13-02-25(2013年 第 7号))
○パンフ「金子兜太 日銀退職後のお付き合い」阿部審也著 ―表紙写真は美原だより第8号に 
昨年2月発行の「金子兜太 日銀時代の思い出」の追補の形で今年も2月に刊行。私宛の手紙・ハガキなどを掲載させていただいた。
以下はそのパンフを読んだ方の感想など。敬称略。

●…お送りいただきありがとうございました。阿部さんの手作りの暖かみが伝わってまいりました。どんな俳句雑誌の企画でも、このように金子先生の内なるお人柄が滲み出ているものはありません。本当に有難く思います。略(映画「生きもの金子兜太の世界」のこと)―その感激にまた胆大小心の部分がよく見える先生の魅力がプラスされました。前年の「金子兜太 日銀時代の思い出」では「自由に生きる」人間の素晴らしさを教えていただきました。今回は金子先生が阿部さんにあてた手紙から醸し出される雰囲気から、はっきりとは判断できませんが、芭蕉と越智越人のような人間関係かなと想像しました。お互いが「人生の旅のはだかの杖」のような感じです。うらやましい限りです。阿部さんは女性にもてるだけでなく、男性にも心底惚れ込まれるのですね。
「私の好きな兜太俳句 90句」 興味深く拝見しました。赤い犀シリーズが入っている面白さにニタッとしました。阿部さんの選句は、金子兜太をよく知っている人の選句だと思うし、阿部さんの自由人としての感覚が活きているとも思います。そこで私にも阿部さん一流のセンスで同封の句(海程会賞15句、鼓動20句)の選句をお願いできないでしょうか(略)。昨年は年間賞をいただきましたが、今年は海程会賞を受賞することができました。母の天国からの贈り物だと思っています。仙台 渡部陽子 
●…頂きました。有難うございます。製本して送るというのは大変な作業ですよね。感謝いたします。
思い起せば、今はなき松倉和代さんから、阿部さん経由で「現代俳句歳時記」のサイン本が届き、以来25年余、いつも手元において見ております。俳句に興味をもったのもこの歳時記によってのことです。1冊の本が結ぶ縁というものを考えさせられる折々です。
本文中金子氏の葉書の言葉がとても素晴らしく、1日中このことばかり考えておりました。17ページの「〈明快さ〉は、性格の楽天(虚無と知の融合)によるものかな」というくだりです。金子氏自身も同質だからこその鋭い賢察と拝見しました。
(話題が変わるが―阿部註)「美原だより」で花の写真がいつも載っているのでうれしくながめております。花(?)を求めてあちこち出没なさるなんて元気、元気。若いガ・フレもいいですよね。世代の異なる人々との交友はいつも刺激的であり、魅力的なものです。略。札幌 遠藤美知子
…送っていただき有難うございました。読ませて頂きましたが、小生の名前も出て来たので嬉しくなりました。略。今日も兜太さんと(俳句仲間のうちでは兜太先生と言っていますが)電話でお話をしました。略。とにもかくにもお元気でした。あのエネルギーを頂きたいものです。仙台 中村孝史
●…井上信一氏との交流も含め、貴重な人間交流ともなっていて、大兄の豊かな人間関係が伝わってきて、うらやましい限りです。略。仙台 高城和雄 日銀OB
●…いい作品集です。一気に読み切りました。貴重な資料でもあります。充実の交際記でもあります。「私の好きな兜太俳句 90句」もユニークな作品のオンパレードでした。何やら元気の出てくる気分です。ありがとう存じました。東京 青木孝 弁護士
●…帰宅。ちょうどお手紙、小冊子が着いており、立ったまま一読いたしました。すわるあたわずといったところでした。私は日銀のお仲間に、途中から、ほんの少しご一緒させて頂いたので、金子兜太さんと阿部さんとの長いいきさつについては、ほんの表面のことしかうかがっていないと思うのですが、こういう形で拝見すると、その往き来の見事さに心から感服する思いがします。うらやんでいます。添えられていた渡部陽子さんの手紙にも心うたれました。略。 仙台 中屋雅義 画家 
○雪上がる最上川
 中屋雅義

    

 ひとしきりの雪を降らせた雲が晴れていき、最上川が姿を現す。集落は、山形・大石田町大浦。
 絵と文(エッセイの末尾)中屋雅義  月刊誌「りらく」2013年2月号から転載
                                        おわり

                       美原だより第8号13-02-25へ