13-05-13(2013年 第20号) 
○札幌行
8日から3泊で札幌へ行ってきた。主婦ピアニスト田中真知子さんのレッスン演奏を大出先生と大津さんとで聴いた。バッハ「6つのパルティータ 1番」、シューベルト「4つの即興曲集 3番」、ショパン「ノクターンop.9の2」「即興曲 3番」「バラード 1番」、ベートーヴェンのピアノソナタ21番「ワルトシュタイン」。アンコールは「ロンドンデリーの歌」。
 熱演だった。難曲にも長い練習の成果があらわれた。
 前回はベートーヴェンのピアノソナタ悲愴、月光、熱情という豪華プログラム。念のため。

←左から田中・大出・大津さん  
 田中さんは感動の余りの涙顔。

あと、大出先生のお宅で、全部手作りのご馳走をいただいた。
写真下は、丸麩を2つ割りにして中をくりぬいた皮に手製のカスタードクリームを詰めるという本邦初の独創的!? シュークリームを作っているところ。学問のほかに落語やこういうことまで楽しんでいるのが大出元教授。 ↓






      
○旧友とのおしゃべり
翌日は20数年ぶりにお会いしたガ・フレ2人と田中さんとの4人でおしゃべり。京王プラザホテルのランチバイキング。11時半から2時まで。
読書会での出会いとその後のお付き合いだが、会うのは久しぶり。
中村さんは「アイヌ語辞典」を制作中だし、遠藤さんは「傾聴」するボランティアで活躍中だった。
懐かしい「楓窯」の松原成樹氏の焼き物の話しから「源氏物語」など日本古典の読書歴と村上春樹まで、話しは尽きなかった。

例によって、京城屋の焼肉、ビッグジョッキの黒生飲み放題コース、「くるくる寿司」(回転寿司)もこなしてきた。                                    おわり

                       美原だより13-04-29へ