13-05-29(2013年 第23号) 
○ガ・フレがしばらく滞在したときのあれこれ―近況報告 つづき
・25日は、大沼レイクハウス=セカンドハウスの掃除。じつに7か月ぶりの訪問!?で、汚れ具合が心配だったが、まぁ、それほどひどくはなかった。風を入れ、押入れの中の布団や台所の洗剤・調味料などの不用品を捨て、冷蔵庫をきれいにし、掃除機をかけてきた。夜具1組は残してあり、調理器具や食器なども揃っているので、すぐにも住めそう。そして、居抜きで売りに出してもいいと思うようになった。100万円でどうだろう。520万円で買ったのに「温泉つきリゾートマンション」とは言えなくなったので価格は暴落。しかも、中古品に15年間住み、築40数年? なので、それほどのお勧め品ではない。最近の売却価格も不確実だが、100万円で売ったという人もいれば、70万円という人もいるという噂。

その日はレンタカーだったので、ついでに大沼湖畔を一周し―クルマの往来は少なかった―「沼の家」で羊羹とだんごを買い―辺りはひっそり感―、それから反対方向というか、遠く知内の「こもれび温泉」まで足を伸ばした。風呂上りにビールを飲みカキフライを食べようと思ったら、「川波食堂」の昼の営業時間は終わっていて、空腹のまま函館市内に戻り、「とんき」でとんかつを食べた。
遅いブランチのあとは「六花亭」でコーヒーとチーズケーキセット―今月の提供品とかで、美味しいのだ―をと思ったら、そこも1分前の5時で営業終了。がっかりして店内に立っていたら、「いらっしゃいませ」という声。なんと、前日行った自由市場のレストラン・喫茶「マルシェ」のマスター。店内売り場で、大声で笑ってしまった。レジのところにいたママさんがその声で振り向いたほど。

まだ時間があったので、赤川のなお北の函館未来大学のキャンパスを見てきた。建物は、うまく言えない設計・外観。市内から遠いが自然環境はいい。眺望も素晴らしく、眼下に市街と海と函館山。「四季の杜」公園はすでに4時で閉鎖済み。どうも、どこも、締まりが早い!?

・前日はサイクル散歩で、レンタカーの営業所の場所を確かめに出かけ、それから函館駅前のデパ地下の「ドンク」でパンを買い―高いけれど美味しい―、それから自由市場へ行った。イカ専門店で刺身の出前を頼み、「マルシェ」でビールを飲みながら待った。届けられた新鮮さ一番のイカ刺しは自然の甘さ・旨さで舌も心もとろけそうだった。あっという間にジョッキ3杯。
彼女は近海で採れたばかりのウニの1折まるまるのウニ丼を注文。追加はミニソフトなんとか―ソフトクリームプラス何か―とコーヒー。自転車の酔っ払い運転になるので、途中五稜郭公園のベンチで一休み。

・15日と19日は公民館ホールでピアノのレッスンに立ち会った。私は公民館に内緒で缶ビールとチョコレートなどを齧りながら聴いた。15日は谷地頭温泉のあと、酒保・古西商店で立ち飲み(19日は定休日)。これは報告済み。
               +++++     +++++     +++++

・友だちが焼酎「森伊蔵」を送ってくれた。去年、東京で初めて別の友人にご馳走になった高級銘柄。確かに旨い。肴は何がいいか。
 不得手といいながら、彼女は幾つかの料理を作ってくれた。カレー、ミネストローネ、小松菜と油揚げの煮浸し、ピーマンとしらたき炒めetc. 出来立ての惣菜を食べられるのが珍しく、嬉しい。ヌケヌケというが。

・ガ・フレの1人が「バンクマン」を送ってくれた。何かと思ったら500円玉の貯金箱。いろいろしゃべるのである。おもしろかったり、余計なお世話だったり、くすぐったい。まださっぱり貯まらない。新時代と時代遅れ老人―一方的・平均的な時代会話のモデルとでもしておくか―そういうものか。

・冷凍フライドポテト
じゃがいもが好きで、主食にしてもいいほどだが、洗って剥いて切って揚げての手間がイヤで、あまり作らなかった。揚げるだけでいい冷凍品があることを知り、食べてみたら自作と変わらない=ちがいが分からないし、まぁ旨いし、簡単にできるので、はまったといっていいほど。

・ハーモニカ
呼吸法を兼ねてハーモニカでも習おうかと、ネットで安物を買っておいた。彼女に見せたら、いきなり吹き始めた。初めてというのにさすが―当然か―すぐ吹ける。私はまるでなっていないし―吹いたことがないことにした―ただ聴くだけ。ずっと前から、口から音楽が出ることはないので音痴になってしまい、吹いても正しい音が分からない。慣れれば童謡の三つや四つぐらいは、という希望は持っているが、純粋の呼吸健康法にとどまるのではないか。

               +++++     +++++     +++++     
・27日、最高気温がとうとう20℃を超えてくれ、ちょっと暖かくなった。26日は15.9℃だったが、晴れたので布団を干した。

・温泉ドライヴ
28日は恒例になったガ・フレ2人との温泉ドライヴ。今回は知内の「こもれび温泉」。男・女湯が日替わりらしく、露天の浴槽は石造り(25日は檜造り)。上がって、近くの川波食堂でカキフライ定食。やや小ぶりのカキ6個(前回は大型5個)。ビール大瓶1本。気分良し。
トラピスト修道院に寄り、3人とも同じバター飴を買った。八重桜が満開だった。 →

・20日にベランダのプランターに蒔いた3種の野菜は29日現在まだ芽が出ない。失敗したかもしれない。

・暖かくなるのを待っていた懸案の仕事のあれこれをぼつぼつ始めようと思う。
先ずはカーテンの洗濯―レースのカーテンも―は実施済み。浴室の壁のカビと床の汚れ落としもやって、ずいぶんきれいになった(どちらも彼女がやった)。私は面白半分のダンボール「工作」。トイレと洗面カランの隙間に挟み込む棚を作った。2段にして洗剤入れとし、重ねたもう1つの空き箱にも洗面道具などを入れるようにした。これで、風呂場に置いていたバケツの置き場所ができたわけ。

これからは窓枠などの汚れ落としやフローリング磨きのほか、押入れの中の各種資料や写真・日記などを捨てる仕事。そしてホームページコピーの製本も、と考えているが、わずか4か月か5か月の、冬の到来前にできるかどうか。今からもうそんな心配。気象異常の世紀だから、どうなることかと。

・本読み
村上春樹のつづき!?!?と「失われた時を求めて」の両建てを予定。
後者はこれまでの紹介の続きというか、中継ぎというか、「サロン」というものを調べたいので、何冊か参考文献を買ったり読んだり。
前者はたまたま図書館にあった「羊をめぐる冒険」に取りかかろうとしているところ。

・80才の快挙
三浦雄一郎氏のエベレスト登頂成功はまったく・ズバリの快挙。79才9か月の私は大いに刺激された。元気づけられた。ヤル気を揺さぶられた。影響は大きい。
                                           おわり

                           美原だより13-05-17へ