13-06-22(2013年 第27号)
                      (この号、言葉遣いがまちまち、失礼します)
○緑の大沼湖倒影

大沼にはごぶさたしています。これはHさんが撮った1枚。転載させてもらいました。水面の下の緑をご覧ください。私は倒影が好きなのです。 6月上旬。 

     

○いい時期   勝手なことを言います。すみません
函館が(束の間の!?) いい時期です。まず、虫がいない。電気機器が要らない(クーラーも扇風機も)。太陽が怒らない。空気が膨らんでいない。

触覚―どこに触っても適温という嬉しさ。五感の中では嗅覚と味覚が衰えたが、聴覚のほうは、亀田川沿いをサイクリングしているとき聞こえる鳥の声(ギョギョシギョギョシなど)に口笛で合わせたくなったり、、視覚のほうは、日々に変化する緑が目に痛いほどに鮮やかだったり、といったふうに。

○誤字
誤字脱字はなくならない。「校正おそるべし」という本があったくらいだ。私のホームページにもたくさんある、と断わっておいて、最近、友だちからメールがきて、それで教えてもらったまちがいを紹介しよう。

「…『前膣線がん』は、PSA 0.01でほぼ完治。友人が『前膣線がん』→『大腸がん』→『肺がん』と1年ほどの間に3つも大手術をしたことに比べれば、早めの治療が功を奏したのか、症状が軽かったのか、ラッキーでした」。
彼はすぐに追っかけて、「『前立腺がん』を『前膣腺がん』と誤入力していました。思い出すのは、資生堂の広告で「お肌のお手入れ」を「お股のお手入れ」とした事例、三越の広告で「ダイヤの指輪 ¥1,350,000135万円)を¥135と掲載。この広告を持参した客2名に135円で販売、急いで訂正広告したことetc.」。


そんな癌は聞いたことがないから、また、キーボードのritiは隣り合っているから、変換ミスとすぐ分かったが、広告の間違いにはニヤニヤしてしまった、うまくやったなぁと思った。

○漱石の「股の根」
上のようなミスを教えてもらったあと、漱石を読んでいて、こんな文章に出会った。
「…自分は黙って森を目標(めじるし)にあるいて行った。田の中の路が不規則にうねってなかなか思うように出られない。しばらくすると二股になった。自分は股の根に立って、ちょっと休んだ。「石が立ってるはずだがな」と小僧が云った。なるほど八寸角の石が腰ほどの高さに立っている」。夢十夜―第3夜

―私のいやらしさが出たのだが、偶然にしろ、「股の根」と「石が立っている」が隣り合っていたので、うっかりニヤニヤしてしまった。

○漱石の美術世界展図録とあるブログ
「美原だより」を読んだ1人から、(私が)この展覧会を見られず嘆いているようなので、ある人のブログを紹介する。特別許可を得て写した展示の写真があるのでご覧くださいと、全体に丁寧な文章で書かれたメールをもらったので開いてみた。
そこには特別内覧会に招かれ、自由に撮影した写真がたくさんあったので(会場、陳列ぶりなど)、まるで見てきた気分になれた。しかも一方で、展示作品と解説などは、もう1人の読者から「図録」を送って(貸して)もらって、いろいろ見て・読んで・じっくり楽しんでいたので、もう充足・満足した。そしてさらに、これらに刺激を受け、漱石作品を拾い読みすることになった。「夢十夜」もその1つ。

○まだ途中ですが…春樹の5作目
漱石を楽しんでいたので、春樹の「ねじまき鳥…」はようやく第2部に入ったところ。第1部もおもしろかった。ノモンハン戦争の場面だけでも素晴らしい。第2部は、妻が家に帰ってこなかったところから。妻がある夜突然帰宅しなくなったとき、夫はどうするか―早く読んで、早く紹介・感想を書きたいが、第3部まである。

○株相場と夕刊の限界 6/21
締切時間が、下がっているときだから、下のように、しょうがない見出しになった。

「米緩和縮小で同時株安 東証一時300円超 NY353j」 道新夕刊見出しは大幅な値下がりだが、終値は大幅に値上がりした。

日経平均の日中値幅(高値と安値の差)は627円と、13日(634円)以来の大きさ」―では、ね。

これについて他紙のコメントは、「市場では、後場の一段高は投機的な動きだろうが…」と見ている。また「投資家の間では、株価の乱高下に対する警戒感が根強く、当面は不安定な値動きが続く可能性がある」と。

株相場は、投機筋から弄ばれていると見るのがいいのではないか。メディアは乱高下とかと表面現象を弄んでいるが、心配性の私は不気味な将来を悲観している。経済の実態を反映しない単なる賭けの対象かも、と。いまや競馬の派手なレースみたいな扱い!? そしてそのあとに来るものは―。

○「天声人語」も時に
口幅ったい言い方になるが、天声人語もときどきいいことを書く。6月22日の「メザシ」の話は特筆すべき名調子で、導入部から引き込まれた。タイミングもよく、内容も良く=鋭く、快哉を叫んだ。
私は齢とともに、この名コラム筆者の技量・レベルの低下傾向を疑い心配してきた。若い筆者の教養その他に不安を持つことがある。しかし、さすがだ。まだまだいい筆者がいるものだ。―筆写するつもりはないが。

○稲辺智津子の人形
この写真を見たショックが収まらず、なんとしても見ていただきたく、写真部分だけを急いで切り貼りし(不体裁。1部欠損)、コピーし、こっそり掲載させてもらうことにした。
「儚儚老随筆」第14号(2013年6月17日)に文章で紹介したが、せめて写真ででもご覧くださるよう(実物は私も見たことがない)、あえて―
             ▼ ひかり
     
      ▲ 「大志」(左側が欠けた)     ▲ 「愛々」(タイトルが欠けた)

                                  儚儚老随筆13-06-17へ