13-07-01(2013年 第29号) 
ようやく暖かくなったので外に出たくなり、どこかで少しでも声を出したくなり(声を出さない日がある)、たまたま目にした講演会に―夕刊のコーナーに催し物などの予告が出ている―行ってみた。どちらもいい講演会だったので、簡単に紹介・報告したくなった。

講演会2つと温泉の1日  6/29
その日は午前と午後の2つ。
○「戦争と文学者たち―開戦から敗戦までの日記を読む」西堀滋樹  函館YWCA
いい講演だった。資料も充実。勉強になった。
開戦の日の文学者の日記や敗戦の日の文学者の日記があった。ポイントにはサイドラインが引かれていた。
開戦の日は、たとえば高村光太郎「おのずから身うちがしまり…頭の中が透き通るような気がした。…世界は一新せられた…」坂口安吾「涙が流れた。言葉のいらない時が来た…」徳川夢声「身体がキューッとなる感じで…」。ほかに伊藤整、火野葦平、横光利一、島木健作、そして彼らと異なる永井荷風の日記。

敗戦の日の日記としては、夢声、高村のまたの感激ぶりや、海野十三、内田百閨A大仏次郎、山田風太郎、高見順ら。ここでも彼らと異なる永井荷風の日記。

レジュメは@なぜいま「平和と憲法」を語り合うのかA「足元にある戦争」に目を向けるB戦争体験のない私たちが抱いてきた疑問。

最後のほうで氏は「井上ひさしの言葉をつたえたい」として(1)人間がつくりだしたものは、人間によってつくりかえられる(2)「わたし」を主語にする生き方をしよう(3)「希望としての笑い」やユーモアを大切にしよう、を上げた。

「平和と憲法をめぐるトークシリーズ 第1回」とあったから、これからも続くよう。行ってみよう。

私は、戦争は終わらないものだと感じ考えているところ。日中戦争を仕掛けてから(満州事変1931、盧溝橋事件1937、ノモンハン戦争1939―村上春樹は「ねじまき鳥クロニクル」で取り上げた)、第2次世界大戦(太平洋戦争1941〜1945)で敗れたあとも、まだ日本国は主権を持たず(卓上四季 6/15)、某国の属国(扱い。副島隆彦ほか)である。講師のいう通り、いまも「足元にある戦争」。
ここからどのように進めるか。

いま、「現代の代表制は民主主義を実現しない」といわれ、これからは、国家「統治のかたちを、コミュニケーションのあり方を通じて変え、市民による統治へ」と主張するイタリアの哲学者ネグリがおり―(朝日4/9)、また、いまの日本は「事実上、議会制の機能不全だから、…思考停止と『お任せ』を脱し、(いろいろ)語り合おう…知恵と合意は対話からしか生まれない」小熊英二(朝日4/25)という時代に入った。

○「まだ続けるのか、原子力発電―人類の未来への責任を考える」
           ―上山修平牧師(横浜海岸教会)  日本キリスト教会 函館相生教会

これもいい講演だった。膨大といっていいほどの資料とレジュメ。主として放射線の恐ろしさを科学者として科学的に教えてくれた。煩をいとわず項目だけ書き出すと、

T 放射線の恐ろしさ
 1放射線に関して
  1)やっと百年 今なお全てが分かったわけではない危険性
  2)しきい値のない危険性 ゼロになるまで存在し続ける危険性
  3)「宝くじ」型障害 集団で考えなければならない危険性
  4)生体内濃縮、内部被害が問題 身体の中、細胞近くでの危険性
  5)20世紀の自然界初登場 昔はなかった人工放射性核種の危険性
 2 国際放射線防護委員会の問題性
 3 日本に原発を作ることの無謀さ
  1)「地震付き」原発 ―石橋克彦の表現
  2)全原発停止では? 現在の原発に建設許可を出した「原子炉立地審査指針」
  3)危機一髪だった柏崎刈羽原発事故
U聖書から見えてくる問題
V展望と課題

マスメディアでは知ることのできない本質的なこと、知られていない=忘れられていた事柄にも触れてもらえた。

原発災害についてはたくさんの問題が噴出しているが、放射線障害については、ともすると、つい、先のことだからワカラナイとかいって、ないがしろにし勝ちではないか。原爆被爆や水俣病などの長期にわたる未解決の経過を知りながら、原発放射線の危険性についてのあいまいな対処ぶりが気にかかる。なんとかなるのではないか、みたいな軽視態度。上の項でも触れたが、早いあきらめ=「思考停止」と(まだある"お上"に)「お任せ」=丸投げ=逃げの日本人的性格!?―なんて言葉が出そうになった。

牧師である講師は、いま求められている「キリスト者の発言」に応えていたと思う。
高木仁三郎や姜尚中の名も出た。

○北美原温泉
帰宅し、ひと休みしていて、ふと、温泉に行こうと思い立った。いい湯だなあ、だった。
その日は自転車で3往復したことになる。

○デモ行進に遅刻  6/30 
「ストップ大間原発集会&ウォーク」(バイバイ大間原発はこだてウォーク実行委員会)
翌日の新聞見出し。「大間原発賛否、各党に聞く 市民団体、函館で集会」(朝日)、
「市民団体が質問 4党中止・凍結明言 民主・共産・社民・みどり 自民、明確にせず」(道新)
記事から―「…約150人が参加」。

その日の午前は「第101回箱館歴史散歩の会・電車開通100周年とバスゆかりの地巡り」があったが、あいにく宅急便の再配達と友人がサラミなどを持って来てくれるのとがかち合って、参加できなかった。

で、午後のデモに参加したが、日曜日はバスの運行が少ないので、団地前の「赤川通」停留所から2つ先の「亀田支所前」まで歩いて「函館駅前」行きに乗り、「五稜郭」で市電に乗り換え、「千代台」で降りるコースをとった。
と、窓から、電車通りをデモ行進しているのが見えたので、手前の「中央病院前」で降り、逆方向に追い、行進の途中から最後尾について歩くことになった。

そこに友人のkさんがいたので原発と関係ないおしゃべりをしながら歩いた。信号のある交差点ではいそがされるので、彼は私に、走れるかと訊いてくれた。すぐ心臓がパクパクするけどね、といって早足にしたが、警官たちは私に迷惑そうな顔をしていた。意地悪な交通規制が仕事だから同情したが! デモ規制に近い仕事の顔だった。

史跡・五稜郭の広場であいさつ=訴え・決意・激励などがあり、そこに前日の講演会で顔を合わせたNさんがおり、Kさんが彼のところまで連れて行ってくれたのであいさつできた。集会の中には友人・仲間が数人いた。女だった(顔見知りの男はほかにはいなかった)。


日付順にはならないが、以下に遊びの報告2つ。
○温泉ドライヴ    6/27
今回は北斗市のせせらぎ温泉。いい湯だった。ランチは自由市場内の「マルシェ」。イカとつぶの刺身を出前してもらい、3人で食べ、私はビール3杯。彼女らはそれから自由海鮮丼。好みのものをトッピングできるというので、マグロとあわびとウニを注文していた。

○ランチ会の夜の部  6/25
ランチに代え、たまには夜の宴会としようと、魚一心で、刺身盛り合わせとおでんとお新香でたっぷり飲んだ。別注文の活イカは皿の上でいつまでももだえていた。唇に吸い付かれた。
それから彼女らはカラオケに行ったが、私はモノの整理もあるので早く帰った。

○夏の間の片付け仕事  6/23〜
家の中の汚れ落としと押入れの中に突っ込んでおいたままの資料の整理。寒くなる前に済ませたいと思って―いまから!?
布団を干すのも、冬の外着を干すのも仕事。快晴の23日、ベランダの手すりをきれいにしてから、客用の敷布団2枚と掛け布団をぶら下げた。布団カバーも洗濯して干した。クリーニングに出さない外着も数着あり、ハンガーごと物干し竿に吊るした。陽光で、手で触ると熱いほどになった。いまでいう除菌にもなったろう。ついでに南側の網戸を拭き―雑巾がまっ黒になった―硝子戸を磨いた。

翌日からは紙の資料捨て。これが大仕事になった。まだ続いている、いや、始まったばかり。
ここにホームページコピーの送り状(郵送する方宛)を転載させてもらおう。

「モノの片付け・整理を始めた。まだ始まったばかりだし途中でイヤになるかも知れない。何をどう始末するか、「思想」がないともたつくことに気づいた。断捨離行をやる程のことはないだろうが、捨てるときの悩み・迷いに統一性がない。モノといっても、本や新聞・雑誌の切り抜き、友人・知人の著作とか、「知の巨人」の説・論・考・評などは勉強資料、物書き資料で、いつ利用するか分からない、と考えると手が止まってしまう。そこは叱咤し、だいたいエイヤッで捨てているが。一段落したら次は正規の遺言作成。間に合えばいいが―片付けと遺言の両方。6/26  阿部審也」

新聞を読んでいたら、星占いのおとめ座の人の今週は、「過去の整理が運気をアップさせる。現在のあなたにとって邪魔になるような古い品物や思い出は捨てるべし…」とあった (6/23 道新)。
その夜はまた、満月ときた。サクセスムーン…関係ないか。
                                        おわり

                             美原だより13-06-23へ