもれび温泉」に入ってきた。露天風呂にも屋根はあった。
例の川波食堂でカキフライ定食を食べた。往きの車中で飲まなかったので、そこで大瓶を2本飲んだ。どちらも旨かった

○CASA FLOR(ワインバー)
  9/26
勧められ・誘われ、女性2人と、初めての、洒落たお店で飲んできた。
ママは以前函館ホテルの落語会で隣りの席になり、ちょっとしゃべったことがある人だった。行く途中、誘ってくれた1人の話を聞いて、その人ではないかと思ったら、その通りの魅力的なスラリ美人だった。
私と話が合うにちがいないと挑発!?されたが、他にお客さんがいたり、こちらの3人―1人は初対面。ママさんの友人―の話も忙しかったので、長居した割には話し足りなかった。ということは、また行って、話しをするということになろうか。

○回転寿司
  9/28
これもほぼ定例の回転寿司ランチ会。今月は3人で。中トロが旨かったので2度注文。奮発した!? 旨いトロは何とも言えない旨さ、というしかない。

上の3項とも女性2人との飲み食いということになるが、80爺によく付き合ってくださると、感謝感謝である。

○JR北海道のトラブル記事(見出し)連載について
まさかこんなことになるとは思わなかった。
GLAYの函館公演2日目(7/28)、雨で函館―札幌間のJR特急が終日運休となった。で、私はJR北海道が「…事故続きの体たらくと雨で散々、もいいところ。モラールの低下と相俟ってこれからもジリ貧まちがいなし。国鉄分割の後遺症は北海道に大きい」と書いた(7/30「美原だより」)。

さらにこの「『事故続き』について、ごく最近の北海道新聞の記事見出しに限って列挙し、「体たらく」と「モラールの低下」の一端を見てみたい。
おもしろいように出てくるJR北海道の事故、の量である。
おもしろいように出てくるJR北海道の記事、を紹介する」と続けた(8/5 同上)

事故の記事は7/31分から掲載し、この2か月弱で連載8回目を迎えた(その間の「美原だより」更新は13回)
「おもしろい」どころではなくなった。
とうとう「国鉄分割」のことまでが話題になり(下の9/25付。森元首相の発言)、それどころか「会社存続の危機」に至った(社長発言、社説、卓上四季)。

私は数年前から、そして昨年はほぼ毎月、札幌へ落語を聞きに行っていたから、道南に集中していた「危ない線路」で運ばれていたわけ。あのスピードと揺れの無理さ加減は、私のような素人でも分かっていた。振り子式車体とかを自慢していたが、線路の保線不備をそのままにして、車体の揺れを少しばかり吸収する設計(と運行)だったのだろうか(ここは素人だから不知)。としたら本末転倒である。車内販売の娘さんが振り回されていたから「振り娘」と言ったのだったかも―ちょっと言い過ぎか。
また、一部特急では所要3時間を1分切って2時間台と自慢していたが、たいていは4分遅れで走っていた。

他の大新聞も大々的に取り上げる全国ニュースに昇格したから、掲載の意味は薄れてきたが、もののついでに、もう少し続けさせていただく。

○JR北海道のトラブル関連記事(見出し 道新) その8
9/22  レール幅異常 1年放置 昨秋把握 許容値超え ほかにも8か所
    貨物脱線現場 七飯―大沼公園 運行再開
    安全の根幹揺らぐ 旅客列車走行箇所も
    鉄路の柱 なおざり 「理由まったく分からぬ」合理化で疲弊の声も
    安全第一 忘れたか 利用者 膨らむ不信「第三者のチェック必要」
     (朝日も毎日大きく取り上げているが省略)
9/23  レール異常放置97カ所 特急走る本線も 野島社長が陳謝 
    保線管理 現場任せだった 社長会見
    補修先送り日常的 複数のベテラン証言 現場、人とモノ足りぬ 
    社内規定の形骸化露呈 命運ぶ自覚欠く 作業失念 本社は確認なし
     識者コメントの見出し…「技術以前の問題」「言い訳にならぬ」
9/24  運行全部門を監査 国交省 増員し27日まで 再度改善命令も
夕刊  JR異常放置「極めて悪質」官房長官 徹底対策を指示
    放置数部署で偏り 監査4日目
9/25  レール異常 新たに170カ所 7路線「許容値」超過 保線社員が勘違い
    監査 道内全支社に拡大 国交省 異例の20人態勢 
    異常レール 半日で3倍 急きょ運休指示 
    30㌔走行区間も放置 函館、室蘭、根室線9カ所
    特急ブレーキ部品欠落 網走駅
    燃料漏れ白煙 白糠駅
    政府 JRの体質批判 構造的背景の調査指示 レール異常放置
    知事「危機的な事態」安全対策、社長に直接要請へ  
    「北海道は東海に買わせたらいい」札幌で森元首相
    道南に集中28カ所 全体の3割 
    不信感と懸念拡大 旅行商品の前年割れも
夕刊  レール異常 28年間誤認か 保線員 知識なく 170カ所の補修終了
    新旧レール幅5㍉差 国鉄時代に規格変更
    失態連鎖 JR社是泣く 異常次々 重ねる訂正 
    「組織に問題」利用者怒り 
9/26  レール幅最大 37㍉拡大 許容値の倍近く 安全委調査
    レールの正しい安全幅理解しきれず 保線のプロ 基本ミス
    現場教育見直しも 政府圧力 増大必至 トップ人事に波及も 
    財務面も依存 監視強化へ 
    「道ブランド打撃」知事 イメージ回復へ対策
    安全運航 手段は要請のみ 道に権限なく 
    曇る道内経済 農作物や鮮魚 物流に懸念
夕刊  保線たるむ 四国▶発見翌日補修 西日本▶尼崎事故後に意識改革
    道外5社が再点検 旭川・釧路も監査開始
9/27  保線に専念できず
    営業も担当/雑草刈りにかかりきり/検査に追われ補修後回し
    JR他社は二重チェック 特別保安監査続く レール問題
夕刊  JR東に人材派遣要請へ 国交省 北海道に役員級も
    国交省 社長に聞き取り JR北海道 独自調査を開始
9/28  「会社存続の危機」石勝線事故より窮地 
    JR北海道特別保安監査 経営など広範囲 
    「安全意識浸透せず」 野島社長、聴取に回答 監査今日まで延長
    JR北海道 監査終了 2度目改善命令へ 国交省 
    来月上旬にも 政府経営陣刷新の方向 
     社説「鉄路の維持が大前提だ JR組織再生」
     特集 連載 鉄路の安全どこへ 組織硬直化 伝承妨げる世代構成


          夏の終り 机の上は美女だらけだが… ↓  
        

編集のページとホームページのページが連動していないので、出来上がりの姿がつかみにくいのです。変な形ですみません。おわり

                       美原だより13-09-22へ