13-01-07(2013年 第 1号) 
○花3輪 
3輪目はもう何日も蕾のまま。開く力がなくなったよう。下のほうにまだ2輪ほどが待機しているが。
桜は早くも咲き、葉が出た。
利休の朝顔1輪の故事を思い起こしたが、関係はなさそう。

ベランダに雀がよく来る。パンくずをやっている。強い警戒心を持っているが、代わる代わる笊に入って食べていく。

お正月は何事もなく穏やかに過ぎた。来客は元旦に2人、3日と5日に1人ずつ。2日は知人宅にお呼ばれ。温泉は5日が初湯となった。

元旦は新聞を買いに歩いた。近くのコンビニは売り切れていたので5分ばかり歩いた。別刷り特集にも読み応えあるものなし。呆れるほどくだらない。仕方がないのでパソコンでみたら、東京新聞だけががんばっていた。

○最近の東京新聞の社説タイトルとコラム・筆洗
年のはじめに考える  瀬戸際に立たされる憲法(17日)
年のはじめに考える 「環視」という政治参加(15日)
年のはじめに考える 原子力の時代を超えて(
14日)
年のはじめに考える 元気なシニアの出番だ(13日)
年のはじめに考える 人間中心主義を貫く(11日)

1/5付社説から
「…そのためにも国民が思いを声に出して、政治に携わるものに届ける。何よりも大切なことです。
国民が無関心を決め込んだ瞬間、政治は暴走を始め、国民を苦しめる側に回ります。
◆主権者は国民自身 憲法改正や集団的自衛権の行使容認を掲げる自民党ですが、参院選で勝つまでは、そうした「安倍カラー」は抑えるのでしょう。
そんな政権の狙いに惑わされたり、ひるんだりする必要はありません。国会議員の当落や政治の在り方を決めるのは、あくまでも主権者たる日本国民自身です。国民の思いから遊離した政治などあり得ないし、許されてはならない。
投票が終わっても政治の成り行きを「皆で見ているぞ」という政治参加、「環視」する態度こそが暴走を阻む力になるはずです」。

1/4付社説から

「総理、後戻りはいけません。国民の多くは、それを望んでいない。原子力の時代を超えて「持続可能」へ向かう。3・11を真に乗り越えるためにです。
ドイツの哲学者故マルティン・ハイデッガーは「原子力の時代」に懐疑的でした。一世を風靡(ふうび)した「存在と時間」の著者が、です。
一九五五年、南ドイツの小さな町での講演で「いったい誰が、どこの国が、こういう原子力時代の歴史的進展にブレーキをかけ、それを制御しうるというのでしょうか。われわれ原子力時代の人間は技術の圧力の前に策もなく、投げ出されているようです」と、核の脅威を語っています。制御しがたい巨大な力 日米原子力協定が調印され、東京で原子力平和利用博覧会が開幕した年でした。米ソの核競争が激しくなっていたころです。哲学者は続けます。「われわれの故郷は失われ、生存の基盤はその足もとから崩れ去ってしまったのです」と。
核兵器と原発。核は制御し難いものであることを、福島原発事故に思い知らされました。理不尽な力に故郷を追われ、多くの人々が避難先の仮住まいで、二度目の新年を迎えることになりました。哲学者が遺(のこ)した言葉は、予言のようにフクシマの心に迫ります(後略)」。

1/1付コラム・筆洗から
「予は下野(しもつけ)の百姓なり」。田中正造の自伝はこの言葉から始まる。(略)▼足尾銅山の鉱毒問題を追及、明治天皇に直訴を試みた正造は、還暦を過ぎても遊水池化に抵抗していた谷中村の農民の粗末な家に泊まり込んだ。常に民衆に軸足を置く政治家だった▼銅山から渡良瀬川に流れた鉱毒は、洪水のたびに下流に被害が広がった。天災と人災が複合した「合成加害」と喝破した正造は、洪水被害の三分の二は「私欲と奸悪(かんあく)」が原因の人災と言い切った▼今年は正造の没後百年になる。五年ぶりに再登板した安倍政権は自らの原発政策への反省や検証もないまま、民主党政権が決めた二〇三〇年代に原発ゼロという方針を覆し、原発の新増設さえ視野に入れる。正造が生きていたら、「加害者が何を言う」と一喝するだろう(略)▼自然との共存を主張した正造に今、学ぶべきことは多い。新年に当たり、もう一度かみしめたい言葉がある。<真の文明は山を荒さず川を荒さず村を破らず人を殺さざるべし>」。

○「自由の身自由こなせず著ぶくれて」1/7 朝日俳壇 金子兜太選
朝起きて、一応今日も一日中自由だと実感する。自由感が拡がる。可能な限り何をしてもいいし、何もしなくてもいい。その自由さ。することがないのではない。どうしても今日、という束縛がないのだ。そのような日常が、わたしにとっては、ようやく得たもの・獲得できたもの。嬉しい。息を深く吸う朝。
何でもできるということではないが、まっさらの1日がある。そこを自覚してスタートする。やることが山ほどあって、どこから…となると、同じことなのに義務的仕事と化す。億劫になったりする。
じっさいは、ハウスキーピングのすべてをやるのだから、フリーワークはその残り時間に過ぎないのだが。

自由すぎて、いまは読む本さえ選ぼうとしている。プルーストの「失われた時を求めて」の抄訳版3冊がある。連載を切り抜いているダンテの「新訳 神曲」がある。煉獄篇第21歌まできた。大江健三郎の「懐かしい年への手紙」は「神曲」を読んでから、とするとずっと先になる。パソコンで「村上春樹を読む」(小山鉄郎)を見つけた。面白いので、春樹を片っ端から読もうかという気にさせられたが…。一方に、原発災害と東北復興問題がある。
2月と3月におしゃべりする予定がある。そのレジュメつくりがある。
すなわち、「…自由こなせず著ぶくれて」。               おわり

                        美原だより12-12-28へ