13-01-24(2013年 第3号)   
         
           五稜郭雪景色   機上から  2013-01-22   撮影:A.M

○夜遊び    1/22
例の若いガ・フレ―といっても30代前半だが―は夜のおしゃべりが大好きで、散々しゃべって毎度午前さま。途中で帰りなさいといってもなかなか帰らない。こちらも聞くのが嫌いなほうではないから、まぁ、付き合う。チビチビとアルコールのあれこれをなめながら話しを聞いている。しゃべることが、よくあるものだと思う。同じ話題になれば、それは聞いたと答え、繰り(返し)ごとには、その話はもういいと答えている。

昨夜は温かい鳥めしと旅のお土産を持ってきてくれた。宇治のしゃれたバウムクーヘンで「京の竹」とあり、上部を鋭く斜めに切った竹の一節をかたどっている。全体が抹茶の緑で作られていて、大き目の茶筒に入っている。美味しかった。

彼女はいつの間にか私の書!?をメモに書いてきた。人に見えないよう横向きにしてある5文字を見つけ、真似て写してきた。ついでにいえばそれは「和意知気与」―意味はない。
それから何となく文字の話になり、座敷から書の道具を出してあげたら、半紙に落書きを始めた。字はけっこう上手い。私は年の功で、書き順を直したり、正字・本字を教えたりした。いただきものの筆墨硯を自慢し、まぁ、2段というところだろうと法螺を吹いた。それで時間を食ったこともあって遅くなった。

○またまたシクラメン   1/23
もう2輪は倒伏したが、踏ん張っている1輪と新2輪。けなげで可愛いものだから、つい…。桜はすっかり葉になった。

晴天3日目。おとといは郵便局で書き損じ葉書の交換や500円玉の換金をした。38000円もあった。昨日は温泉と買い物。今日は大洗濯と旧式洗濯機の汚れ落とし―脱水槽の蓋の隅が汚れていた。また、ベランダの雪を溶けやすくしようと、掬っては日当たりに撒き散らしたり、なんていう仕事もある。

○美原の位置
私の住む赤川通団地は美原4丁目にある。美原は1丁目から5丁目まであり、団地は赤川通りに面しているから、美原団地と言わないらしい。赤川通りは、なお北へ向かうと笹流ダムがあり、さらに先は函館みらい大学や四季の杜公園に至る。

赤川団地の位置は、函館駅から五稜郭までの距離を、五稜郭から北へ伸ばしたほどのところ。下の地図に書き入れた3か所の太い赤線を見れば見当がつくと思う。函館駅からバスで約30分ぐらいかかるはるか北の町。ただ、少し南に戻ると東西に走る産業道路が走っていて、その沿線に郊外型大型店舗があり、周辺の住民は増えているよう―函館市全体では人口減少中。あまり特徴のない住宅地帯とでも言おうか。
団地は1号棟から6号棟まで、コの字型に並ぶ(2012年11月16日付「美原だより」第1号に書いた)。


市内のガ・フレの1人が書いてきた。今までで1番広い部屋に(1人占めで)快適生活なのでしょうねと。
クルマがないからもっぱらバスを利用する。クリニックへ、図書館へ、五稜郭繁華街へ、駅へ―みんなバス。本数が少ないから不便。

     
                                       おわり

                          美原だより13-01-10へ