13-04-27(2013年 第18号)
○山岸桂華さん出品の書展(第27回 書法 勝游社展)  函館市芸術ホールギャラリー  4/27
右から「萬事莫如花下酔渾似夢中狂」、墨彩で「春風…」(…? 活字なし)、杜牧詩より「清明時節雨粉々」、墨彩で「千字文より」の4点。別の場所に猫の絵も1点あった。
度々登場してもらっているランチ会の彼女は5点も出品していた。エネルギッシュである。おおらかである。(最近では、2/9付「美原だより」第5号に紙上展として掲載。大谷清照さんの書も併載。ご覧ください)
    

先月、京都大覚寺で写経(般若心経)をしてから、何となく筆で字を書きたくなり、筆ペンを買って机に乗せてある。たまに封筒の宛名を書いたり、買い物メモに使ったりしている。書法も知らないからと、きちんと書かない。忸怩たる遊び。

会場は五稜郭だから自転車で15分。途中、図書館で本の借り出しと返済をしてから、濠沿いに、桜林を通り抜けて行く。一花もないのにブルーシートを敷いて花見をしているグループがあった。これもまぁ、風流というものだろうが…。近くに「六花亭」があり、この店にはいつも「花」がある。  おわり

                        美原だより13-04-27aへ