13-08-31(2013年 第39号)  
○パソコン買い替え  8/30
10年以上使っている間にずいぶん進化していた。3世代を飛び越えるくらいの変化だろうか。言うなれば、小学6年から中学3年へ飛び級(年齢制限?)したようなものか―基本ソフトがXPからWINDOWS8になったのだから。しかも、ソニーから安いNECのLaVieへの機種変更だから、感触から画面の様子からスピードから、全体に使い勝手がちがう。慣れるしかない。

この号が新品第1号。80才だから、もうパソコンからは引退と思った方もいようが、どっこい、だった?

○秋の程度
天気がニュースの時代に入った、とでも言おうか。異常が今のところ異常として扱われているから毎日がニュース。
函館の31日は、もう裸ではいられない。窓は全部閉めた。雑駁な予報では今日は午前からずっと雨、最高26℃。でも爽涼のときとしておこう。私にとって貴重なとき(晩夏か初秋か不明につき)。

ひねくれついでに付け加えると、天気予報が気象情報になったように、環境情報とかとして、放射能汚染の様子を分かりやすく毎日伝えることはできないだろうか。刻々と進む魚・肉・野菜、海・山・森・川などの汚染状況。地球全体に響く重い現実。
まぁ、無理だろうが、「母と子」の心配の程度は深刻で、そろそろ「何とかなるさ派」=「依存性漠然派」のシェアを脅かしているのではないか。
海の汚染、なんて簡単に言うが――。日本国は外圧が来ないと動かない歴史・実績を持つ。

○温泉ドライヴ
29日、ガ・フレ2人と月例の温泉巡り。今回は江差の「ぬくもり湯」。2度目。いい湯だった。終わり。

○サイクル散歩
用足しが多いから散歩とは言い切れないが、用足しをしながらの散歩だから―ま、名前はどうでもいいか。順不同で近況報告。

「ビデオで楽しむ『仏像の祈り』」第11回  略称・街セン
24日は新聞で知った「ビデオを見る会」に行ってきた。初めて。
「三十三間堂の「二十八部衆」、新薬師寺の「十二神将」、清涼寺の「十大弟子」ほか。
巧みな彫刻もさることながら、思索の積み重ねと人物の造型がマッチした仏像彫刻の厚みを感じた。ヨーロッパ文化の厚みと、(少しばかり?)対抗できるのは、仏教の歴史と日本の仏像彫刻か―時期が短いが―などと、つまらんことを考えた。(資料代100円)

その日は爽やかさで最高の1日だった。
自転車でゆっくりこいで片道45分の距離を往復。帰宅は12時半で、カンカン照りだったから、途中で熱中症をちょっと心配した。戻るとすぐシャワーし、洗濯し、畳の上で大の字になって寝た。この夏初めての、とうとう実現した昼寝。贅沢を言えばきりがないが、よく眠れたから良しとしよう。10分間ぐらい眠ったかなと思ったら1時間半だった。

ついでに言うと、23日はゲリラ豪雨の日で、雨上がりの晴れ間に出かけたのだが、映画を見ている最中は大雨となり、終わったときは傘の要らない小雨。大きな水溜りを除けながら、自転車ですいすい帰宅し、自分で"日本一の晴れ男"とつぶやいた―温泉ドライヴも毎回なぜか晴れるのである。

 ヴィスコンティをDVDで
23日は、図書館の映像コーナーの個室で「イノセント」を見た。古いといえば古いが、見ていなかった作品。貴族の、と貴族を強調しておかないとヘンな不倫映画になってしまうだろう。原作も知らないし監督自身の脚色と、どうちがうかも知らないが、男が複数の女に恋する心理の理屈というか論理について、作家と監督の間で、格闘または葛藤があったのではないかと想像した。主人公の男が無神論者であるとの断わりが必要な貴族社会における、カトリック信者と無神論者との、やはり格闘・葛藤を描いたのだろうか。単に男の側に都合のいい浮気の理屈の破綻と言っては身も蓋もない。ヴィスコンティがこだわった貴族社会の「没落」とそれとは繋がるのだろうか。私には分らない。
その他の!?シーン・ショットには素晴らしいものがあった。色を使い分けた豪華な衣裳とセックス場面の丸裸の対照も際立った。

読みも見もしないが、今評判らしい瀬戸内寂聴の「夏の終り」についての新聞記事に「…その不貞を慎み深い妻に認めさせていた」とある。これはまた、ちょっとちがうなぁ。

○サイクル…の続き  順不同
26日は野菜の直売所へ行って枝豆1`ほかを買ってきた。それらを家に置き、逆方向の十字街まで走った。そこで芝居のポスターとチラシを貼ったり置かしてもらうよう頼み、図書館に寄り、それから近くのクリニックで採血と薬の調剤。帰宅し夕寝。これまた前回と同じく1時間半の熟睡。

27日は歯医者へ。上の前歯を削って滑らかにしてもらった。きれいになった。帰途、生協店に寄り買い物。夜は回転寿司で恒例の会食だったが、車で送り迎えしてもらった。歯科医院にメガネを忘れてきた。電話で知らせてくれた。

28日も歯医者へ。虫歯を治療してもらった。これでお仕舞い。メガネを受け取ってきた。忘れ物連絡電話のお礼にクッキーをほんの少々渡したら医師や歯科技工士からお礼を言われ赤面した。

 一花の会 日本画展
その足で「ギャラリー彩」(NHK)へ。
リブリのメンバーだった岡部宙さんが出品していた。  →
もう一人、最近知り合った方の娘さん鳥本奈々さんの作品も見てきた。
ぶつぶつ1人でつぶやきながら見ていた。鑑賞力がないからいうことはない。
名前で見当をつけたところ、75%が女性。21世紀の平均程度か。もっとも、政官財・労?の比率は話しにならないから、それよりはずっと上。

夜の飲み会に自転車というわけにはいかない。その日3人の「実貴の会」で、4種のアルコールを飲み、たっぷり食べ、タクシーで帰ってきた。

○JR北海道のトラブル関連記事(見出し 道新) その4
8/22  「特急エンジン停止 走行中に3回 電気系統に結露 函館線」
夕刊  「特急26日に正常化 JR札幌―釧路、1日7往復」
8/23  「ドア開閉不具合 カシオペア運休」
8/24  「一部運休を継続 専門家に評価依頼 JR北海道 スーパーおおぞら」
8/25  「道内雷雨 JRに乱れ」
8/29  「特急運休10月まで延長 札幌―函館など14本 JR北海道」
    「先頭機関車へこみ 線路たわみ衝突? 運輸安全委」
8/31  「危険個所を緊急点検 社長、トラブル多発を陳謝 JR北海道」
    「JR北海道 5億円減収 事故や災害 運休響く 7〜8月」

 ハチに刺されたり(既報)、夏なのに結露したり、泣き面にハチとはこのことか(済まん)。

                                  おわり

                              美原だより2013-08-21へ