13-02-26(2013年 第 9号)
○帰宅したら…  2/22
10日ぶりに帰宅し、先ず一番にガス暖房の電源を入れたが点火しない。ガス会社に電話し、私のケータイにかけ直してもらい、片手を耳にあてがい、指示に従い、一方の手でガス器具を操作したがうまくいかない。止むを得ず職員に来てもらい、簡単に直され恐縮し、ようやく運転再開。しかしその夜は暖まらず、夜半、寒くて目が覚め、靴下を履いて寝直した。

羽田からの飛行機が遅れ、函館は吹雪でバスが遅れ、タクシーを待ったが来ず、6、7分だが、キャリーバッグを引きずって団地にたどり着いたのであった。
6時になっていた。1人の誕生祝を兼ねた3人の飲み会が6時から始まったが、どうしようもないので欠席。

翌朝は、鳥の餌を作り―パンを千切るだけ―、鉢に水をやり、あれこれ片付けていたら、急に腹が減ってきて、慌てて餅を焼き、口に入れた。疲れると腹が減る健康体というのがひそかな自慢。残っていた卵をまとめて茹で、固形石鹸型チーズをかじり、ガブガブとお茶を飲んだ。

手紙の返事書きやパソコンメールの送受信など、やることがたまっていた。それでもホームページつくりを始めた。

   +++++    +++++     +++++     +++++   +++++   +++++

25日付で「美原だより」第6、7、8号を更新したが、書き足りない気がするので、ここに追加することにした。

少し大きい、これまでのとはちがうヒヨドリが来る。小駕籠のヘリに悠々と止まっている。尾を持ち上げて糞を落とす。それからようやく餌を食べる。これはご馳走ではない、という顔。 2/26

  (展覧会と映画の感想は「儚儚老随筆」に書くと予告しましたが、ここに掲載することにしました)

○展覧会

連れて行ってもらい、何も知らずに見た。2/21
「日本の民家 1955年 二川幸夫・建築写真の原点」展 
いい写真を見た。新聞によれば、「世界の現代建築にニラミを利かす男」「80歳の今もカメラを手に地球上を走り回る」写真家。
半世紀前に写された古民家は、たくさんのことを語り、教えてくれた。立地というより、環境と言いたい地に智恵の建物があった。住まいというだけでは足りない。働きの場、人間を含めた生きもの共生の場でもあった。

会場を含めた汐留の高層ビル群を初めて見た。辺りは「汐留のビル 2013年」展であった。ニッポンテレビ、電通、資生堂、そしてパナソニック。ほかにも、地下にもいろいろ。美しいといってもいいが、「しかし…」「一方…」「ところで…」などの続き言葉が必要でもあった。

日本の建築風景は昔とそれほど変わっていない、とも言えた。群落・集落・町並みという言葉を使用してもいいくらいだ。渋谷周辺も似たようなものだった。どちらも見上げ・見下ろし・くらくらする。ニューヨークもすごいらしい。ドバイとかも、上海とかも―そうか、世界的な動きの1つがこういうことだったか。

○映画2本
「先祖になる」 2/20
大震災の津波後の惨状(の写真)を見ると、すぐには目が離れない。何度見ても「凝視」の体。
この映画では数回だったか、何もなくなった海岸縁の村落が映し出されるが、私は口をモグモグさせることしか出来ない。幻想的実態。
岩手県陸前高田市の1村落の1事をドキュメンタリ手法で撮った映画。
殉職で息子を失った爺が、瓦礫の原と化した集落の中に自分の家を新築するまでの話し。
復旧・復興の有り様、法令・規則・行政の有り様、集落の伝統・慣わし・行事・仕事などが、ありのまま映される。いろいろあったが、とうとう家を建ててしまう。きこりだから材木は自分で伐って調達した。チェーンソーを使った伐木のときは若者になる77歳。
いい映画かつまらない映画かなんて評価は要らない。そんなもの関係ない。あの震災のあれもこれもを考えさせられた。それでいいと思った。

「二郎は鮨の夢を見る」 2/18
「すきやばし次郎」のドキュメンタリ映画。この店が気に入った外国の監督が作った作品のせいか、出来は平凡。私も以前、店主に気に入られている顧客に数回連れて行ってもらって食べたから、その抜群の旨さは知っている。その「次郎」のことが、なお分かり、納得し、感心もしたが、見たあと、何となく、ただそれだけの映画とも思った。そこに至る「より美味しく」への工夫・努力・意志などは伝わってきたが、別段、映画にしなくてもいい、と。

これから先は決して行けないから、旨さを思い出すだけになる。それでいい。社長、いつまでもお元気で…。

○滞京雑録
@「安倍新聞」も「芥川賞文春」も買わなかった。
新聞が本格的に!?つまらなくなったから、函館でもパラパラ程度に読むことにした。日曜日の本のページも総じてつまらないし(2/24は4紙に目を通したが買いたくなる本がなく、胸を撫でおろした)、メディア情報も当面買う値打ちはないと思っている。
日本国は悪い方向へ大きく舵を切ったと思う。うわついた選挙民のアホさ加減を思う。またの政権交代には時間がかかりそうだ。

A私のおしゃべり宴会は2人から始まる。今回も何度かあったが、3人のほうが多かった。
60代と70代2人(私を含む)の3人(2回)、40代と60代と70代の3人、60代と70代と80代の3人。数えたら4回。50代と30代はいなかった。

昼のおしゃべり宴会は、銀座7丁目と4丁目のライオン、日本橋の寿司岩、三越の「日本橋」、銀座の吉兆庵、赤坂見附の青山荘、神楽坂の鳥茶屋、有楽町の中華料理店とニュートーキョー、高島屋の地下レストラン。昼のハシゴもあった。飲まない昼もあった。
夜のおしゃべり宴会は省略(1部既報)。
ともあれ、昼も夜もよく飲みよく食べた。そして、友だちとのおしゃべりの愉しいことといったら…。

Bたとえば、地方を旅行し、辺鄙なところに人家や人影を見て、えっ、こんなところにも住んでいる・人がいると思うことがあるが、東京のど真中は店が多すぎて、逆に同じように、えっ、こんなところにも客が入っている、と意外に思うことがある。あらゆるところに人がいる―そういう辺鄙。

スカイツリーには昇らなかった。3千円もかかるから、とは言わない。麹町の坂道から遠望できた。東京タワーかと思った(方向音痴)。じつは東京タワーにも昇ったことがない。恐怖症ではない。興味がないのだ。やがて飽きがきて静かになろうが、今のところは、高くてうるさい塔。

地下鉄カードをチャージしたら10日間で4千円強。たしかにお金はかかる。だが便利だ。すぐ来るし、清潔。その点では世界一流の大都会だろうと思った―そういうところしか見なかった、とも言えるが。
買い物は財布(札束入れとかいうが―笑―!)だけ。函館で買った980円のものがくたびれたので一流と言われるデパートのブランド品セールとかで10500円で買った。お買い得と言われても、10倍とは。

すっかり「田舎者」になった。爺にもなったから親切にされた。席を譲られ、噛んでふくめるような説明を受けた。鬚面をジロジロ見られ、ときにはお辞儀された。東京はいいなぁ、と思った。危い―ヤバイとでも読むか。
来月は大阪・京都。こちらも愉しみ。あ、準備の勉強をしなくちゃ…。

○読者から  2/25付第6号を読んで―
「イタリア人と鬚爺の組み合わせに何か因縁でもあると思ったか、有名人のお忍びかと訊ねたと言う。」(と、私の書いたところを引用したあと)
*楽しい話をありがとうございました。モーゼのような顔をしていますからね。
続いて、
「私は女に狙われたと思うことにした。」
*そうなんです。狙われていますよ。きっとそうです。間違いありません。みんなそれを羨んでいます。特に私は…。
                                         おわり

                         美原だより第8号13-02-25へ