13-06-04(2013年 第24号) 
      
                 初夏のおだやかな農村風景   2013-06-02
6月2日 ホテルひろめ荘へ連れて行ってもらい、ランチバイキングと温泉とライブ演奏を楽しんだ。毎年6月第1日曜日に地元(大船遺跡に近い大船町)中学生の吹奏楽と地元「ベンチャーズ」の演奏会があり、食べ放題ランチと温泉入り放題という催し。高瀬さんの運転で、夫人と大沼レイクハウスの住人澤田さんと私の4人で出かけた。毎年紹介しているので、今回は帰途のドライヴ途中の風景写真を1枚だけ。

○史跡 四稜郭   6/3

      口から出るのは陳腐だがこの名句 夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡  芭蕉
      
  
   


「空堀に囲まれ、規模は東西約100メートル、南北約70メートル、周りには幅5.4メートル、高さ3メートルの土塁が巡らされ、土塁の周辺には幅2.7メートルの、深さ0.9メートルの空濠が掘られている。四隅には砲座が配置されている。南西側に門口があり、その後方に幅0.9メートルほどの通路が設けられている。郭内には建物は建設されなかったようである。面積約2万1,500平方メートルを有する。4つの突起を持つためこの名がある。別称は、新台場、神山台場、新五稜郭などある。
…堡塁としては脆弱であり、立て篭もるには手狭で井戸等の設備も存在しなかった。星形要塞であるものの、じっさいには野戦築城に近いものである。→
    航空写真 撮影年月不明 (この項ネット検索) 


サイクル散歩を楽しんでいるが、この四稜郭への上り坂はきつかった。ギアを変え、えっちらおっちらこぎ続けた。帰りはブレーキをかけながら下りる程の坂。
史跡であり、新しいトイレが建てられていたが、そちこちの看板は「ごみを捨てないでください」

初めてのコースを適当に走り、五稜郭に至ったので一周、途中で、歩いている英太さんと出会った。翌4日も同じようなところで会った。歩く運動と走る運動。いまは緑の美しいとき。日ごとに美しくなるとき。

同じ今日付で儚儚老随筆も更新した。とうとう「羊をめぐる冒険」を読んだ。その紹介と感想。
なんと次も村上春樹。「ねじまき鳥クロニクル」―文庫で3冊。いただいた図書券で買った―言い訳染みている。
                                        おわり

                            美原だより13-05-29へ