13-01-10(2013年 第 2号) 
○花3輪(続)  1/9
咲いた、3輪目が。小さくなった1輪目に代わるように。一番背が高い。この分だと4輪目も咲くかもしれない。

餌を食べに来る鳥は雀だけではなさそう。腹が赤というか黄というか、そして首のところは白。
小鳥の軽さ・動きに元気をもらっている。

野菜がバカ高い。用足しのついでに初めて入った大型店Dの野菜が安かったので、明日もそこまで歩いて行くつもり。ほうれん草、小松菜、水菜がいずれも1袋につき50円安かった。

金子兜太氏から年賀状をいただいた。「元気に」とだけ書かれていたが、嬉しい。ありがたい。句は「蛇穴を出て詩の国の畑径」。力強いイメージ。そして浪漫。絶唱。

○空中吹雪!? 1/10
風が強いので3階の目の前も吹雪。当たり前のことを言っているが、高所からして吹雪というのはなかなかのもので、まず気勢をそがれる。温泉行きも買い物も億劫になる。

仕方がないので!? FMを聴く。ラフマニノフのピアノ協奏曲3番をホロヴィッツのピアノで。いいなぁ。気が改まる。

疲れやすくなった。
夕食後に肘掛椅子に腰かけてうとうととするようなときは、世界が軌道をはずれて完全な転倒が起こり、この魔法の肘掛椅子のおかげで時間と空間をたいへんなスピードで飛び回ることになる。そして瞼をあけるときになると…

これは「失われた時を求めて」の冒頭から数ページのところの文章。
私も「夕食後に肘掛椅子に腰掛けてうとうととする」ことが多くなっている。しばらくして覚めたときは、しかし、プルースト(語り手)のように「数ヶ月前に別な国で寝たような気がする」わけはない。また無為の1日が終わるか、と嘆くだけ。この本を続けて読む気力もなさそう。
しかし、本書は「どこを開いても興味深く読めるといわれ」ているらしいので、文庫本3冊に凝縮された鈴木道彦訳でぱらぱらと拾い読みしようかとは考えている(前号で触れた)。

ほぼ60年前、第2篇「花咲く乙女たち(のかげに)」だけを読んだが(現代世界文学全集 新潮社)、記憶はまったくない。その全集では「ジャン・クリストフ」「静かなドン」がそれぞれ3冊だったが、少しは覚えているのに。また別に「世界文学全集 新潮社」があって、そちらの「モンテ・クリスト伯」「レ・ミゼラブル」各3冊も読んで、少しは覚えているのに。

切抜きを整理していたら、ひょんなところから、コピーした「片腕」(川端康成)が出てきた。
「片腕を一晩お貸ししてもいいわ。」と娘は言った。そして右腕を肩からはずすと、それを左手に持って私の膝においた。…印象に残る出だしだ。ついついまた読んでしまった。

片腕を持ち帰り、部屋で存分に愉しむのだが、途中で転換がある。
「自分の右腕を肩からはずして娘の右腕を肩につけかえた」のだが、自分では「わからなかった」とする。娘の片腕を愛撫・愛玩? そして会話するだけでなく、自分の片腕もはずせる世界だったことに私はなぜかがっかりしてしまった。そこから、私に言わせればヘンな風になる。血の「流れ合い」についてもあいまいなままだし、また「私」は、片腕だけでなく、娘の「母体」が気になるらしく、髪の長さを片腕に尋ねたりする。そして「魔の発作の殺人のよう」な腕のつけかえの結果、娘の腕は冷たくなっていく。最後は作家の手に余る感じで閉じられる。
いい描写は、「…片腕をながめつづけていた。肘の内側にほのかな光のかげがあった」「…その光のかげをためると、それを持ちあげて、唇をあてて吸った。」何を飲んだか聞かれ、「光の匂いかな、肌の。」というところ。              おわり

                          美原だより13-01-07へ