13-06-11(2013年 第25号) 
○金原亭駒与志の落語  函館元町寄席         6/7  函館元町ホテル
「ひとり会」で、出し物は2つ。最初は新作「よびだし」。それからウクレレ漫談(海老レレ憲一)が入り、中入り後に「唐茄子屋政談」。
おもしろかった。うまかった。よく考えて演じていた、と思った。頭のいい人。
この寄席は東日本大震災義援プログラムとして開催されたが、いい噺しだったので、終わってから木戸銭1000円を追加してきた。

○芸能ニュース
政治がつまらないので芸能ニュースが目に入った。
まず、参院選挙より面白そうなAKB48の総選挙。6/8。
1位になった指原莉乃について、スキャンダルや怪情報がネットに出、また、2位以下の敗戦の弁がいい子すぎたりしたが、なにしろ7万人ものファンが横浜のスタジアムに入ったのだから大したもの。いまが最盛期で、やがて(間もなく)消えるだろうが、このニュースは朝日・毎日・道新も取り上げた(3紙だけ読んだ 6/9)。毎日紙は取り上げたことについて、「他社の紙面が気になる」と書いていた(ニュースのとびら)。私の好きな篠田麻里子は「卒業」しちゃうらしい。

次は「函館GLAY狂想曲」(新聞見出し)。「チケットの争奪戦が加熱」「宿足りず札幌、登別泊も」(同上)。私は何も知らないのでコメントできず。ライブは7/27・28 函館「緑の島」で。

次は「YOSAKOIソーラン」。新聞見出しは「北海学園大が大賞」。準大賞は北大"縁"、優秀賞に伊原水産&北星学園、北海道医療大学、藤・北大&ホンダカーズ北海道など、大学が多い。大学生がねぇ…この祭りについても殆ど何も知らないのでコメントできないが、以上3項とも若者のニュース。ま、元気なことはいいことだ、か。6/10

次はアンディ・ウォーホルのステテコ。ユニクロの店員に推薦され、特売の和柄コーナーの1つを買ったらレシートにアンディ・ウォーホルステテコとあった。折り畳まれていたので、ワガラかどうかワカラナイまま買った。なかなかしゃれている。彼はモンローの顔から拳銃、靴ほか、何でもありだからステテコ程度におどろいてはいけないのかも知れない。790円(たとえばタケオキクチのハーフパンツとなると3990円―丸井今井)。6/8

なお、GLAYについて付け加えると、彼らの公演のため函館市は上記「緑の島」を整備し25,000人を収容できる多目的広場にした。20年来、そこに水族館や大観覧車を作るなどの話があったが「…その決着をつけたのがGLAY」(道新)。彼らのおかげでいい結果が出た。

○衣更と夏仕様
押入れの茶箱を2つ引き出し夏物と冬物を入れ替えた。これからクリーニングに出す冬物は金額がかさばりそう。汚れたものも混じっていたのでついでに大洗濯となった。独り主夫はタイヘン。6/11

い草の上敷きを買い和室の籐椅子2脚の下に敷いた。近づく夏の昼寝は、畳上の大の字型か籐椅子リクライニング方式?!になるはず。6/8

ダイニングと書斎の境の襖を取っ払って、代わりにレースのカーテンをぶら下げた。パソコンに向かったとき、流しや皿・丼などが目に入るので、そのときだけ遮ろうというわけ。ミニコンポの音も、襖にはね返ることなく通るようになり余程音がよくなった。6/8

11日の最高気温24℃(函館)
「5月までの低温と天候不順から一転、6月に入ってからは記録的な好天続き」で…函館の上旬の日照時間は最長記録(6/11 道新夕刊)。しかも、この「爽やかな初夏は今後数日続く見通し」。

○「バカな研究を嗤うな」藤田紘一郎著
「メディカルはこだて」5月号(季刊誌)の編集後記は本書の紹介だけ。力の入った好意的な書評。その紹介を紹介すると、著者は寄生虫博士と呼ばれ、寄生虫によるアレルギー抑制説を唱えているひと。関係学会等からバッシングを受けてきた経緯を持つ。
末尾の文は「いまや日本は、ウンコやバイ菌や寄生虫などのきたない存在を許さない『キレイ社会』を作ってしまった。それが子どもたちにアトピーや喘息を生み、若者をいびつなものにし、うつ病で苦しむ、世界でも有数の自殺の多い国にしてしまったと嘆く教授は、キレイ社会が導いた悪の側面をこれからも伝えつづけていく」。                              おわり

                             美原だより13-06-04へ