13-07-25(2013年 第32号)      
○札幌「菊鮨」  7/17
札幌の夜のいっぱいは決まっていて、京城屋の焼肉でビール3杯と濁り酒、ビッグジョッキで黒生4杯とフライドポテトだが、今回は大出先生と大津さんと田中真知子さんとで寿司を食べることにした。ネットで検索し、当たりをつけ、初めての店に飛び込んだ。それが私に言わせれば大当たり。4代続く老舗ということもあろうが,私の齢の積み重ねによる勘もあって、全体がいい。いい寿司屋といいたい。たった1回だから、太鼓判とは言い切れないが、次の札幌の一夜はここにするつもりである。値段もリーズナブル。(16日夜は京城屋、17日昼はビッグジョッキ)

大出先生の前立腺がんがやや心配だったが、その夜はおまかせの握りを完食された。終わってその場でいただいたお手紙を読むと、6月末、5日間にわたって尿からコアグラ(血塊)が出たということだった。はじめの3日間は1日に1個だが、4日目の第1回は2個、2回目は数個。そこで峠を越し、5日目は1個、そのあと正常な尿に戻ったという経緯が詳しく書かれていた(実物大のコアグラの絵入り)。
来年、ローマでの世界哲学会? の論文発表に備え、これからは「尿とりパッド」を使用することにしたとあったが、7月9日と11日の2度、落語をこなした、とも書いてあったので、実際はまだまだお元気。

○シャガール展  7/17
道立近代美術館で1300エンを払って見た。「…後半生に手がけた記念碑的作品に着目」し「第2次大戦後に手がけた多様なジャンルの作品約250点を紹介する」展覧会で、いろいろ見て楽しんだ。
オペラ座天井画の最終下絵だけでも28点(部分も含む。作品リスト)。また、オペラ「ダフニスとクロエ」の衣裳の実物10点がガラスの大きいショーケースに立っていた。ほかに彫刻、陶芸、ステンドグラス、タピスリーなど、絵画のほかにもそれぞれが充分楽しめた。どれと特定して語るには、気に入った作品が多すぎて書ききれないが、あえて挙げれば、タピスリー(タペストリー)「サーカス」の赤、「平和」の多様な世界、、ステンドグラス「薔薇窓」の蒼と、やはりステンドグラスの下絵(第4段階)「ザブルンの部族」の赤、「二重の横顔」の青とでもしておこうか。色の饗宴。モーセの絵や皿も7点ぐらいあった。
素敵な色の洪水の中にいる気もしたし、腰をひねって踊りたい気にもなったし、一方、晩年は遊びすぎではないかと思うものもあった。

○読書会  7/19   
夕刊に紹介されていた中央図書館の読書会に2度顔を出した。フランクル「夜と霧」の第2回と第3回だった。来月からしばらくは、図書館の改修工事でお休みということなので、紹介は先にしよう。

○回転寿司  7/21
温泉仲間のランチ会は今回は夜とした。4人でたっぷり食べた。おしゃべりの中で、選挙に行かなかったという人がいた。函館市と北斗市の投票率は50%を割り、道南の全18市町で前回を下回った(道新)。選挙結果の論評のあれこれはこれから出るだろうが、いち早い小熊英二のコメント(タイトル『消極的選択の結果』22日 道新)が全体を上手に言い表していた。

●ピアノと温泉と立ち飲みとすき焼き
  7/23        亀井勝一郎文学碑 →

○谷地頭温泉再開

市営の温泉施設が民間会社に買われ、1部改修して再開された。天井などの汚れを落とし、洗い場の蛇口を1部撤去してガラス窓とし、露天風呂が見えるようにするなど、全体に明るくきれいにし、サウナと水風呂を新設したほか、休憩室を縮小して食堂に場所をとり、あちこちレイアウトを変更した。19日から営業を始め、23日(火)は臨時に営業したので入ってきた。
ま、風呂場はちょっときれいになったか、だが、食堂が場所をとり、自由休憩室が狭くなり、居心地が悪くなった、という意見が出そうな改修、と見た。

○ピアノレッスン
函館市公民館で田中真知子さんのピアノレッスンに付き合った。正午から4時間以上、休みなく弾いていた。モーツアルトの330番台のソナタを次々と演奏し、それからベートーヴェンのソナタ「ワルトシュタイン」に移った。その第3楽章は特に難しいと言う。次のレッスンは27日。ベトちゃんの悲愴、月光、熱情などが予定される。その次は8月1日。

温泉のあとは古西酒保・酒店で立ち飲み。お店の人やおなじみさんとおしゃべりしながら冷えたビールを、うっめえ、と言って呷った。
それから歩いて「あさり」まで。ちょっと上のクラスのすき焼きを注文。肉は追加した。そしてビールと酒。

○歯医者通い  7/24
とうとうぐらぐらと来た。痛くなった。下の端の虫歯が入れ歯で支えきれなくなった。
「メディカルはこだて」編集・発行の塚本さんに紹介してもらい、新都市病院の歯科に通うことにした。自転車で15分程度。北美原温泉のすぐ手前を左折すると5分ぐらいで着く。
初日は抜歯。次は入れ歯の作り直し。その次は上右の虫歯治療。その次は上の前歯の削れたギザギザを何とかしてもらうことになる。
その夜の月例宴会は欠席。歯科医から、飲んだときもし出血すると止まりにくいからと言われたので、従った。                 

○1本の鉛筆で書く反原発
実際にはキーを叩くのだが、1本の鉛筆で書くつもりで「卓上四季」を1部引用する。
昔「一本の鉛筆」を聴いたとき、しかも、美空ひばりが歌っているのを聴いたとき、なぜか衝撃を受けてしまった。途端にひばりがさらに好きになった(嫌いなところもいっぱいある)。

天声人語に倣ってだろう、道新も書き写し学習ノートを売り出した。それについては「つまらん」と思うが、24日の「卓上四季」は書き写したくなった。

「やはり、そうだったではないか。怒りを覚えるとともに、ああ、ついに―と天を仰ぎたくなる。悔しい、嘆かわしい。海が痛ましい。東京電力は、福島第1原発の放射能汚染水が海に流れ出ているのを認めた…▼5月末には…高濃度汚染水が検出され、原子力規制委も「海洋への拡散が強く疑われる」と警告していた。それでも、東電は「確認できない」の一点張りだった▼のらりくらりと疑問、懸念、批判をかわして、参院選の後に公表した…情報の隠蔽や目くらましを見抜く感度を上げたい。…▼「汚染は港湾内にとどまっている」との東電の弁明を信用する人がどこにいよう。安倍晋三首相も原発を売り歩く暇があるなら、目の前の危機から目をそらさず、収束していない事故の収束に陣頭指揮であたるべきだ。2013.7.24」

確乎たる言葉が堂々と一層強く鋭く書かれていて、キーを叩く指先に力が入った。
「卓上四季」については、「儚儚老随筆」(第15号7/9)に「この筆者はいま、放射能漏れそのままに原発を再稼動させようとする動きについて殊に、全身でぶつかっている」と書き、「美原だより」(第30号7/8)には、引用の後、「いろいろ詰まっている。熟読の価値あり…」と書いた。だから3度目の引用となる。

ところで、「一本の鉛筆」の歌は、「一本の鉛筆があれば 8月6日の朝と書く 一本の鉛筆があれば 人間のいのちと 私は書く」で終わる。絶唱と言っていいだろう。

○サムサノナツハオロオロアルキ
北海道(函館)は(相対的)冷夏ではないかと思うほど涼しい日が続いている。7/23の28.3℃から遡って順に、22.0、26.4、26.3、22.8、20.1、20.7、25.2、26.7、26.2、26.8(7/13)、25.5、24.0、26.4(7/10 この日、山梨で39.2℃)。「雨ニモ負ケズ」を思うほどだ。         おわり

                            美原だより13-07-16へ