13-08-12(2013年 第36号) 
○夏のある日曜日  8/11
日曜日は忙しい。
いつもよりラジオと新聞に時間をとられる。考えればそれだけのことだが、いつもの―ほかの―ことが圧迫されるのを無意識におそれているのだろうか。そんなに忙しい・詰まった毎日でもないのに。

まず、新聞。9時になると自転車にまたがり近くのローソンで毎日新聞を買ってくる。読書欄がお目当て。これで日曜日は3紙。

ついでに日曜日だけ9時開店の生協で買い物をする。チラシを見てメモしておいたので、やや安い牛乳・バター・卵・レモン水と豚肉のかたまり。それと、何日も買い忘れていた食卓塩を、手早く買い揃えて戻った。

ラジオといっても、FMの午前中の番組を聴くだけ。第1放送は野球で詰まっているし、第2は変わり映えしない外国語講座が主だから聞かない。

合唱と次の吹奏楽の番組とそのまた次の名演奏家ライヴラリーで11時までかかる(買い物時間は聴けない)。
そのコーラス番組もブラスのひびきも、以前のような―酷評すれば―全国学校コンクール課題曲の準備・参考・推薦歌群とちがい、学校関係者でない普通の音楽好きでも聴けるようになった。ここ数年の間に、なかなかにおもしろい番組になった、と思う。もちろん、クラシック音楽全体の時間は、文化国とはいえない少なさのままだが!? 「名演奏家…」はバーンスタイン、ゲストに佐渡裕。よかった。

3紙をざっと読んだときはもう2時近く。曇りから陽ざしのある夏日になっていた。で、温泉に入ることにした。
ステテコにワイシャツという流行のいでたちで颯爽とペダルを踏んだ。露天風呂で青い空と薄い白雲を見上げてきた。

昨夜、食べ過ぎたので、1日1食と決め、夕刻、トマトと枝豆をちょつと食べ、おそく、晩酌をちょっと。

やや丁寧に、意識して新聞を読んだら切抜きが多くなった。殆どを台紙に貼り付けた。もう夜になっていた。忙しい1日がおわり、早めに寝た。

さて、では、以下、切抜きのタイトルと若干のコメントを並べてみよう。…長いのでお付き合いはほどほどに。
(先に断っておくと、「本」関係ページの名前は、朝日は「読書」、道新は「ほん」、毎日は「今週の本棚」とそれぞれ異なるので、ここではまとめて「」とし、短歌・俳句を含めることとする)


●「読書について」ショーペンハウアー著 荒川洋治評
「自分の頭で考えない人のための読書哲学」
これはおもしろい(良い・勉強になるの意を含む)。新訳。内容は、スペースがあれば後述―なかった、残念。
氏は詩人かつ名文家・名書評家。「文学の言葉」を発売してまだ間がない。しかし、これも「(買わない)だろう本―以下同じ」

●「ドゥルーズの哲学原理」国分功一郎著 いとうせいこう評
「相手の考えの奥に潜り込む」
難しいとされるドゥルーズを「快刀乱麻を断つごとく簡潔に読みほどいていくのが、若き哲学者・国分…である」「著者は自由間接話法の多用から話を始める。…まるで相手の考えの奥に潜り込むようにして、ドゥルーズは対象を思考する」。
評を読んで中身が分かるわけではないが、読みたくさせる紹介としては上手い。だろう本。

●「井上ひさしと考える日本の農業」井上ひさし著 山下惣一編 無署名評
「…TPPを改めて考えるためのヒントがたくさん詰まっている」。だろう本だが、買うかも。

上記3冊の評に共通するのが「考える」。自分の頭で、相手の考えの奥に、井上ひさしと―。私の課題である。

●ここで1つ、短歌のトピックを。
小学3年の女の子!室文子の歌を4人の選者全員が選んでいる(朝日歌壇)。めったにないこと。このことがいずれニュースになると思う(ずっと前に同じことがあり、別にニュース記事として掲載された)。
 「どうしてもはなれたくない友達に転校告げずに別れた放課後」 選者3人
 「今日からは転校生の『室文子』ふるえちゃったあいさつの声」  選者1人

 つづき
●「文楽の歴史」倉田義弘著
「…330年ほどの歴史を持つこの伝統芸能を、古浄瑠璃の時代から現代まで概観した、はじめての通史。文庫オリジナル」
文庫オリジナルと断わっているところがにくい。新本が安く買えるかのよう。だろう本。

●「川鍋暁斎絵日記」川鍋暁斎記念美術館編 無署名評
「…欧州では葛飾北斎と並び称され…再評価が進む不世出の画家…」
持っていた画集は上げてしまった。いま絵日記には手が出ない。私はやはり北斎のほうをとる。だろう本。

●俳句と選評
 「神の国仏の国の原爆忌  小林恕水」について、選者・大串章はこう評した。「多くの信仰心厚い人々も原爆の犠牲になった。神も仏も無いものかとふと思う」(下線阿部)。

 長谷川櫂選の2句を掲出する。金子兜太選には目ぼしいものなし!?
 「国を守る人らと思へ田草取      濱口 星火」
 「蹴飛ばしてよれを直すや夏布団  佐々木康史」

 トピック
@「村上春樹 堅調な人気 発売4か月で105万部 『色彩を持たない…』」
道新担当記者は「…しかし、論点がバラバラで、評価は定まっていない」といい、自身の感想をこう書いた。「一気読みして、もの足りないと感じた一人。…読み直してみよう…」。「底が浅いという読後感…」(早大教授)もあったという。私の感想はよくないほう(儚儚老随筆第10号 4/17参照)。

A「ダメ男が好き 恋愛小説死ぬまで ロングセラー「夏の終り」映画化 瀬戸内寂聴さん」。特集「人生は夕方から楽しくなる」。
もういいって感じ。氏には憲法を守る運動などで大いに頑張ってもらいたい。私は家の玄関板の間に彼女のポスターを貼っている。8人の顔写真がある素敵なポスターで、「憲法を守り生かそう 戦争はいやです」とある。彼女の顔は左最上段。他のメンバーも素敵な人。

●テレビ番組欄から
@TVがないのに新聞のTV番組を見るのはおかしいが、ラジオクラシック番組の内容が出ていることがあるので、ついでに目が行くことがある。
「試写室」という欄に出ていた写真入りの「歴史は繰り返すのか 原発と原爆 日本の原子力とアメリカの影 HTB 後2.00」。
その記事が踏み込んでいて、いい、と思わせたが、番組欄には「ザ・スクープ 終戦企画 原発と原爆@幻の広島原発○秘計画A原発事故と日米同盟最大の危機」となっていて、これでは針小棒大いや羊頭狗肉いや眉唾…などと、次第に内容軽薄の予想になってしまった。「きょうの番組」(見ものピックアップ)のこの「試写室」(朝日)を読まなければ―仮にTVがあったとして―見ないだろうと思った。どなたか、見て読んで比較して感想をくださるとありがたいが、なにしろ今日のこと、間に合わない。

A
「NHKスペシャル」は3紙とも私のいう見ものピックアップで取り上げている。「『自衛隊と憲法9条』日米知られざる攻防 機密資料は何を語るか …集団的自衛権」。解説に「アメリカが自衛隊をどう利用しようとしたのか、その思惑が見えてくる」とあるが、このラストは道新と朝日が同文。出だしは毎日と道新が同文。3紙とも出所が同じで、ちょっとアレンジしただけの記事。つまらなくなった。

以外のこと
@訃報 飛松健二さん84歳 元宮崎銀行頭取。
日銀出身で、私が組合運動をしていた頃は議論の相手の1人。頭が切れて男前だったが、立場は反対。

A暑さのことがとうとう毎日で1面トップ扱い
「猛暑日 全国295地点 甲府・四万十 40.7度」。朝日も1面で「酷暑列島6年ぶりの40度台 高知・山梨・群馬4地点 各地で熱中症搬送、死者も」。32面で「サウナだ、これは 酷暑 水難事故も相次ぐ」
ついでに取り上げると、8/12付ニュースは「東京都心の11日の最低気温は、午後11時49分に記録した30.4度だった。過去最高で、都心で30度を下回らなかったのは初めてだ」。いよいよ最低気温まで―お見舞い申し上げます。

B「納棺用義肢」○○義肢製作所
意味の分らなかった広告。検索して知った。
義足や義手の材料は金属などで作られているから火葬にできない。で、別に、火葬できる義肢・義手で納棺するのだという。納得。しかし、新聞広告、ネェ。

C「安倍政権の鬼門 増税後の消費減不可避 けいざい寒風温風」藻谷浩介
中見出しは「先送りなら金利上昇」「一転して総スカンも」。内容は省略し末尾の文を紹介する。「政治に過度に期待しては絶望を繰り返す、そのむなしい連鎖から抜け出せるかはあなた次第だ」。あなた、と呼びかけている。この意味は大きい。

D
生活
「エンゲル係数 じわじわ上昇 収入減/食料品値上げ 12年は23.5%」
「…高齢者が「中食」や外食に頼るようになったことも大きい」「高齢者の増加で数値が上がった可能性も…」(下線阿部)。

○JR北海道のトラブル関連記事(見出し 道新) その3
8/10  JR特急 人為ミスの可能性 配電盤出火 ネジ緩み原因
8/12   旭川駅で普通列車が緊急停止 ATSが誤作動    (WEBニュース) 
8/12  突然加速できず列車停止 JR北海道・富良野線  (WEBニュース)

○殆ど全部外れる私の予想―遊び
「週刊誌と柔道界は崩壊が近い」
限界状況だし自壊の兆しが見える。日本柔道界は、これまでの隠しボロが隠しきれずにポロポロ出てきて、遅まきのバブル崩壊といったところ。会長交替ぐらいでは改革できまい。スポーツ界の多くが似たような体質を持っていると、私は疑っている。柔道がオリンピック種目からはずされるのは、次の東京以外のオリンピックのときには間に合わないが、その次辺り。ボクシングも一緒に。

また、スポーツ自体が全体として限界に近づいているから、誰もかもお金にならないように大改革すれば本来の健全なスポーツ、オリンピックに戻れるかもしれない、というのが予想、いや夢。お金とスポーツは本来相性が合わないはず。

大津波と原発事故発生当時の、特に「週刊現代」の活躍には刮目したものだが、あの姿いずこ!? ごく最近のポストも文春も新潮も、もう破れかぶれのでたらめ。セックスとマッチポンプ・スキャンダルと皇室ダネに頼っていては―女向け週刊誌も一蓮托生―命数が尽きる。何か勘違いしているみたい。ヘンだよ。――早くくたばって欲しいなぁ、ねぇ。大新聞系の事情は知らない。そちらはもつのだろうか。
                                          おわり

                             美原だより13-08-09へ