13-09-10(2013年 第42号)  
○卓上の小松菜  9/10   
今日は爽やかな日です。貴重な刻(刻一刻というような)をいただいています。
チャップリン「モダンタイムス」のラストシーンは夢のような暮らしを描き、瀟洒な家の中から手を伸ばして葡萄をつまみ、乳牛がやってきたので乳を搾り、現実に戻って外に出、2人で道路をとぼとぼと当てもなく歩いていきますが、私はふと思いついて、ベランダの鉢の小松菜を食卓にのせ、摘んで食べようかと思いました。夢のような? しかしつつましやかな、パッとしない想像でした。現実は、ローソンで振り込みをし手紙2通をポストに投函し、郵便局へ行って送金し(コンビニではできないよう)、ヨーカドーで野菜と肉と大福と安酒を買い、昼になったので珍しいことに弁当を買い、帰宅しそれでブランチ。
新聞はそれから読みました。  
    +++++     +++++    +++++
朝日川柳の撰者は東京五輪について「当欄投句の大勢は辛口。…祝賀ムードに水をさし、はなはだ恐縮ながら」と断って、それら5句を掲載していた。「収束と言った総理を思い出し」「コントロールしてると嘘をつくシンゾウ」「福島を歓喜の下に葬りぬ」(2句省略)。
東京新聞のコラムは「はしゃいでばかりいられない。懸念されていた福島第一原発の汚染水問題で安倍晋三首相は「状況はコントロールされている」と断言した▼汚染水漏れの全体像すら把握できず、対策が後手に回る現状を知りながらよくぞ大見えを切ったものだ。歴史的な虚言と批判されないように、国を挙げた対応という国際公約の厳守を求めたい…」とこれも辛口。
道新は「…状況はアンダー・コントロール(制御されている)」と英語で述べた▼「アンコントローラブル(手に余る)」と聞き間違えたのか? 録画したニュースを何度も再生してみたが、やはり「コントロール」と言っている▼地下水の汚染、タンクからの漏出…。どれを取っても対応は後手後手。地下を固める「凍土壁」なるものはできてもいないし、効果も不明だ。これで「制御」とは、あきれてしまう▼世界には2022年脱原発を目指す国がある一方、重い事故を抱えながら「東京は安全」と言い募って、20年五輪を開く国がある」。
日経は優しくそっぽを向いたか、「東京五輪で、日本はどんな素顔を世界に伝えられるだろう。国際的な祭典にありがちな「テクノロジー自慢」も結構だが、時代の最先端が、常に鋭くとがっている必要はない。高度な巨大技術の象徴だった原子力で、日本はしくじった。何かもっと細やかで、丸みを帯びた優しい価値観で、世界の人々を迎えたい」。
    +++++     +++++    +++++
7年後は生きていないから、私は準備のがたごとに文句をつけて終わりになりそう。
さて、いま西の空は濃いグレイの雲が山脈のように横に広がっていて不気味なほどだが、南に雲はなく、5日の月がかかっている。あっという間に暗くなった。

にらとセロリとレモンを買ったので、キャベツ刻みを加え、今夜は生野菜をたっぷり食べよう。枝豆も茹でたので、ビールが旨そう。
このところ本を読んでいないので欲求不満気味だが、何やらやること(遊ぶこと)が多く、やむを得ない。ではまた。
                                   おわり

                  美原だより13-09-10へ