12-12-18(2012年第 6号 通巻第82号) 
○花2輪
シクラメンの2輪目が咲いた。何ということもなけれど…。
おじいさんが毎日見ています。

私が1票を投じた党は大敗した。選挙結果の全体は私の想像を超えた。政界模様も想像外。
当分は、グーンと引いたところから世の中を見なければならない。

気落ちしたので、「美原だより」も気が重い。

○ASEANの講演会
日銀函館支店長中川忍氏の講演「アセアン諸国経済の展望」を聴いた(12/8 北海道国際交流センター)。
アセアン諸国の実地を知り、内情にも詳しく、大所高所からも展望できる、まさに適役の話しだった。
何も知らなかったが、よく分かった。知らないことが多過ぎた。恥ずかしいほどだった―いまも。

○誕生日祝いの宴会
今ちゃんこと今野さんの誕生日を祝う宴会を五稜郭の「美貴」で。常連の1人も同日だったので合流し、常連2組7人の大宴会となった。そこは食べるほうもたっぷりの「バー」なので、よく食べる飲兵衛の私は充分満足できた。「響」を飲み、私の名前で「竹鶴 17」をボトルキープしてもらったりもした。

○耳管狭窄症
耳鼻咽喉科へ行った。耳垢が溜まったのではなかった。聴力検査、カテーテルの耳管通気、鼻の吸引、吸入、鼓膜マッサージなど。1回で治る人も、4、5回かかる人もいる由。たいした病気ではないといわれた。
嗅覚が殆どないことを言い忘れた。

○ハウスキーピング=家庭管理
@北側2室のカーテンを新調した。防寒措置のつもり。ピンからキリまであるので迷った。
A電灯取替え
電球を取り替えたら1カ月で切れた。寿命が短すぎるので、欠陥品かと疑ったが返品できなかった。仕方なく代えた普通電球が、数日後のある夜、消え方がへんなので、ソケットを調べたら、250V用ソケットだった。これでは合わない。笠もソケットも変えた。
Bレンジフード取替え(略)
C偉力発揮の100円ショップ品
たわしやスポンジの容器を壁に貼るための吸着盤は、容器を買ったイトーヨーカドーにはなかったが100円ショップにはあった。メガネチェーン、椅子の脚に貼るキズ防止パッド、ガラス製ペン立て、カーテンフック、手桶代わりの小洗面器、プラスティック製書類入れetc.
Dその他、椅子のクッションを買い足したり、じゅうたんの滑り止めを買ったり。

なぜこんなつまらないことを書くかというと、いわゆる主婦の仕事は多岐に亘り、「家」を維持することがこれほどにも神経を使い時間を食うものだと知って、まだ知らない人に!?「主婦(=主夫―独居爺に過ぎないが)」の立場から(やや語弊があるが)ひと言、宣伝したかったからである。じつは「つまらないこと」ではなく、必要事・肝心事だと思ったからである。

詩人でエッセイストの荒川洋治著「ラブシーンの言葉」の中に、引用だが「家庭管理」がある。孫引きすると「〈家庭は〉無限の発展・進歩を目指してい」るから、「これを主宰する者は、よくこれを組織立て、一方に統制をとると共に、他方には絶えず向上するよう舵を取って行かなければならない。このようにして、家族を乗せた家庭の船をうまく運転して、無事に進行させる仕事を『家庭管理』という」とあり、荒川氏が、「こうしてみると、家庭とは、たいへんなところらしい」と註している(1937(昭和12)年発行「婦人家庭百科事典」から。漢字・仮名遣い1部阿部が変更)。
「主宰する者」とはうまい言い方か、あいまいか。また、家庭とハウスキーピングのちがいもあるが、ともかくも「たいへんなところ(またはこと)らしい」と他人事のように言っているところが微笑ましかった。
ちなみに、本書の殆どは官能・性愛小説などのあけすけなセックスシーンの「スクラップ」である。

○今回選挙の分析と評価
一斉に出たようだが、しばらくは胸に収め置き、後日、検証に耐えたものだけを拾ってみることにしよう。脱・原発や民主主義(社会)の方向についても。
それまではノーコメント。                       おわり

美原だより12-12-06へ