13-02-25(2013年 第 6号)
○寒かった東京
半蔵門のダイヤモンドホテルから歩き出し、皇居前から馬場先門を経て東京駅へ行った。冷たい向かい風の中を歩いた。皇居1周ジョギングが盛んだった。新装の駅は写真にならなかった。待ち合わせの日本橋三越まで歩いた。↓

 












  ↑ 「丸の内朝飯会」でしゃべった朝、市原さんがようやく咲いた梅の小枝をくださった。ホテルの狭い部屋で、鏡に向かって!?パチリ。

 
○滞京スナップ                              撮影:氷室寿美
2月13日から22日までの9泊10日を東京で過ごした。毎年2月14日に一番近い木曜日に「丸の内朝飯会」でしゃべらせてもらっていて、この数年は木曜日2回分の滞京となっている。
というのは、2月14日が銀座のバー「由比」のママの祥月命日で、かつての常連が集まり、法事を兼ねた宴会「由比の会」を開くのが恒例になっているから(今年は23回忌)。
ついでにその前後に同窓会―高校報道部―をやってもらうことになっている。その2つの会の幹事が同期の同一人だから都合がいい。北海道在住をいいことにしてわがままを通してもらっている次第。

今年は妙なこと、というか、その法事の主宰者であるママの長男・由比英夫さんが、私の2週目のスピーチに出席してくれた。彼は昔、私が押し付けたらしい金子兜太編「現代俳句歳時記」を愛用し俳句も作っているという縁もあって…。

今年はその「丸の内朝飯会」で2週続けてスピーチすることになった(2月14日、21日)。といっても、2度目は臨時代行みたいなものだが。
タイトルは「男おひとりさまの遺言練習帖」と「兜太俳句鑑賞の試み―金子兜太の俳句と人生」だった。後者は兜太俳句合評会といった趣き。          写真下は2月14日の様子
   
○展覧会1つと映画2本  
上京当日から飲み始めた。今回は展覧会1つと映画2本のほかは、まぁ、昼も夜も飲み会。
写真下はパナソニック汐留で写真展を見たあと、外に出て高層ビル群にのけぞったところ(展覧会と映画の感想などは「儚儚老随筆」参照)。
                
               
 次の写真右は、上記「由比の会」の宴会(13人参集)。左の横顔はディスプレイバランス=埋め草(銀座の「宗家 源 吉兆庵」で撮影者にお弁当をおごってもらったときのもの―2階は空いていた)。
 
○今回おどろいたこと
2つある。
1つは東京が変わったこと。どうも日本国は法人と法人のハード、簡単に言えば、会社のビルが最近ますます豪華になったよう。いまのデフレって、どういうものか知らないのだが、大会社は総じて儲かっているらしい。かつて、お金が溜まると家を建てる、または建て替えるのが甲斐性のように思われ、自分の代に新築とか拡張した家を自慢したものだが、いまは会社がそれをやっているらしい。あまりに簡単すぎた言いようで語弊があるが、わかってくれる人が少しはいるはず。私はまったくの田舎者になって、上の写真のとおり仰天したのであった。地下鉄車中の壮年・中年の男の顔がくすんで元気がないのはそのあおり=犠牲であろうと納得できたほど。

2つは、熟年女性2人にいきなりハグされたこと。見知らぬ女に抱擁―ややオーバーか―されたのにはびっくりした。
ローマで知り合い、いまは結婚し東京に住んでいるファビオがハワイ出張から帰って来た21日夜、有楽町駅ガード下の焼き鳥屋街で、ガ・フレと3人で飲んだ。ドアがない半分露天のような店で、透明ビニルシートが風と寒さ除けになっている。
彼女ら2人は、私たち3人が飲んでいるテーブルの、ビニルシート側が空いていたので、そこに向かい合わせに席を取った。そして、私がトイレに行っているとき、2人はガ・フレに私のことを聞いたと言う。イタリア人と鬚爺の組み合わせに何か因縁でもあると思ったか、有名人のお忍びかと訊ねたと言う。
一笑に付し相手にしなかったのだが、勘定時が一緒になり、揃って外に出た形になった。すると、熟女の1人が私の横に来て、いきなりハグしたのである。びっくりしたが、なぁに、私はそこで当然のようにそれに応え、もう1人ともハグしたのであった。2人とも喜んでいた―たしかである。
彼女らは店を通りかかったとき、私たちのテーブルに空きのあることを見て、敢えて入ってきたのではなかろうか。1人はやや赤い顔をしていたから、どこかで飲んでいい気分になっていたかも知れない。しかし、私は女に狙われたと思うことにした。
というのも、その数日前、去年ご馳走になった男と、もう1人共通の友人で40年ぶりに会うことになった男と3人で、ある居酒屋で飲んだとき、初めてのその店の仲居さんが、私の顔を見て、昔はもてたでしょう、いまも色気があるもの、と言ったからである。詳しくは書かないことにしよう。いや、それだけのこと。

○おしゃべり宴会
私のいうおしゃべり宴会はまだほかにもあるが省略。いや、省略はもったいないから短く書かせてもらうと、中学・高校の同窓会は、もう60年も続いていて、今年も10人が参加。1人は癌の治療中だがゆっくりゆっくり歩いてやって来、帰りは元気になってすいすい歩いた。

日銀内の本屋さんの店長と売店の店長さんとも毎年会っている。87歳の元書店主に毎年ご馳走になっている。今年はまた三越特別食堂「日本橋」で寿司を食べた。

日銀同期の1人とも毎年会ってご馳走になっている。今年は日本橋の老舗「寿司岩」でゆっくり飲み食いした。その日曜日の昼はたまたま私たち2人だけが客だった。2品だったか、サービスしてもらった。                                     おわり

           同日付の「美原だより」第7、8号も東京滞在記です。美原だより第7号13-02-25へ