13-02-02(2013年 第 4号) 
○preserved flowerとフェルメールの青        2013-02-01  撮影: A・M

      

この花は知らなかった。本物の花を加工したという。ガ・フレがそれでテーブルフラワーを2個つくってくれた。

彼女はフェルメールが好きで、「真珠の耳飾りの少女」の青(または蒼)のターバンにフィット(またはマッチ)させたくてたまらないという。

材料と道具を持ち込み、DKのテーブルでブツブツ言いながらつくった。イメージどおりにいかないので、まだ製作途中とか言っているが、近いうちに引越すので、もう時間がないかもしれない。置き土産ということだろう。もう1セットあるが、飾る場所がよくないので、ご紹介は後日。

○金子兜太についての小冊子、また…
今年も同じ2月に「金子兜太 日銀退職後のお付き合い」というパンフをつくった。昨年の「金子兜太 日銀時代の思い出」の追補として、氏からいただいたハガキ・手紙など20数通を掲載させていただいた。
私の文章は1ページ。あとはハガキの下部に説明の短いコメントだけ。金子兜太の「書」を見ていただくのも目的のひとつと書いておいた。

それが出来上がるまでの工程は、パソコンにハガキ画像を取り込み、大きさや位置を決め、割り付けし、目次をつくり、取り寄せたやや厚手の紙をカットし、両面印刷し、やや大きいホッチキスで止め,製本テープを貼り付ける(背表紙はない)まで。

ようやく50部ばかりできたところ。素人の不細工な綴じ方だが、とにかく、全部1人でやる。
ここでグチを付け加えれば、家のこともまるまる全部1人でやっているから、老爺にとってはけっこうな仕事量。まだ、発送という作業が残っているし…。

○「兜太俳句鑑賞の試み」
今月半ばに上京し「丸の内朝飯会」でスピーチすることになっているが、翌週21日のスピーカー・ファビオが、ハワイへ出張となり、その穴埋めに、急遽、私がしゃべることになった。で、このパンフに引っかけ、タイトルを「兜太俳句鑑賞の試み」とし、私の好きな句を90句選び出し、氏の「俳句と人生」について少し話す、ということにした。

上記パンフは、その朝の出席者に差し上げることとし、選び出した90句についてもプリントして配布し、若干の感想をしゃべることにした。

ということは、つまり、またパソコンにかじりついて小さいプリントものをつくり、綴じたりする仕事があるということ。

○タイトルは「男おひとりさまの遺言練習帖」
バレンタインデーにもっとも近い木曜日(今年は14日)が毎年の私のスピーチの日。毎週の「丸の内朝飯会」の例会に、年に1度、聞くためにでなく、しゃべるために出かける。そして今年のタイトルがこの見出し。そのレジュメつくりも同時並行でやっている。

ついでに言えば、3月28日は大阪・梅田朝飯会でしゃべることになっている。そちらはまだタイトルも決まっていない有り様。悩み迷っている段階。

     ∵∵∵∵     ∵∵∵∵∵     ∵∵∵∵∵     ∵∵∵∵∵

ところが、私はこういうあれこれが、じつは大好きなのです。愚痴というより「いそがし自慢」に近いのです!!

しかも、上京は遊びでもあります。着いた夜は1人で銀座7丁目ライオンの黒生を飲みます。中3にするか小5にするか―なーんて考えているのです。

法事を兼ねた由比の会がある、高校報道部の同窓会がある、友人と会う約束をしてある、展覧会を見るetc.

3月、大阪のあとは、花見時の京都で遊びます。

プルースト「失われた時を求めて」読みは、さておいて、であります。        おわり

                         美原だより13-01-24へ