13-04-27(2013年 第17号)
○朝寝・朝酒・朝湯
会津地方の盆踊り歌「会津磐梯山」の、この順序はどうなんだろう。
朝寝坊だから起きるのは遅い。起きてから飲むのだからこれも遅い。それからの風呂だったらもう昼だ。朝湯とはいえない!?

これは順序ではなく、別々のものだろう。2つ続けることはできる。ある朝は温泉のあと1杯―朝湯・朝酒コース。ある朝は逆に1杯引っかけてから温泉―朝酒・朝湯コース。

この順序は逆ではないか、と考えた。まず朝湯に入り、上がって朝酒を飲み、気持ちよくなって2度寝の朝寝。
♪朝湯・朝酒・朝寝が大好きで♪ と唄の調子は変わらない。
順序を変えても変えなくても、この3つを続ければ身上をつぶす―これは生きた教訓だろう。

初めて朝湯に入ってきた。北美原温泉は5時から8時までが朝風呂で、12時から再開という方式。これまでは午後の早い時間に出かけていたが、自転車をもらったので簡単に行く気になれる。10分ほどで着く。その日は予報が当たり午後は雨だったので、うまくいった。帰宅し、1杯やろうか、とチラと思ったが我慢し、椅子でうたた寝。危うくフルコース。しかし、飲んだとしても、身上はないからつぶれることはない。せいぜいが酔いつぶれ。 4/24

○行者にんにくの醤油・めんつゆ漬け 4/24 
いまが旬。同じ団地の女性にいただいた。食べたことはあり、好きだが、作ったことはない。漬け方を教えてもらい、早速漬けてみた。10日ほどすれば食べられると言われた。分からない先のことでも書いてしまう悪い癖がある。せっかちというものだろう。
○回転寿司とチーズケーキ 4/25
久しぶりのランチ会、女性2人と。お昼どきなのに、多分函館アベノミクスのせいで、客まばら。話しもいつの間にか帯状疱疹とかデイ・サービスとか神経痛とか膝痛のほうへ流される。
特別提供の中とろやとろの軍艦その他で満腹。私はジョッキ2杯。      
2次会は六花亭。新企画の提供品はチーズケーキ。これは美味しかった。しかも、コーヒーお代わりつき=飲み放題で250円は安い。ドアツードアで送ってもらい、ベッドでナップ1時間。

○「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」上巻  
4/25
これも奇妙と思える題名だが、読み始めると、(まぁ)なるほど、と言える中身。そして長編。いま半分読んだところ。パラレル世界がどう関係してくるのかまだ分からない。文庫の裏表紙に「同時進行する二つの物語を結ぶ、意外な結末」とある。ま、ぼちぼち読もう。先のことだからこれ以上書くことはない。これもせっかち。

その舌の根も乾かないうちに、ちょっぴり書きたくなった。
下巻のはじめは、まるで手に汗握る少年冒険小説である―特にp31〜64。夢中になってむさぼり読んだ。65年前を思い出しながら…。

読み終わったら儚儚老随筆のほうで紹介したい。

ここで読者からのお手紙を紹介しよう。
「…村上春樹本のファンのすごさを感じました。たくさんの興味の広さと深さと探究心なのでしょうか。情熱の強さに圧倒されました。また若さに。うらやましさを感じます」。

なお、参考として読んだ小山鉄郎のエッセイ「村上春樹を読む」(共同通信社)も長い連載で、まだ続いているが、氏は以下のとおり今年度の日本記者クラブ賞を受賞した。

村上ワールド読み解き、日本記者クラブ賞 日本記者クラブ(吉田慎一理事長)は24日、2013年度の日本記者クラブ賞を、共同通信社編集委員兼論説委員の小山鉄郎氏(63)に贈ることを決めた。小山氏は、1985年から作家・村上春樹さんを取材、単独インタビューを重ねて作品を読み解くなど、文芸記者としての取材が高く評価された。(読売)」         おわり

                         美原だより13-04-23へ