13-07-30(2013年 第33号)  
○桂墨会第11回作品展   7/26  NHKギャラリー「彩」
       
         左は桂墨会代表山岸桂華さんの作品。隣りは小学6年生の作品

教室の生徒さんの作品発表に桂華さんが特別出品したかたち。先生張りの活きのいい大胆な作品がたくさんあった。自由な雰囲気も感じられ快い。

○「マルシェ」の自由海鮮丼
その足で自由市場に行って食事。市場でイカを指定、その刺身を「マルシェ」に出前してもらって食べた。どんぶりは自由海鮮とし、ウニ、マグロ、イクラ、ホッキを入れてもらった。旨かった。

○GLAYの函館公演とJR  7/27、28
もちろん、行かなかった!? テレビもないし、新聞を読んだだけだが、この人気バンドのライブは2日間で約5万人をを楽しませたとある。

天気には恵まれなかった。2日目の28日は一時雨が激しく降ったし、函館―札幌間のJR特急が終日運休となった。
そのため、代替バスは民間バス会社が増便して対応、JRのほうはお客さんを乗せて稼ぐハイシーズンの函館最大のイベントの日に、チケット代払い戻しで「対応」するお粗末さ。事故続きの体たらくと雨で散々、もいいところ。モラールの低下と相俟ってこれからもジリ貧まちがいなし。国鉄分割の後遺症は北海道に大きい。

○野間宏と大岡昇平の読み返しいくつか
ふと戦後文学が読みたくなり、図書館で借りたりしていくつか読んだ。文庫で野間宏の「暗い絵」「顔の中の赤い月」「残像」「崩壊感覚」「第36号」「哀れな歓楽」、大岡昇平の「野火」「俘虜記」。
いろいろ思い出したり、あれこれ考えさせられた。「暗い絵」を除けば、みな「戦争小説」。これらについて、ひと言つぶやけば、戦争は終わらない…。
それらをからめた感想などは書かない。読み返した、とだけ書いておこう。

ただ「慰安婦問題」としてはこんな一行があった。「兵隊のあの食欲と肉欲を中心とした生活。…事務的な性欲処理と不潔な大陸の慰安所風景…そして戦友達の幾多の強姦の場面…」(野間宏「残像」)。
また、「野火」の人肉を食べる場面は、記憶があいまいになっていたが、はっきりした。

「暗い絵」冒頭の悪文!?は、いまも読みにくい。しかし、昔初めて読んだときの「密度」はいまも感じられた。ブリューゲルの、実際にはない絵のことだが、こういう書き出し。それを引用してこの項おわり。

草もなく木もなく実りもなく吹きすさぶ雪風が荒涼として吹き過ぎる。はるか高い丘の辺りは雲にかくれた黒い日に焦げ、暗く輝く地平線をつけた大地のところどころに黒い漏斗形の穴がぽつりぽつりと開いている。その穴の口の辺りは生命の過度に充ちた唇のような光沢を放ち、堆い土饅頭の真中に開いているその穴が、繰り返される、鈍重で淫らな触感を待ち受けて、まるで軟体動物に属する生きもののように幾つも大地に口を開けている。そこには股のない、性器ばかりの不思議な女の体が幾重にも埋め込まれていると思える。どういう訳でブリューゲルの絵には、大地にこのような悩みと痛みと疼きを感じ、その悩みと痛みと疼きによってのみ生存を主張しているかのような黒い円い穴が開いているのであろうか。遠景の、羞恥心のない女の背のようなくぼみのある丘には、破れて垂れさがる傘をもった背の高い毒茸のような首吊台がにょきにょき生えている。そして長い頸と足をもった醜い首吊人がひょろ高い木の枝にぶらさがり、長く伸びた爪先がひらひら地の上に揺れている。その傍には、同じように背の高い体の透いて骨の見える人々が長い列をつくって、首を吊ろうと自分の順番を待っている。痙攣した神経をあらわに見せる磯巾着の汚れた頭のように何か腐敗した匂いを放って揺れている叢。

○菜摘  7/30
ベランダの野菜は想定内の不出来だが、それでも少しは食べられる。3度目も小さいのを引き抜き水に浸けておき、笊にとってそのまま食べる。大根も小松菜も苦味があるが新鮮さはわかる。遊食とでもいおうか。
それにしても太陽が拝めない。北風が入る窓は開けていられない。爺にとっては涼しすぎて、思わず「寒い」という言葉が出てしまう日々。
                                        おわり

                         美原だより13-07-25へ