13-08-21(2013年 第38号)  
○JR北海道のトラブル関連記事(見出し 道新) その3
8/18 「貨物脱線7000人に影響 JR函館線 運輸安全委が調査」
   「夜間点検強化せず 9日も決壊 土のうで『本復旧』」
   「『足』求め青息吐息 JR脱線 臨時列車に長蛇の列/乗り継ぎで時間倍増/予定外の出費に
    嘆き」
   「都市間バス終日満席 Uターンラッシュ重なる」 
 
  大雨の影響だが、大雨が降ったら脱線やむなし、ということにはならないだろう、なぁ。

8/19 「線路に土砂 特急緊急停車 乗客362人徒歩で避難 森」
    「函館線復旧めど立たず」
     「森 1時間57_ 道南で豪雨」
    「線路をずぶぬれ2` 救援バスも1時間待ち 函館線土砂流入『最悪の夏休み』」

  森は別の場所だが、特急なら八雲の次の停車駅。

8/19 「八雲・貨物脱線 3年前も砂利流出 開建・JR・町 抜本策取らず」

夕刊 「札幌―函館 今夕にも復旧 JR脱線貨物車を撤去」
夕刊 「JR運休 午後から入社試験なのに 就活 仕事
     大迷惑」

コラム「直線 曲線」はこう書く。「八雲の貨物列車脱線事故現場。3年前にも砂利流出。抜本策を講じていれば同じ事態を今夏2度も起こさずに済んだはず。ツケは大きい。」(8/19 夕刊)

8/20 「JR函館線 全線再開 八雲―七飯復旧 雨量
    基準など見直し」
     「動けぬコンテナ 道内に一時1900個 函館線運休」
     「大量の野菜滞留 正常化明日以降」
    「お盆利用11%減 特急出火 脱線響く」
夕刊 「運転士ハチに刺されJR花咲線部分運休」

○パソコン10年、駄文10年超
よく保たせたものだと思う。しかし、とうとう、10年を超すこのパソコンには寿命がきたよう。「大沼通信」から「函館・美原だより」の今日まで、よく働いてくれたが、そろそろ買い替え時が来たよう。年金暮らしにとっては痛い臨時出費。質素に=貧しく暮しているのに、こういうことが出てくる―。

                    桜島の噴煙 →
                         ネット検索


基本ソフト「XP」が、 来年4月でサポートしなくなるので、早晩買い替えが必要になるらしい。やむを得ない。
少しでも安くと、機種を替えるかもしれない。なにしろ行く手にインフレがあり、それと歩調を合わせるように老人いじめ政策がひしめいているのだから。ともあれ、このパソコンは長持ちしたほう。それより、内容がよくならないのがつらい…ここは多言無用。
                   
○時評!?を1つ
最近、あれこれの文にひらがなが多くなっている。そう感じる。新聞・雑誌は重厚長大産業と同じで小回りが利かず、まだ決められた漢字を使っているが、庶民と文芸世界!?では、ひらがな多用時代が始まっている。インターネット時代のはじめ頃? 電子辞書のせいで漢字が書けなくなると社会的に心配されたが、その通りになっている。いいではないか。ひらがなでも分るのであれば…。場合により、ひらがなのほうがふさわしいケースはたくさんある。私も影響されている。
知的水準はまた別の問題で、とりあえず親のほうが堕ちてきた結果であろうか。子供は大人をよく見ている。子供や幼い大人はツイッターとかで短いひらがな発言をしているらしい。

○夏に冬を思って
扇風機を回したら癖になると思い我慢する。それほどの苦痛はない。クーラーという機械はもちろんない。暑さ対策は、窓を開けておくだけ。年寄りの鈍感さが好影響を及ぼしている。

夏の間に、この短い夏の間に、やれることはやっておきたい。少しは暑くても、あの長い冬の日々を考えれば、やらなければならないことを、いまやっておきたい、やってしまいたい。終わりはないけれど、できる範囲で、なるべくたくさんやっておきたい。
では、冬というのは何なんだ、と考えることがある。裸と厚着、伸びと縮み、長いと短い、動と静、好きと嫌い、明と暗―この比較はひどいか、私の場合、と断わっておこう。          おわり

                        美原だより13-08-14へ