13-04-04(2013年 第12号)
○梅田朝飯会でスピーチ  2013-03-28  ハートンホテル西梅田で

タイトルは「磨いてゆっくり生きる 芸術文化を遊びながら」という大時代がかったもの。
念のため、下の別枠でレジュメをご披露しておく。

思えば、2月14日「丸の内朝飯会」の題も「男おひとりさまの遺言練習帖」と、ややひねくれていたか。今回もタイトルに迷った。

今回は後ろに白板があったので、始まる前に即興で、有名句と歌を書いておいた。すなわち、一茶の「十ばかり屁を捨てに出る夜長かな」と寺田寅彦の「好きなものイチゴコーヒー花美人懐手して宇宙見物」。
どちらも天の河などをふり仰いで、宇宙の歴史、地球の歴史に思いを馳せるきっかけとなるもの。私のいう哲学のはじめ。
また、ゴーギャン晩年の作品の題となった「われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか」も哲学・歴史を学ぶはじまりの態度ということで、そんなことから話し始めた。途中脱線し、村上春樹はあまり読まれていなかったようなので、私は「1Q84」がとてもおもしろく、ノーベル賞ものだと明言したりした。

写真左は質問を受けているときのもの。右はそのときのスピーチとは関係ないが、以下の経緯によるもの。
枯山水の庭で有名な大徳寺内「大仙院」の住職に書いていただいた私の名前。
審也の「審」は不審なところがなく、したがって信用抜群の人格者だと解釈してくれた。左下は氏のサイン。↑ 

講演のあと、大阪見物と京都の庭歩きを楽しんできた。別項「美原だより no.13」参照。

               アルバム  東洋陶磁美術館と大阪城
   
       大阪城の巨石 左は一番大きい蛸石…意外に薄い板状ということを教えてもらった
  
      国宝・飛青磁花生       高麗時代の青磁    東洋陶磁美術館

   
                     大阪城の濠と桜

梅田朝飯会レジュメ
2013-03-28
阿部審也

磨いてゆっくり生きる――芸術文化を遊びながら

はじめに
タイトルの悩み
梅田朝飯会との縁 吉田幸伸さん 常寿司 函館 旅
自己紹介
 丸の内朝飯会24年 話し下手 癌手術2度 ローマ滞在3年 日銀勤務42年 金子兜太に私淑 本好 き 大沼で読書会9100回 いま村上春樹とプルースト

おしゃべりの順序
@自分を磨くとは…
考えること      凡人の考え 下手の考え休むに似たり
考えるポイント  驚き=感動 疑問=問題をつくること・いつもテーマを抱えていること
2000年            茨城キリスト教大学の講義タイトル 「自分を磨く」「常識革命のすすめ」―恋愛 で磨かれる

Aテーマを抱えている癖
哲学 アマチュア知識人(大江健三郎)  市民評論家 庶民学者 市民の学問・勉強会(丸山真男、加藤周一)
歴史 
「日本の知識人は記憶が短い。このことは明治以来の学校制度と結びつく」「自分で問題を作ることなく過ぎると、問題とは与えられるもの、その答えは先生が知っているもの、という習慣が日本の知識人の性格となる。今は先生は米国」―鶴見俊輔

国家・国境の問題 資源と戦争 制御不能の投機マネー 外人部隊・無人機攻撃 テロと宗教 人類滅亡論

芸術=美  美は戦争より強い 美は顕われる 美は批評によって磨かれる 美は遺る

B例えば私の場合
一 休   きっかけとのめり込み 批評の有効性
ローマ   日本脱出のつもりが 宗教…カトリック 歴史…ローマ帝国 屋根のない美術館
哲 学   高校2年のコペルニクス的転回 不良学生のままサラリーマンに 哲学初歩(田中美知太郎) 哲学以前(出 隆)
歴 史   独学 受験参考書など 世界史 日本史
音 楽   バッハで開眼 シェーンベルクに圧倒されてからクラシックへ遡る
絵 画   ピカソで開眼 セザンヌそして印象派へと遡る
文 学   太宰治で開眼 以後現在まで 他分野の学習 私の財産は友人と読書習慣

齢をとることの楽しさ・つらさ いいこと・よくないこと―どちらもあるということ
あきらめの悪さ 希望というもの おしゃべり
物忘れ対策   …ないけれど  俳人金子兜太の立禅 辞書引き ネット検索依存症か

孔子曰く

学んで思わざれば(くら)し―自分で考える 自分の出番だよ 独創性がない

思って学ばざれば(あやう)し―教えを仰げ 独断のおそれ 天才ならともかく

養老孟司曰く

 「日本の高齢者、特に男性には、自分を変えることをお勧めしたい。それが脳を鍛えること…。いままでの自分と違う自分に変われば、感じることも、することも違ってくる。自分が変わると世の中が違って見える」。

以 上

                            美原だより13-04-04(NO.13)へ