13-08-05(2013年 第34号)  
○JR北海道の事故
読者からご意見が寄せられた。GLAY公演の7/28日、雨でJRの特急が運休となり、稼ぎどきにチケット代払い戻しに追われた「対応」を冷やかしたところ(「美原だより」第33号)、ある読者が「すべて『JR対応の拙さ』と断ずるのは気の毒ですよ」といわれた。ごもっとも。
ただ、私の文はそこから次のように続いていた―「事故続きの体たらく」「モラールの低下と相俟ってこれからもジリ貧まちがいなし。…」
で、上記のご意見はその通りとした上で、「事故続き」について、ごく最近の北海道新聞の記事見出しに限って列挙し、「体たらく」と「モラールの低下」の一端を見てみたい。
おもしろいように出てくるJR北海道の事故、の量である。
おもしろいように出てくるJR北海道の記事、を紹介する。

7/31   運転士が覚せい剤 使用容疑で逮捕 特急や快速担当 JR北海道      
7/31   覚せい剤「信用失墜」幹部ら沈痛、謝罪 JR運転士、使用容疑         
7/31   局地的大雨で特急など遅れ 根室線、花咲線                   
7/31   信号トラブル 運休、部分運休 函館線、留萌線           
       利用者「ぞっとする」「命預かる自覚を」 野球部が大会辞退         
7/31夕刊 「数年前から覚せい剤」 道警 勤務先を家宅捜索 JR運転士          

8/1   危機意識 緩み深刻 整備ミス/原因部品を紛失/運転士逮捕 JR北海道    
8/1   金属疲労で部品破損 鉄道総研が原因分析 点検ミスの可能性も       
8/1   特急運行再開10月以降 札幌―函館など計14本                 
8/1   乗務予定前日覚せい剤 容疑のJR運転士供述                  
8/1   釧路、帯広両市に減便・減速を説明 JR部長                   
8/1   覚せい剤使用とは驚く 運転士逮捕 社説
8/1   「(覚せい剤使用が事実なら)多くの乗客の命を預かる仕事に最もふさわしくないのはいうまでもない▼不祥事が噴出してやまないJR北海道の病巣、病根は、どこに潜み、どこまで深く根をはっているのか。…徹底診断と根治手術のできる名医はいずこに。」 卓上四季    

8/1夕刊 不明部品JRが紛失か 業者への発送記録なし 昨年9月の北斗トラブル   
8/1夕刊 整備ミス ナットに緩み JR北海道 7月「とかち」発煙              

8/2   ナット締め忘れか エンジン整備 詳細記録なし 「とかち」発煙          

8/3   乗務員ミスも続発 駅通過、急停止で乗客けが…7月4件            
8/3   北斗の出火解明対策会議設立へ                        

8/4   函館線普通列車 ブレーキ不具合 4本運休               

東京地域ほかの新聞ではこれほどの扱いにはなっていないと思い、あえて並べたわけで、他意はない。ただ、私の実感でも、特急のスピードの無理さ加減は見当がついたし、線路の保全も不安だし、職員の士気の低下はその態度などで知っていた。いいたいことはまだあるが、今回は見出しだけで見当をつけてもらうこととし、記事内容には触れないでおく。

○図書館で映画(DVD)  8/4
函館中央図書館にはAV・パソコンコーナーもあり―各地のそれも同じか!?―そこで初めて映画を見た。懐かしくも古い「青い麦」(原作コレット)。これを見るのはもう10回ぐらいだろうか。そのせいか監督の名前もすらすら出てきたし、ラストシーンの、親が遠くから呼びかける声―「フィル エ ヴァンカ」(フィリヴァンカと聞こえる。フィリップとヴァンカ)も覚えていた。思春期少年少女の恋と性の心理(目覚め)を描いた名作。また、随所にフランスとの文化のちがいが出ていて、参考・勉強になる作品だと私は受け取っている。
あてずっぽうに比較すると、この監督クロード・オータン・ララとウイリアム・ワイラー(「ローマの休日」)の小技(細部描写のセンスと巧みさ)は抜群。ふと、ジョン・フォード「駅馬車」と黒澤明「七人の侍」が思い起こされた。

○入れ歯の型取り  8/3
2回目の型取りが済んだが、技工士のお盆休みで仕上がりが遅れ、月末まで前歯で噛む食事が続く。早く両奥歯で噛みたいとじれている。

○温泉のハシゴ  8/2
ガ・フレ運転のレンタカーで温泉ドライヴ、温泉のハシゴ。
鶉温泉で湯上りに中華料理を食べようと思ったが、早く着きすぎ、開店まで1時間以上あったので予定を変え、その先の江差に向かい、途中のきのこ直売所でしいたけを買い、厚沢部の道の駅で野菜を買い―きゅうり・いんげん・なんばんと三升漬、それから地図で見つけた初めての温泉「ぬくもり(温泉)保養センター」に入ってきた。そこは主に高齢者を対象とする江差町営温泉だが一般の人も入れる。源泉掛け流し。熱めだが泉質はとてもいい。浴場は大きくないが、こぎれいで気持ちがいい。私は気に入った。        →

鶉温泉に戻る手もあったが、これも初めての道をとることにし、上ノ国から木古内に出、それから南下して知内に向かい、例の川波食堂でカキフライを食べた。先月11日に食べたばかりだったが、その日も旨かった。手打ちそばも食べ、ビールも飲み、超満腹となった。それから知内の「こもれび温泉」に入ってきた。ここでもトマトを買ってきた。(温泉施設の多くに野菜などの直売所があり安く買える)

○ピアノレッスン  立会い3度、温泉・立ち飲みも3度
田中真知子さんは函館滞在中に3度函館市公民館のピアノを借り、1回当たり約4時間レッスンし、私も付き合った。音符が読めないから楽譜めくりもできず、そのくせ左後ろに椅子を置き、まるで先生みたいな位置でじっくり聴いた。モーツァルト主体の日、ショパンの日、ベートーヴェンの日とでもいうように選んでいた。シューベルトやバッハもあってレパートリーは広い。
ピアノが終われば谷地頭温泉。湯上りには古西酒保・酒店でビールの立ち飲み。
最近出てきた腹は固いからもう凹まない型ではないか。ジーンズのときのベルトが臍の下になることがある。あれはカッコ悪い。
                                        おわり

                             美原だより13-07-30へ