13-03-12(2013年 第10号)
○てぬいの布ナプキン展     函館地域交流まちづくりセンター  2013-3-3
 =「tete(てて)の会」展     東京東中野 ぽれぽれ坐       2013-3-9〜10

 
田中はる枝さん主宰の「tete=てての会」初の作品展
手縫いの布ナプキンであり、「てぬぷきん」とも称している。
写真入りで道新に大きく紹介されたときの見出しは「おしゃべり楽しみ ひと針ひと針 女性に優しい布ナプキン 古着など集め、月1回」(2012-6-1 夕刊)

函館展
万国旗みたいな派手な展示がおもしろかった。男1人では入りにくいが、私の齢になればなんということもない。
前衆議院議員の逢坂氏は、「1人ではちょっと」ということで秘書を近くに置いて…。
3.11にちなんで布ナプキンも抹茶サービスも311円。いい試み。盛況だった。

東京展                             撮影:氷室寿美
東京東中野のポレポレ坐で3月9日と10日。盛況裡に終了。おめでとうございます。
        
○雛祭りと国際女性の日 
雛祭り
男のほうの「端午の節句」は祝日(こどもの日)だが、女のほうの節句はそうではない。21世紀のうちに逆転し、3月3日が休みになり、5月5日は働く日へと逆転するかも。

女性との宴会
ところで、その雛祭りの日、女10人の集まりに、私だけが呼ばれる宴会があった。
というのは、じつは、上記「teteの会=布ナプキン展」の打ち上げ式なのだが、居酒屋「風待軒」と聞き、そのママさんもその母上も知っているので、のこのこと出かけたわけ。初対面の数人ともおしゃべりして楽しんだ。楽しませてもらった。いいおしゃべりになった。

国際女性の日
3月8日は国際女性の日。国連が定めた international women's day
かつては「国際婦人デー」と称していたが、今年の米国務長官ジョン・ケリーの記事見出しは「国際女性の日 女性生かす世界目指そう」朝日。
国務長官ともあろう者の寄稿は、次の米大統領が女性であることを予言したものであろうか。

道新はベタ記事。見出しは「国際女性デー全道集会」(末尾は「問い合わせは北海道平和婦人会―下線は阿部)
日本語にすると「女性の日」「女性デー」であり、団体名には「婦人」も。

歴史の本などでは「婦人」(解放)運動などといわれることが多い―。
与謝野晶子・平塚らいてう・菅野スガ・伊藤野枝・市川房枝・山川菊枝らの名前が出るが、現在活躍中の人としては、瀬戸内寂聴・上野千鶴子・石牟礼道子・加藤陽子・持田叙子あたりか(阿部主観!?)

それより、「婦人」の肩身の狭さが私にはまだピンと来ない段階―。

○僕ももててます  札幌の大出哲先生からファックスをいただいた。
「去る2月14日、看護学校の卒業式(婦長クラスの特別校)」
「先生のナトゥーラ(Natura)の講義のおかげで家中が明るくなりました。夏休みに息子と遠野に行きました。金精様を見せました。思春期を無事に切り抜ける自信がつきました。」
「一休さんの話し、よかったァ―。花綻一茎梅樹下(後注)」―これは乾杯のすぐあと。」
「2次会は美人のお色気の渦の中。僕の白樺の杖が金精様になってナトゥーラ祭り。」
「詳しいことは書かないことにしよう。いや。それだけのこと」「ごめんあそばせ」。

(注)一休宗純和尚の「狂雲集」中の詩。昔私が適当に訳し、個人通信「妙」に連載していた漢詩(七絶)の中の1行。
一休は77歳のとき大阪住吉で森女という琵琶法師と知り合い、情を交わす仲となり、それを赤裸々に詩にした。
この1行の読み=意味は「花は綻ぶ、一茎=太い幹の梅の樹の下で」。
また、金精様はいうまでもなく男根の神様。末尾の「詳しいことは…」は、私の文のしゃれた引用。

○金子兜太と女性
ついでに加えさせていただくと、氏はこんなことを言っている(要旨)。
70歳くらいまでは年中怒っていたが「70歳から80歳くらいまでの間でそれが克服されましたね。女性との接触が増えたことがひとつある」「柔らかなものに囲まれたでしょう。この世にはやわらかい世界があるということがわかってきた」「樹木から気をもらうということもあるが、私は人から、特に女性からもらってます」「年とともに女性ファンが多くなる感じだな」(「金子兜太 養生訓」黒田杏子著から)

これもついでになるが、俳句世界に女が多いのはなぜか。分析・解説した論文があれば教えていただきたい。
                                         おわり

                         美原だより13-02-26へ