13-08-14(2013年 第37号) 
○JR北海道の事故に唄う                            水浴の前  岡田三郎助
  どこまで続く ぬかるみぞ
  事故また事故の 運休に
  雨降りしぶく 錆鉄路

  覚せい剤よ 発煙よ
  声もつまりて 仰ぐ目に
  あふれるものは 涙のみ

  ひづめの跡に みだれ咲く
  秋草の花しずくして
  虫が音細く 時雨空

    歩調トレーッ
    JR社長殿に
    カシラー ミギッ

  …てなところですかな   さっ平

さっ平さんは第2次大戦中、大学生だったが、北海道の鉄路敷設に携わっていた。
建築工学専攻だったから、現場監督として、韓国・朝鮮などの労働者を指揮していたという。

○夏・真っ盛り
夏の真っ盛りは、いろいろ思うとき(刻)のようである。ほかの季節も「思う」ことはあるが、8月は特別のような―。陰暦のお盆の中に敗戦忌が入っていることが大きいか。「戦争と、あの日から今日まで」を考えてしまう刻。

 この夏は「永続敗戦論」(白井聡著)が評判になった。
 著者は長いインタビューでこう語っている(7/3 朝日)。
「天皇の終戦詔勅にも降伏や敗戦という言葉は見当たりません。このすり替えから日本の戦後は始まっています」。いまの「中国や韓国に対する挑発的なポーズは、対米従属状態にあることによって生じている『主権の欲求不満』状態を埋め合わせるための代償行為です…」など鋭い言説がいっぱい。
 日本人の英語下手についても「言うべき事柄がないからですよ。独立して在るとは『言うべき言葉』を持つことにほかならない」と始まり、アメリカの言うなりに動いている限り「自分の言葉など必要ありません」「敗戦の事実すらなかったことにしているこの国には、思考の基盤がありません」とばっさり。
 原発事故についても「いっときは社会が脱原発の方向へと動いたように見えましたが、2年が経ち、またぞろ『仕方ない』という気分が広がっている」「『仕方ない』で万事をやり過ごそうとする、私たちの知的・倫理的怠惰が、こういう恥ずかしい状況を生んでいる…」と厳しい。

も一つ、今年は暑さが連日のニュースになっている。
インドは5、6月の気温が高いようだが、堀田善衛は「インドで考えたこと」でこう書いている。
「輪廻の車のように燃えている太陽から直かに、燃えたったままの、真っ白な光線が太い束をなして大地に襲いかかってくる。その怖ろしい、そして鋭い光線が、永遠ほどの時間をかけて、この大高原…を撲りつけている」「太陽は、敵だ。…」etc.

2つとも、いよいよ熱くなる・暑くなる話。涼しくするにはどうすればいいか。

この本には、ガンジーもネルーも出てくるが、また、ドストエフスキーと漱石が出てくる。あとの2人の小説でも読んでみようか。いや、多分、新聞を読むぐらいで、ごろごろだけして、オ・ワ・リ 

                             美原だより13-08-12