冠雪駒ケ岳         2012-11-23  撮影:高瀬宣夫
          

 このヒエログリフは「美原から」という意味です。第1号と少しちがいます。以後こちらを使用します。
                 12-11-27(2012年第 3号 通巻79号)

○初吹雪
初雪は遅かったが、吹雪は早かった。27日は函館も長時間の猛吹雪。特急列車が何本も運休し、停電になった地区もあって、道南からそのやや北まで、11月としては相当ひどかったよう。これも異常気象とすれば、四季を問わず「異常」を楽しめる時代にいることになる。異常は気象に限らないから、ますます面白い。
○閑雲野鶴と心是為常楽
「大空にゆったりと浮かぶ雲と、広い野原で自由に遊ぶ鶴。「心は是れ常に楽しみと為す―心というのは、何もくよくよ悩み惑うためのものではない。心は、常に楽しみ、楽しませるためにこそあるものなのだ。」高橋是清が好んで揮毫した言葉だという。(「天佑なり」幸田真音 第376回 11/27 道新連載中)
○冷凍ものの始末
この1カ月、買った食料品はフランスパン1本と食パン1斤だけ。外食やもらいものはあったが、殆どを冷凍庫のもので凌いだ。魚も肉も、餃子や乾燥野菜もなくなった。身欠きにしんは,恐る恐る甘辛煮にした。作るのは初めてだし、食べるのさえ珍しい。納戸にはまだ缶詰などがあるが、冷凍庫内はずいぶん片付いたから、そろそろ、買いに入る。災害時、1カ月程度持ち堪える量の見当がついた。
○立棺 

家の風呂のことを書いたとき、何気なく立棺みたい云々としたが、棺にもいろいあって、木棺や甕棺、入れるときも坐棺とか屈葬の形もある。しかし、そのとき私の頭には田村隆一の詩「立棺」しかなかったらしい。改めて読んだら、「立棺」は2にあった。そこだけ抜粋しよう。何ともすさまじい聯。私はこの詩と長谷川龍生の「恐山」を怒鳴っていた時期がある。

   立棺    田村隆一
   2

   わたしの屍体を地に寝かすな
   おまえたちの死は
   地に休むことができない
   わたしの屍体は
   立棺のなかにおさめて
   直立させよ

      地上にはわれわれの墓がない
      地上にはわれわれの屍体をいれる墓がない

   わたしは地上の死を知っている
   わたしは地上の死の意味を知っている
   どこの国へ行ってみても
   おまえたちの死が墓にいれられたためしがない
   河を流れて行く小娘の屍骸
   射殺された小鳥の血 そして虐殺された多くの声が
   おまえたちの地上から追い出されて
   おまえたちのように亡命者になるのだ

      地上にはわれわれの国がない
      地上にはわれわれの死に価いする国がない

 最近ちょっと何となく、硬くなってきたようなので、やわらかいアイテムを、と。

○長谷川町子は大画家
絵として見て、とてもいい絵だと思う。4コママンガの面白さで、すぐ次へ進んでしまうから、絵として見ず、素通り―せいぜい立ち止まり―してしまうが、よく見るといい絵だ。何よりも細かいところまで神経が行き届いている。慣れているというか、こなれているというか、自家薬籠中のものというか、よく見ると伸び伸びと自由に描いていて、全体が生き生きしている。隅々まで見て楽しめる。見て飽きない。
いま、よりぬきとかの復刊宣伝が目に付くが、大衆版大画集の刊行こそ望まれる、と私は思う。          
 これはある年ある月のカレンダー→

               おわり

                          美原だより12-11-22へ