13-09-22(2013年 第44号)  
○おしゃべり宴会  9/20
バル街の夜、居酒屋「九条」でたまたま出会った3人と飲むことになった。その1人の上磯のお宅に集まり、夫さんも加わり、ヱビスビ−ルと久保田千寿を飲み、大いにごちそうになった。
よくしゃべり、よく飲んだ。Tさんは孫娘―小学3年を同伴、計6人。私は翌日一日中ぼんやりしていた。
 
ヘラカニ(ワタリガニのことか)、帆立貝刺身(特にえんがわが旨い)焼き魚(名を忘れた―聞きなれない名前)、みょうが、きんぴら。ハムのチーズ巻き、ハンバーグ、トマト、きゅうり、三升漬ほか。
6時前から10時過ぎまで。帰りはタクシー―代金は予め運転手に渡されていた―。
こちらの2人が都合つかず、私1人だったので、次回は全員での再会を約してきたが、11月以降になりそう。

○さっ平さんからファックス  9/20
届いたばかりの「儚儚老随筆」を友人に示して朗読した。

 空の空(そらのそら)
 空の空なる哉(そらのそらなる哉)
 ……………」

「せんせい」と叫んで友は僕を見つめた。彼はキリスト教学者である。

 台風一過の青い空
 星空、雪空、曇り空
 空はさまざまいろいろあれど
 朝焼けの空ほどよいものはない
 
 魔女の娘が帰ってくる
 ブロッケン山からホウキに乗って
 ミコノス島の赤いバラ
 小かごに摘んでゆれながら

 まだ間に合うね
 明けがたの あさぎの夢に
 愛する人のあの胸に
 のせてあげるわ

 癌細胞よ意のままに
 遠慮しないで生きるがよい
 クスリで死んだ仲間たちは
 真紅のバラを咲かせるから
 乳房は処女のそれとなり
 ブラジャーの下ではにかみながら
 青春の詩をうたうから

友人の目は、ジーッと僕を見つめている。
口はしまりなく開いたまま。

 体調なんて気にしません。お会いすれば快調になりますよ! お待ちしてます。さっ平

○JR北海道のトラブル関連記事(見出し 道新) その7
9/20  大沼駅貨物4両脱線 けが人なし 昨年以降5件目
    事故日常化 乗客怒り 運休続出、各駅で列
夕刊  トラブル続き 客離れ 現場車両「く」の字
    札幌―函館 特急16本運休 大沼脱線 安全委現地入り
9/21  分岐器手前で脱線か 運行再開 今夕以降に
    連休の観光・物流 傷深く 客激減、頭抱える業者
    出来秋直撃 出荷ブレーキ
夕刊  脱線地点 レール幅広がる 安全委 整備記録と照合へ
                                     おわり

                                 美原だより13-09-19へ