「美原だより」第6号は東京滞在記、第7号は金子兜太パンフ関係です。

○金子兜太からハガキをいただく 
既報「美原だより第4号」の通り、去年2月に続き、「日銀時代の思い出」の追補として「金子兜太 日銀退職後のお付き合い」のパンフを発行した。           
そのパンフについて、氏からおハガキをいただいた。写真は下方にあります。パンフを読んだ感想は第7号にあります。

2月21日、私は「丸の内朝飯会」で「兜太俳句鑑賞の試み―金子兜太の俳句と人生」と題してスピーチしたが、実際には兜太俳句の合評会のようなものとなった。
この合評会のことは後日「丸の内朝飯会」便りによって紹介できると思う。↓
      
 「丸の内朝飯会」でスピーチ  ポスター      撮影:市原 実     金子兜太パンフレット

   
          上掲金子兜太パンフレットについてのハガキ(2/20付)


       
              13-02-25(2013年 第 8号) 
○男おひとりさまの遺言練習帖
あちこちに書いたのでダブルが、「丸の内朝飯会」では2月14日にもスピーチした。タイトルは「男おひとりさまの遺言練習帖」。
それを聴いてくれた方々が、ひと言メモで感想などを書いてくれたので、ここでその1部を紹介することとしたい。

+ 遺言状について、むづかしい話が出ると思ったら実に楽しい話がたくさん聞けてよかったです。「死のことを考えようとして、なかなか深く考えられない」「死に方もちょっとむづかしい」という話しが印象に残っています。

+ 「
遺言状は書いておくべし」の心構えを教えていただいた。延命措置、葬式、墓の有無、遺品の処理などは自分の考えを伝えておこう。

+ 
遺言を書く心は、自分の人生をふり返り、つき合った人々を思い出し、自分の死後、関係者(肉親など)を困らせないようにすることと合点。ありがとうございました。

+ 
遺言状とは財産の何を誰に分与するのが主たる役目だと思うが、阿部さんにとっての遺言状の目的は財産である友人たちに阿部審也という財産を分与して逝くことなのだろうと思った。

+
 自分はいったい何だったのか、将来の自分のために、残される人のために、遺言練習帖を書き始めようと思います。

+ 
遺言状、エンディングノートを近いうちに書きたいと思っています、計画的に。

+ 
遺言状を書くことは、今までの自分を見つめ、これからの人生を考えることにつながるのだと思いました。一筆画風…と言うのを手はじめに。

+ 
死後の始末については、迷惑がかからないようにしておきたいが、あとは「死ねば死にきり」の思いがまだ強い。

+ 阿部さんの「遺言練習帖」から感じたことは、実用的なことよりも「自分はナニモノカ」を改めて考える機会であるということです。ありがとうございました。

+
 道端の雑草のように精一杯生きても、死ぬときは人知れず、何も残さずと思っていましたが、少し考えが変ったような気がします。

+ 
阿部さんの「遺言練習帖」。こういうものを書きはじめると、いつまでたっても終わらない。となると、阿部さんは死ねないのではないか。それも重畳。

+ 
阿部さんの話は本当に参考になる。有難うございました。

+
 (前略)遺言状はまだ早い。特に死などはもっての外。

+
 遺言練習帖の「帖」の字が気に入りました。ご自身の生が充実しているという生の充実感でしたね。次回を楽しみにしています。ありがとうございました。
 
+
 今朝、北からの人・阿部審也さんの上京。1年ぶりのレポートに参加者多数!!やはり人気者だ。

+ 
ローマに永住する筈だった阿部さん、病を得たおかげで日本に帰る。一隅を照らし、これから10年は照らす。楽しみますます大きくなる。

+ 
ガンを何回も体験され、80歳の高齢ながら、チットモ変わらない阿部さんの語り。相続の紛争が無いように遺言状を書くお話し。

+ 
一字一句原稿がないと話せない私に比べ、阿部さんの原稿なしの流麗な話しぶり、お見事です。

+ 
「妙」をはじめ、創作物は多いんですね。一言一句、ひとつの言葉に考えを深く巡らせているのがお話しぶりでわかりました。
                                       
おわり

                          美原だより第7号13-02-25へ