13-04-06(2013年 第14号)
○自転車をもらい走り始めた
すみ子さん(回転寿司ランチ仲間)から自転車と空気入れをいただいた。車で迎えに来てもらい、その自転車をこいで帰宅した。
翌5日、磨きに1時間ばかりかけ、きれいにし、早速、笹流れダムへ行った。ダムの下は公園で、花見の名所の1つといってよい。まだ冬期閉鎖が続いており、開園は今月27日と書いてあった。開花が早くて上野公園(東京)のような慌て方をしなければいいが、なんてぼやいて戻り、その足で「街」というか、お店のあるほうへこいだ。郵便局とイトーヨーカドーで用を足した。ハイクラス・ママチャリというか、前後に荷物を入れ・載せられるようになっているから、野菜や醤油2本、宗八かれいとほっけの開き各2尾、厚切りベーコンから大福2個まで、たくさん載せてこいだ。車道には出ず、もっぱら歩道。
次は温泉だが、5日は自重し、FM放送でドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」(約2時間半)を聴くことにした。
そしてその次は図書館行きだが、これはちょっと遠い。まぁ、焦らないことにしよう。

帯状疱疹は治ったようだが、痕が残ってなかなか取れない、と思ったら、右頬にも似たような染み。右顔面は帯状疱疹ではないから、両頬全面が老人の染みになったわけで、気づいて自苦笑。もっとも、唇の脇や顎にも痣は残っているから後遺症とも考えられ、片方だけでもまだきれいになる可能性がないとはいえない!?
帯状疱疹といえば、次のようなお便りをもらった。 

○読者から反論!?
「美原だよりNo.11号」に読者の便りを無断転載させてもらったが、その中の1つに、私の写真が若々しいとあったので「オーバー」と注をつけたところ、同氏から「…オーバーな表現ではありません。阿部さんの生活は刺激があるので心身ともに若さを保っていられるのだと思います」というご返事をいただいた。続けて彼女は、謙遜し「…今やぱさぱさの人参。真っ赤に熟した甘酸っぱいトマトのような時期もあったのに…トホホ」。そして、「京都遊び」から戻った頃だろうが「帯状疱疹は鳴りを潜めてくれていましたか。皆さんが注意喚起しているようにしつこい病です。充分に抵抗力を維持される生活を心がけてください」とあった。
また別の女性からは「…なおりましたでしょうか。とても痛くておまけに長くかかりますので案じております」というお便り。
私はまだ軽視気味。気をつけよう。

お断り・お詫びなど

表紙のカット「モジリアーニの美 1」を「2」とし「Tête」(頭部)を並べました。
 「美原だよりNo.11」冒頭の見出しが「金子兜太氏からハガキ」とあるべきを「太氏からハガキ」となってしまいました。訂正します。失礼しました。
「美原だよりNo.12」冒頭に、「私の名前」のカット写真を載せ、その下のほうに、名前の解釈を説明しましたが、「丸の内朝飯会」の吉田氏から、有名寺院の住職がどういうわけで名前を書いてくださったのか、以前から知り合いででもあったのかと訊かれたので、その経緯を書いたところ、それをここに追加したらどうかと言われたので、以下に転載します。説明不足でした。
名前を書いてくださった縁は簡単なことです。拝観=見物に行ったところ、説明つきの案内で、数人のまとまった客にお坊さんみたいなガイドがついたのです。案内が終り、売店のところに来たら、ガイドさんが、「都合のいいことに、たまたま住職さんが見えたので、何でもお聞きになってください」とかいって紹介してくれました。すると、住職が、名前を書いて上げましょうと、次々に書いてくれたので、私は手帳に自分で自分の名前を書いてから、その脇のページに書いてもらったのです。観光宣伝のようなものです。時間を見計らって現われたのかも知れません。こちらは、タダでは申し訳ないと、ガイドブックを買いましたものね。実情を知るとがっかりなさるかもしれませんが、そんな経緯でした。気さくな方で、ほかにもスウェーデン人と英語交じりで会話して、私も付き合ったりしました。人間は謙虚さが大事で、英語ではhumbleだ、などといっていました。」(ごく1部加筆)

○12日は函館も行列か
村上春樹の新著「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が発売になる(小山鉄郎のエッセーによる)。「1Q84」以来の長編小説というから読んでみようと思う。単行本を買って読んでみようと思う―珍しい。温泉行きの途中に本屋があるのでついでに寄るつもり。   おわり

                               美原だより13-04-04(no.13)へ