12-12-28(2012年 第 7号 通巻83号) 
○金子兜太氏から葉書
12月17日付で金子兜太氏から新住所宛に葉書をいただいた。転居通知も美原だよりも読んでくれていることに恐縮の思い。「丸の内朝飯会」のことにも触れていた。

終りのほうに「それにしても貴君、安部公房が好きだな。東京で付き合っていたころも、よく話していた」とあり、93歳の氏の細かい記憶におどろいた。私は忘れていて、へぇーと思った。そして、当時読んだ安部公房の小説のタイトルを思い出し、今ごろになってなぜまた公房かと考えたが、理由はなさそう。空想・未来ものが好きなだけらしい。

氏の葉書は、私の「金子兜太―日銀時代の思い出」の資料として、他の書簡とともに追加する予定。

○市内の雪道
今冬は前半から雪が多いよう。すでに根雪になり、硬くなり、ツルツルになり、歩くのに難儀。外出は一歩ごとに転倒の危険が伴う。函館は歩きにくいと聞いていたが、本当だ。独居爺の買物、温泉行きなど、外出には余程気をつけないと…(すでに家の風呂に入りがち)。
27日は新雪で歩きやすかったので、温泉まで歩いて往復。帰途、正月用に日本酒を1本買った。

寒さも相当なものなので、防寒用に、毛糸の帽子(婦人用で代用)、ネックウォーマー、insulation?(踵のある絶縁温暖スリッパ)を買った。ポリエステル製裏フリースパンツも婦人用(LL)を買い足し2本になった。

○桜の枝
ガ・フレから神奈川・藤沢の桜の枝をお裾分けしてもらった。まだ青い蕾がふっくらとたくさんついている。楽しみ。シクラメンの3輪目はまだ小さい。

○ガ・フレとおしゃべり
若いガ・フレが2夜連続遊びに来た。神戸でフェルメール展を見てきた話しとお土産をもってきてくれた。耳飾りの女のファイルもきれいだし、とらやの特製羊かん「蒼ノ調ベ」はしゃれていた。福岡にも行ってきたので長崎文明堂のカステラや佐賀のクッキーなど。食事しながら早口の長いおしゃべりを聞いた。
翌夜はフランスパンと発酵バターと鶏の唐揚げなどを持ってきてくれた。そしてまた早口の長いおしゃべり。どちらも5時間半だからすごい。私はビール・ワイン・日本酒を飲み続けた。

○耳が遠くなったか
耳管狭窄症となり、1度治療を受けたが、その後、何というか…あまり芳しくない。
正常の状態にあつても、すぐ塞がった感じになってしまう。頭を振ったり、指を入れて耳垢を取るような仕草をすると正常になるが、すぐまた塞がる、聞こえなくはないが、間に何かある、何か1枚隔てて聞こえる。細かいというか、小声は聞こえない。見当で返事をしたりするから、そうなると耳が遠いのと同じことになる。いまのところ、まだ一時的というか、病気のつもりだから、治療を受けようかとも考えているが、ずっと、こんなものか、こういう遠耳もあるのだろうと思ったりしている。

○この1年

簡単に振り返ってメモすると、
*札幌寄席を聴きに行った
1月寿限無、3月ねぎまの殿様、4月八五郎出世、5月千早ふる、6月がまの油売りとバナナの叩き売りの口上、7月王子のきつね、9月反魂香とファッションショー。会場志麻木庵の閉店により9月で打ち止め。
その後のさっ平さんは「落語の出前」で忙しいという。

*2月は上京し「丸の内朝飯会」でスピーチ。「金子兜太 日銀時代の思い出」(小冊子を作った)、12月22日は函館中央病院でミニスピーチ。「自立的自己介護 老人のおしっこ」。 

*「リブリ」は6月の第100回で終了。

*リブリ以外で、読んで面白かった本は村上春樹の「1Q84」、上野千鶴子の「マルクス主義フェミニズムの地平 家父長制と資本制」「ケアの社会学」、安部公房の初期短編小説、加藤周一の「『日本文学史序説』補講」など。

*大沼湖畔一周サイクリングはたったの16回。

*温泉ドライヴ、回転寿司会、ランチ会はいずれも数回か。

*脱原発デモで歩いたのは3回。小出裕章氏の講演会を聞いたのは6月23日。

*今年のホームページは「大沼通信」が76号、「美原だより」が7号(昨年は78号)、儚儚老随筆が5号(昨年は3号)、リブリのまとめは6月例会まで。

*引越しは10月30日。今年一番の大仕事。

みなさま、良いお正月を。                       おわり 

                           美原だより12-12-18へ