13-02-09(2013年 第 5号)      
○山岸桂華紙上展
水墨・彩墨の4点をご覧ください。昨年6月に続く第2回です。

切れ味というか、思い切りというか、鋭い仕上げではなかろうか。そして大きい。
彼女は中国・黄山、南山に行ったことがあるという。それらからのイメージか。
    

       この眼!!

○大谷清照書紙上展

 
         創世記「天地創造」から  黒柿の板に  2012-11 東原展  埼玉会館

     

 上左  「ある兵士の祈り(作者不詳)」より  2013-1  東京書道会展 東京都美術館
 「成功するために神に力を願いましたが与えられたのは謙虚さでした…以後、善行のために健康―病気、幸せのために富―貧しさ、尊敬されるために能力―弱さ、人生を愉しむために全てのもの―感謝して生きる生き方、…そして、私が欲したものは何も与えられませんでしたが、声に出さなかった祈りが聞き届けられました。私は誰よりも豊かです」。

 上右  「素朴な琴」(八木重吉詩)より     2012-11 東原展     埼玉会館
 「この明るさのなかへひとつの素朴な琴をおけば秋の美しさに耐えかね琴はしづかに鳴りだすだらう」

 こちらもおなじみの書家・大谷清照さんの書です。個性的で力強い見事な作品。
                                      おわり

                               美原だより13-02-02へ