13-04-18(2013年 第15号)

○温泉ドライヴ   4/16
久しぶりに―半年以上か―3人での温泉ドライヴ。乗せていってもらっただけだが!  知内の「こもれび温泉」。露天風呂に2度入り、全身リフレッシュの反応。
売店でしいたけとメークインを買った。安い。川波食堂で名物「カキフライ定食」。豪快と言いたいカキフライだった。ビール大瓶2本は、さすがに少し余した。行きも帰りも間近に海を眺めた。函館山を遠くに見た。砂浜に近い水面は春の光で輝いていた。団地まで送ってもらい、すぐ昼寝、4時間半。
前々日、村上春樹新刊本の「紹介と感想」にとりかかり、また、「丸の内朝飯会」のホームページのことで長いメールを書いたりしたので、目が冴えてしまい、殆ど徹夜。前日も不規則な睡眠―昼寝と夕寝―になったが、温泉ドライヴ当日は正常に戻り、しかも晴れ男の力を発揮し、晴れ―夜に大雨―。いい1日だった…忙中閑というほど大げさなものではない。

○ホームページ更新   4/17
春樹の「色彩を持たない多崎つくると、巡礼の年」の紹介と感想を書き上げ公開した(儚儚老随筆をご覧ください)。発売というか売れ行きは、なるほど、社会現象と言ってよいよう。リストの曲のCDにも注文が殺到したとはやされている。
私の「感想」は、相当に異色な―色彩の異なる―、しかも褒めないものだから、若い熱烈ハルキストからは「この、クソ爺」と言われそう。あ、無視か―そうでした。

○春樹をまくらのコラムから   4/17
ボストンマラソンの爆発事件について触れた数紙のコラムの中にも村上春樹は出てきた。

「新作小説が話題の村上春樹さんは20年ほど前、米国ボストン近郊に住んでいた。長距離走に親しんできた作家をとりこにしたのは…ボストンマラソンだ」と続く(日経 4/17)。ついでながら、金子兜太の俳句「湾曲し火傷し爆心地のマラソン」から書き出したのは道新(4/17)。そして、同氏の「殺し合い地獄へとどく樹の根樹の根」で締めくっている。

私は現今のいわゆる「テロ」を新しい戦争ととらえる視点が必要ではないかと考えている。戦争というものが変わったのだ。無人機攻撃も「外人部隊」=戦争請負会社も、現われるべくして現われた「新戦争」の形。宣戦布告のない、人間が表面に出てこない、機械や無名の職業人などの新しい殺人方法と殺し屋たち。一方の、聖戦という思想と名前を持つ自爆者再生産組織との争いが、繰り返され拡大するのではないか。これらは当分なくならない。21世紀は新しい戦争の世紀、戦争のなくならない世紀だと思う。傍観者として大きく言えば、人間は「欲」を抑えられず、不足する水と食料とエネルギー源を奪い合い、地球は滅びへ向かう―。

それを避けるためには、国境を越えた市民・生活者と「政治」、または、かつて言われた「個人と組織(政官財とか産官学など)」との直接対決、一人ひとりが巨大なモノにぶつかっていく形をとるのではないか。日々の暮らしと女と文化・芸術の3種がこちらの武器、勝ち道具。

大言壮語も長期予想なら当たる。外れてもこの世にいないから気が楽。聴く人がいないか・少ないのが玉に瑕。

○お断り
この号は、はじめ送り状―コピー郵送の読者向け―として書き始めたが、長くなってしまい「美原だより」に変わってしまった。送り状を兼ねたたよりです。よろしく。
                                         おわり

                        儚儚老随筆13-04-17へ