13-09-19(2013年 第43号) 
○台風は来なかった               嵐の前  2013-9-16-6.-pm         

…ラジオでいい音楽を聴いてい た。突然途切れ、○○町に洪水 警報が出たと割り込んできた。 それを繰り返す。長い。警報段 階でなく、せめて注意報になっ たときに流すこととし、警報の ときまでは自治体に任せられな いのかね。嫌な気分になる。聴 く気持ちにまで―。我慢するし かないのか。
この更新後、警報と注意報の段階が逆だと教えてもらった。この部分取り消します。失礼しました。恥ずかしい

結局、北海道の手前で洋上に出 たそうだ。各地の被害は大きい が。

○読者のお便り
台風は本気のようです。集中豪雨に負けず意地見せようと?(9/16 11.-am )
菜っ葉と叔父さん。小松菜の前に在る赤い実は?おしゃれ―ですね!
前立腺の病も大変ですね。なったこともなることも無いでしょうけどとても参考になるあれこれですね。(東京 女性)

「卓上の小松菜」綺麗な写真に目を奪われました。色の取り合わせも見事で、見とれています。
「竜巻」報道で見ると大変なことです。瞬時に襲来するのが怖いことでしょう。なるべく早く避難する他なさそうです。
「新パソコン」なかなか大変なのでしょうね。

○芝居の稽古
昨日の函館新聞に記事が出たり、今日はどの新聞か知らないが取材を受けたり、テレビカメラの前で手を振ったりしたので、ひと言お伝えしておきます。要するに、地元出演協力者の一人として、その他大勢の中の一人として、ちょい役で出ることになってしまい、週一で稽古している、ということであります。
米倉斉加年演出の「二十二夜待ち」(原作木下順二)が10月11日、五稜郭の「函館市芸術ホール」で、「父帰る」(主演米倉斉加年、原作菊池寛)とともに上演されるのです。
チケットを買っていただきたいというのがこの項の主旨であります。3000円(前売)。

○「饗宴」を読み出したら
恥ずかしいことは山ほどある。が、いま恥ずかしくてたまらないのは、この齢までプラトンの「饗宴」を読んでいなかったことである。読み始めたら、読んでなかったことが恥ずかしくて恥ずかしくてたまらない。これは読んでおくべきだった。なぜか。それがはっきりしないのだ。ほかにも読んでない本が山ほどあることは言わずもがなだが、この本にぶつかって、"うわぁ" となったのはなぜか。
一つ考えられるのは、ソクラテスもプラトンも知識として―ほんの一つまみだが―知っている気になっていたことではないか。読み出して初めて、実際のソクラテス、プラトンを知り、途端に恥ずかしくなった―。
ソクラテスが生きて動いており、それをプラトンが上手に表現している。おもしろくてテンポが快くて迫力があって読みやすい。読み終わったら何か書きたい。
(また、ここにこんなことを書いて、これまた恥ずかしいが、いまラジオで「アイーダ」を聴いている。生放送(の再放送)。ミラノスカラ座のガラコンサート(演奏会形式)。聞き逃せない番組。と言いながら、キーを叩き「ながら」)

○JR北海道のトラブル関連記事(見出し 道新) その6
9/11  信号トラブルで列車運休や遅れ JR江差線
9/12  燃料漏れ 列車2本運休
9/17  運転士 停止装置壊す 誤操作し故障装う JR北海道
9/17  「個人責任 おそれ混乱? 専門家『組織で再発防止策を』
    JR北海道運転士停止装置破壊 」
夕刊  企業人として姿勢疑う/ミス隠す体質悲しい JR運転士ATS破壊
    利用者怒り尽きず 
9/18  「『後輩にミス隠すため』公表遅れ『判断甘く』内向き体質また露呈 
    特急が無断発車 指示確認怠る 島松駅
    線路上に針金 またトラブル (江差線―阿部注)
                                    おわり


        
           名月を追加――禁じ手?!  2013-09-20-5.10am
               冒頭の写真とほぼ同位置から

美原だより3-09-10へ