13-03-24(2013年 第11号)
金子兜太氏からハガキ    
私の帯状疱疹についてはホームページ上では書かなかったが、金子兜太からおハガキをいただいたので、そのご披露かたがたひと言ご報告させてもらいます。
 
 ← 感謝感謝です ↓
    
            


…私は「類天疱瘡」のほうは知らないが、1カ月の入院が必要だったとは重病である。
「空気につまずき一回転」とは、氏の俳句「熊ん蜂」で始まる句の中と下。「丸の内朝飯会」で「兜太俳句合評会」をやったとき、最多の3人が選んだことを氏に報告したので、そのことを踏まえている。

さて、私はこの「美原だより」などホームページのコピーを郵送する方には、その都度短い送り状を添えているが、ここでは、それを紹介することとする。
帯状疱疹に罹ってしまいました。左顔面がお化け、お岩さんそっくりでした。37日に皮膚科に行き、内服薬と塗り薬の投薬1週間でほぼ治りました。2月半ばからの10日間、東京で飲みすぎ遊びすぎ、免疫力が低下していたせいです。まだ痕は残っていますが、病院行きは今日14日で終りです。
耳の不調は続いています。
その間、おもしろい小説でも読もうと、村上春樹の「ノルウェイの森」を読み始めました。読むつもりはなかったのですが、何となく気になって、読み足すことにしました。いろいろの人間が出てきて楽しく考えさせてくれます。 
2013-03-14  阿部審也

その後は順調に快方に向かっていると思うが、まだ頬にかすかな痺れが残っている。痕も少しある。頭のてっぺんに触れると軽い痛みがある―触れなければ頭痛は忘れている。
晩酌は殆どやらない―今月は2回、各少量、様子見で。しかしじつは22日、友人3人で飲む月1回の飲み会で、ご馳走を―バーらしくない料理をいっぱい―食べ、ビール2杯、日本酒、ウィスキーを少々飲んだ。それでも今月はその3回だけ。
神経痛だから温めるのはいいと聞き温泉には2回行った。
そのほかは本読みで過ごした。

「ノルウェイの森」(595ページ)「海辺のカフカ」(1014ページ)の2作、文庫本で各2冊を13日から22日までで読んだ。メモしながら10日で4冊とは熱中したほう。疲れたかどうかは分からない。しかし、気をつけなければいけないと思っている。

本の紹介は近いうちに。ただ、27日から大阪行きが控えているので、無理はしない。京都遊びのあと、4月2日に帰宅してからになる―自分のほうで早く書きたいのだ―。
(本日付け「儚儚老随筆」に少し書いたので読んでください)

○読者から―
*…儚儚老随筆のカット写真を縦に見てしまった。世界の至宝をもじってはいけません。でもモジリアーニのはいいんじゃないの?   大出哲             しだれ柳と裸婦  →

*お手紙うれしく拝見しました。すっかり美原にとけこまれ、人の輪が広がりそうですね。阿部さんのお人柄がまわりをひきよせるようにみえます。帯状疱疹にかかられたそうで、とてもつらいですから、すっかり治してくださいませ。略。

*…阿部さんは人の輪を広げる名人ですね。ホームページを拝見していてそう思います。「丸の内朝飯会」のスピーチのお写真、とても若々しいですね。こちらが段々と阿部さんの年を追越していきそうで恐いです。人が人を元気にする、その阿部さんの神技を賜りたい…。相当オーバー 阿部注。

*先日はなつかしい「美原だより」を送っていただいて本当にありがとうございました。パンフには金子兜太さんからのお手紙も載っていて興味深く拝見させてもらいました。阿部さんが温泉にいらっしゃらなくなり、とても寂しいです。暖かくなりましたら又谷地頭にいらしてください。お待ちしております…。温泉上りに立ち飲みする酒保・古西商店

儚儚老随筆「夢」について
*「夢」 おもしろい文。いろいろイメージがふくらむのは若さの力でしょう。よい春を。
*「夢」 超面白いですね。よく憶えていますね。楽しめる夢!光景を浮かべて私も楽しみました。チャコールグレイのスーツを着た、長身で黒ひげをたくわえた、瀟酒な実業家の阿部審也氏の姿だけはうまく想像出来なかったのですけど…。

美原だより第10号から―「金子兜太と女性」について
*中村天風先生は93歳まで生きましたが、晩年になるほど若い女性に人気があり(本人が好み)、近くにはべらせて楽しい話を聞かせていたと言います。よく手を握っては若い女性の精気をもらっていたのでしょう。先生はとても血色の良い人でした。 「丸の内朝飯会」吉田

                                        おわり

                            美原だより13-03-12へ