12-12-01(2012年第 4号 通巻80号)
○花1輪
花1輪、何ということもなけれど…。
名前も知らない1輪。ときどき水をやっていたら11月30日にようやく開いた。「花の命は短くて…」。
奥の菊は長持ちしている。花の命もさまざま。

1日中口を利かない、と気づく日は、窓から天然自然の風景を眺めていたりして―。目を落としたとき、テーブルの上の天然は優しい、いじましい。

竹かごの汚れを落とし、物干し竿に吊るしていたら、雀がやってきた。中に入ってなにかを突っついているので、米粒を入れたが、それきり見えなくなった。机から見えるところにまだ吊るしてある。

温泉の露天風呂で上を見ていた。青い空白い雲…蒼穹と雲塊と言おうか…白雲は動いているのに私の頭は反応しない。
いじましい暮らしを思う。

○前立腺ガンと切迫尿
大出先生からお便りとファックスを、続けさまにいただいた。その中のひとつ(抜粋)。
「落語の帰り、クルマがドスーンと何かを乗り越えた。工事現場の段差である。腰が宙に浮いてドスーンと落ちた。イテテテ…
夜中にベッドから立ち上がったら、痛みが走って、尿が意に反して大量にもれてしまった。パスカルの原理そのものの現象である。

ここにいるこのヒトをどうやったらこの状態から救出できるか。ここに自己介護の原点がある。
肝要なことは、自己を生物学上の1個体としてしとらえ、「恥〜」「陰〜」と言う歪曲された解剖学的世界から解放することである。
水分の摂取を減らす…それはいけない。自殺行為である。ヒトは代謝のため1日1500mlの水を必要とする。夜中、膀胱いっぱいにたまった尿を、いかにして受容器に移すか?
絶好の容器が見つかった。POLPA DI POMODORO(粗ごしトマト) 680g入りのビンである。3本あれば充分。ひっくり返すといけないからバケツの中に並べておく。
密葬後、市販の尿瓶が3個もあったら処分がたいへんだが、これだと資源ゴミとして無料で処理できる。噺屋さっ平の考えそうなことだ。
伝統文化の一つ、昔からのフンドシと腰巻、これを見直すべきである(以下略)」。

なお、その後のファックスにこうある。
「人間の身体には恥部など、どこにも存在しない。しかし、修道服をまとうたその瞬間に恥部なる汚濁が発生し、全身、全精神をその渦に巻き込んでしまう」とは無名の詩人テダツの言なり。

前立腺ガンはリンパ節1個所に飛びました。…静かに薬物療法を続けます。自立的自己介護の極みは、POLPA DI POMODORO のビンとフンドシと腰巻。ご来札の節は実演をお目にかけましょう。カメラをご持参ください」。

私は日中、頻尿気味―神経性と自称。だが、不思議に夜中は起きない。
ラジオを聴いていて、このバカヤロー、と怒鳴りたくなることがある。そんなときちょっと力んで洩れそうになる。                      おわり
 

                   美原だより12-11-27へ