13-07-16(2013年 第31号)      
○講談と映画の会   7/15  YWCA
「ピース缶詰」と称するYWCAの催し。荒到夢形さんの語りが2本―「グロード神父伝」「憲法成立の顛末」。
面白かったが、中身もよかったが、どちらも第1部というか未完というか、続きが欲しいお話。

グロード神父は福祉や文化で全国にも広く知られた方で、いま五稜郭で開催中の市民野外劇の提唱者であり、支援者でもあったが、今年は氏の追悼公演となってしまった。
演目の「グロード神父伝」は、ほかでも演じ、上々の評判という。氏はまたその野外劇で石川啄木役で出演中でもある。
もう1つの「憲法…」の話しは「押し付け…」という人がいるが、そうではないことを史実に照らしてまとめた労作だった。
映画は30分だったが、盛りだくさんな内容の―ドキュメンタリもあり風刺で笑いも取れる―戦争の悲惨さを改めて知る作品だった。
講談の途中、ケータイ音で話が中断されたので、私も慌てて電源を切ったが、押す力が弱かったか短かったか、やはり途中で鳴り出し、私が2度目の中断をさせてしまった。謝ってもどうにもならない…イタク反省。

○花と野菜

写真の花菖蒲をもらった。 →
やわらかく、はかなく、すぐしぼんだが、束の間、楽しませてもらった。えっ、もう、というしぼみ方だった。

ベランダの鉢の野菜は密植したままだから、食べられるほどには成長せず、観葉植物扱いで、もっぱら緑を楽しんでいる。水遣りを怠ると途端にしおれる。
鉢を1つずつ食卓に移し、鑑賞しながら摘んで食べる方法もあるが、何となく可哀相でできない。えっ、じゃあ…。

○「サンティアゴ 巡礼の道を歩いて」
           田中実穂さんのスピーチ
  7/4




「丸の内朝飯会」で「サンティアゴ 巡礼の道を歩いて」と題してお話をした。私は聴かなかったが、朝飯会だよりの上法リポートであらましを知った。紹介者は友人の氷室寿美さん。
女の1人旅という言葉があるが、その良し悪し抜きに、ご立派。メンバーの感想をいくつか紹介したい。

「960キロ、女性一人徒歩の旅。30数日何を考えながら歩を進めたのか。日本女性のすばらしさの典型…」「緊張したとおっしゃるが一生懸命さが伝わり、いい話だった。アドリブ的エピソードもヴィヴィッドで面白かった。率直で素直な方だった」「…人柄と話ぶりに好感が持てました」「型にはまった動機を敢えて求めず、自然の流れで歩く、歩く。途中何かを想いまた歩く。そして何かを得たような…」「宗教的なものを背負わず、ただ歩くということもあり、ですね。…」「…冒険心と勇気に感服」「…スゴイ経験をされた人に合掌です」etc.

○音楽中辞典
今度の選挙には興味がないので(投票には行く。念のため)、選挙公報の代わりに音楽中辞典をぱらぱら読んでいる。古本で、ネットで、定価の約半額で買ったが、安くはない。
オラトリオ「シモーヌの受難」は出ていないが、作曲家カイヤ・サーリアホは出ている。1952年生まれだから存命で、初演が2008年だから、2002年発行の辞典に載るわけはないが。
何も知らなかったが、ラジオで聴いて、シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」を、それを聴いた61年前の夜を、思い出した。あれが音楽を聴いて痺れた・衝撃を受けた初めての曲だった。この曲には共通点がある。
シモーヌとはシモーヌ・ヴェイュのこと。反ナチでレジスタンスにも参加。著書もあり、日本でも人気があった哲学者。
この選挙で、段々と幽霊に足がついてきた不気味さを感じる。憲法を変え国防軍を創設するとかいう党があるが、「徴兵制」という言葉は出しているだろうか? 戦争という言葉は?? ベツ言葉―言い換え、きれい言葉は危ない。
言いようだが、長生きすると「おもしろいこと」に出くわす。

○鶉温泉の中国料理  7/11
今回の温泉ドライヴは江差へ向かう途中のウズラ温泉。ちょうど1時間で着く。ここは3回目くらいか。
緑の中をドライヴした。空気が旨い。ここの中国料理がまた旨い。酢豚の定食とピータンと餃子とビール3杯で満腹。というより、食べすぎ。帰宅してすぐ昼寝。 

        
               緑のブナ(秋田との県境)  中屋雅義
    「りらく」7月号から転載
                                            おわり

                        美原だより13-07-08