13-09-10(2013年 第41号)  
○バル街で飲み歩く  9/8
「『元祖バル街』 愛され10年 函館の魅力を再発見 8日開催」(9/6 道新)            
その20回目に参加してきた。酔っぱらって、最後の一軒はどこだったかほとんど憶えていない。左隣りに女がいたことだけ漠然と…というのは、まずは5人で「すず音」、「菊」に入り、次の3軒目には3人で、バル街に参加しなかった居酒屋「九条」で、旨い日本酒数杯を旨いトロで飲み、居合わせた初対面の女3人連れと、私の言うおしゃべり宴会で盛り上がり、チケットが残っていたので、じゃあ、もう一軒、となり、総勢6人(男は1人)でハシゴし、量も過ぎたのであった。

「九条」は、九条改正反対のお店らしく、「平和」と書いた小さい額がいい書であった。
偶然、知り合いがいて、立ち話の後、私たちはそのカウンターで飲み始めたが、後ろの小上がりにいた彼女らと話し始めたのであった。
彼女ら3人は、その場で芝居のチケットを買ってくれた。北斗市上磯の農家の人たちで、今度はそちらへ飲みに行くことになり、その日付が手帳に書き込んであった。
タクシーに乗せられたことはぼんやり記憶しているが、目が覚めたら、誕生祝いとして贈ってもらったふんどしで寝ていた。そこは憶えていない。
       
7、8日は、大門グリーンプラザで食の祭典「グルメ・サーカス」が開催され、他県・各地の128のテント張りブースが並べられ、17万人が足を運んだという。私は行かなかった。
さらに9、10日は「世界料理学会」という大きい名前のイベントがあり、函館は「食」(と飲?)に力が入ってきたかのよう。                                        
                                  
 ベランダから         9/7 
○予想はずれ 
五輪の開催地は外れた。も一つの消費税増税実施も外れるとうれしいが…。

○伊藤亜希子ピアノリサイタル   9/7
函館生まれのピアニストの第14回リサイタルで、グリーグ、ブラームス、チャイコフスキーのソロのあと、旭川出身のゲスト・佐藤まどかのヴァイオリンで、サンサーンス、シベリウス、ブラームスの合奏があった。
聴衆はアンコールになってから元気が出てきたようで、なかなかの拍手。「火祭りの踊り」やヴァイオリンでは「見あげてご覧夜の星を」など2人で4曲のアンコール。
この舞台で芝居をやるのか、と見てきた。

○ラジオで聴いた現代音楽  9/9
夜、FMで聴いた。人類発生以前の動物の声・音を想像したという、叫びや訴えのようなソプラノが入った「遊んでいる動物」マルジャツカ作曲が素晴らしかった。言葉以前。人間以前。長い拍手には好意がこもっていた。「発語」ハーヴィ作曲も面白かった。いい現代音楽は少ない―簡単に言うが。

○新パソコンに手こずる
メール用の「アウトルック」がだめなソフトで、手こずっている。前の「アウトルック・エクスプレス」のほうがよほどいい。内蔵されていないので仕方がない(無料でダウンロードできるらしいが、設定をやり直すのと慣れるのとを比較しているうちになんとなく過ぎている)。文章の文字転換も何となく、親切のようで子供っぽい。手がかかる。失敗を防ぐがまどろっこしい、とでもいうか。アドレス帳は五十音順にならないし。

メールの末尾に自動的に貼りつく署名とURLのリンク(ホームページに繋げるもの)に、特に手こずった。2日以上かかったが、とにかく1人でやった。

代わりに、というのも変だが、「パワー・ポイント」が入っているので、使えるようにしたいと思っている。プレゼン(テイション)などにいいし、チラシなどを作ってもよさそうだが、初歩の初歩、基礎の基礎から始めなくてはならないので、これからの話。 えっ?
                                                     おわり

                                     美原だより13-09-06へ