12-12-06(2012年第 5号 通巻第81号)
 花と小父さん   浜口庫之助 作詞/作曲 
「…私はあなたの お部屋の中で いっしょうけんめい咲いて なぐさめてあげるわ どうせ短い 私の命 小父さん見てて 終わるまで …毎日僕は 急いで家に 帰って花と お話をした 小さなままで かわいいままで ある朝花は 散っていったよ 約束どおり 僕は見ていた 花の命の 終わるまで
」(歌詞の1部)

前号で鉢植えのシクラメン1輪の写真を載せたら、読者から素敵な歌のプレゼント。クリックしたら「花の小父さん」のメロディが聞こえてきた。エンドレス。うれしかった。次の1輪が咲く準備をしている。

○師走の些事
荒れ気味の師走となっている。
11月は、「大沼通信」に引越し前後の細かい作業のことまで書いた。そしたら、読者の中に引越しの経験者がいて、じっくり読んだというお便り。「…友人たちからよく思い切ったねと言われ、私も振り返ると、いまならできません。中略。それにしても超多忙な中に次々と大沼通信が届き、いままで以上にたくさんの情報、そのパワーにおどろくばかりです」。

その続きとして、片付け以後の日常茶飯事(=些細事)のいくつかを並べてみよう。
@いろいろな荷物が来る。在宅していて、配達人がホッとした顔をすると、思わず「ご苦労さん」と口に出る。不在のときもあって、再配達の手続き。それが届くと思わず謝まったりして―。
Aスケジュールを見て外出を考える。たとえば、水道管点検、オーダーカーテンの納入、粗大ゴミの提出(ゴミ処理券を貼付し当日朝、指定場所に置く)、図書館返本期限、ダスキン無料レンタル期限など。

Bまた、来年2月は東京へ、3月は大阪へおしゃべりに行くので、航空券とホテルを予約した。航空券には購入期限があるので忘れないようにしないとキャンセルになる。2往復4回分を別々に買うからスケジュール表が必要。 

○年内と来年の予定
8日は講演会(アセアン・フェスティバルの一環。「多文化共生社会について」)を聞きに行く。
11日は定検でクリニックへ。
20日はリブリのメンバーと昼食会(そのあと7人で私の家を見物)。
22日は恒例の前座ミニスピーチ(生と死を考える会)。
それだけ。とは言っても、上記の通りスピーチの、都合3本のレジュメつくりがあるから、それだけでも、ヒマなわけではない。札幌行きは4月以降。

正月の過ごし方としては何もない。なにしろ、よくいわれる通り、1年中正月で毎日が日曜日だから。
                            
B5日は雪の中を外出
家計のやりくりもあって、郵便局と銀行へ。ついでに投函と、失敗した年賀ハガキの交換、記入欄が少なくなった通帳の更新(キャンデーをもらった)。

買い物は、キッチンタオル、蛍光管1本、焼肉用豚肉300g、みかん6個(店主にそれじゃ、1日で食べちゃうだろう、足りるのかねといわれた)、豆大福2個(粒あん)。スリッパは忘れた。下見は冬靴と手袋(デパートで1双、ユニクロで1双買ったが―気に入らないので―もう1双)。冬靴(片道徒歩の温泉散歩を想定)はピンキリで迷っている。

○飲み会と自宅パーティ
1日は大沼の高瀬夫妻と松風町の焼き鳥屋「かしらや」と、初めてのおでん屋「こぶ田」で飲んだ。かしらなどを食べ、あと、ゆっくり、おでんで仕上げ。

2日は自宅でパーティ。ちゃんちゃん焼きを作ってくれた。電気鍋をはじめ、仕込んだ材料、自家製漬物各種、飲み物(アルコール、ノンアルコール)、炊き込みご飯まで持ってきてくれた。毛蟹は私には贅沢(カニみそを最優先でいただいた)。4人きて、1人は旦那さんを連れ帰ってまた戻り、若い1人は少し遅くまでいた。賑やかで楽しいおしゃべり。

そのとき、食器とグラスが意外に少ないといったら、翌日、大皿・小皿・小鉢・丼・タンブラーなどを大量に持ってきてくれた。一ぺんに食器持ちになった。

○「それから」の白百合
「図書」12月号に「白百合再考」(塚谷裕一)がある。氏は漱石「それから」のクライマックスのひとつは中盤の「白百合」にあるという。第10章で三千代が抱えてきたそれの存在意義はヤマユリの「…むせかえるほどの重い香りこそがこの場面にふさわしいと考えた」が、研究の結果「テッポウユリ」であって、第14章のほうの白百合が「純潔の破棄の意思を示すヤマユリ」だとする。はしょった紹介で分かりづらいだろうが、2箇所に出てくる「白百合」は「ヤマユリ」か「テッポウユリ」かの追究。いやはや、学問の道は…。

○「イタリア人と日本人、どっちがバカ?」(ファブリツィオ・グラッセッリ 文春新書)
キャッチフレーズに「イタリア人建築家のウィットとユーモアに富んだ比較文化論」とか「在日暦20年、目からウロコの比較文化論」とあるが、私はイタリア国について知りたいことが巧みに章立てされていて、そこがおもしろかった。ナポリとミラノの南北問題のほか、「マフィアと闇経済」「イタリア人は、本当に『怠け者』なのか」「巨額の『年金』と『社会保障』」そしてはびこる『脱税』」そして、ベルルスコーニと現モンティ政権に至る。最終章は「イタリアは、明日の日本か? 日本人への警告」。
しかし、内容は意外に常識的、そしてやや抽象的。悪くはないが、編集者のはしゃぎぶりがどぎつい印象を与える。タイトルや章立てをそのままに取るとがっかりしよう…短評終り。
                                   おわり

                         美原だより12-12-01へ